プロクイーン決定戦

プロクイーン決定戦(プロクイーンけっていせん)は、日本プロ麻雀連盟が主催する麻雀タイトル戦。各団体の女流プロが出場するタイトル戦であり、2003年に創設された[1]

主なルール編集

一発裏ドラ槓ドラ・槓裏あり、30符4翻と60符3翻は満貫に切り上げが認められるWRCルール(2016年までは連盟Bルール名称)を採用。このルールは、麻雀マスターズでも採用されている。

予選の勝ち上がりシステムは以下の通り。

  • 一次予選:6回戦制で4回戦と5回戦終了時に下位数名が敗退、6回戦終了時の上位24~32名が二次予選に進出。
  • 二次予選:6回戦制で前日の一次予選勝者と歴代女流桜花及び同プロクイーン、ならびに他団体のタイトルホルダーが出場。4回戦と5回戦終了時に下位数名が敗退、6回戦終了時の上位11名がベスト16に進出。

ベスト16は二次予選の勝ち上がり11名、前期決定戦敗者4名[2]、現女流桜花の計16名が4卓に分かれて対局し、全4回戦のトータル上位2名ずつが勝ち上がり、ベスト8を勝ち上がった各卓2名ずつ、計4名が決定戦に出場となる。

同決定戦は現プロクイーンとベスト8を勝ち上がった4名の計5名が出場し、3日間で全12回戦(1日4回戦)を行う。1~10回戦までは抜け番ありで行われ、残り2回戦は最下位の1名を除く4名で争い、その中のトータルトップ者が優勝となる。なお抜け番順は前半(1~5回戦)が抽選で選択順を決め、後半(6~10回戦)は5回戦終了時の成績上位者から選択をすることができる。

ニコ生などではベスト16以降の対局を連盟チャンネルで生配信する。

歴代優勝者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ プロクイーン決定戦”. 日本プロ麻雀連盟. 2020年11月5日閲覧。
  2. ^ 前期敗者が産休等で欠場した場合は連盟の推薦選手が出場となる。

参考文献編集