プログレスM-29M (ロシア語: Прогресс М-29М) はロスコスモスが2015年に国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船NASAJAXA ではプログレス6161Pとも称される。2015年10月1日に打ち上げられた。プログレスM-29Mはプログレス-M改良型の最後の機体で、今後は改良型のプログレス-MSが打ち上げられる予定である[3]

プログレスM-29M
Progress M-29M Docks to ISS Automatically.jpg
任務種別ISS 補給船
運用者ロスコスモス
COSPAR ID2015-055A
SATCAT №40944[1]
特性
宇宙機種別プログレス-M (11F615A60)
製造者RKKエネルギア
打ち上げ時重量7,290 kg
任務開始
打ち上げ日2015年10月1日 16時49分40秒 UTC
ロケットソユーズ-U
打上げ場所バイコヌール 1/5[1]
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ズヴェズダ 機尾側
ドッキング(捕捉)日 2015年10月1日 22時52分 UTC
分離日 2016年3月29日[2]
dock時間 2281日(継続中)
輸送
重量2,369 kg
加圧1,549 kg
燃料350 kg
ガスカーゴ50 kg
水カーゴ420 kg

打ち上げ編集

プログレスM-29Mは2015年10月1日 16時49分(UTC)にカザフスタンバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。

ドッキング編集

プログレスM-29Mは2015年10月1日 22時52分(UTC)にズヴェズダのドッキング区画に結合した。

プログレスM-29Mは2ヶ月ほどISSに留まる予定[4]であったが、2016年2月5日現在では2016年3月29日に分離するとされている[2]

貨物編集

総重量 2,369 kg

  • 食料、交換部品、実験機材等 1,549kg
  • 水 420kg
  • 推進剤 350kg
  • 酸素/空気 50kg

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2015年10月10日閲覧。
  2. ^ a b Garcia, Mark (2016年2月5日). “Life Science Studies for Crew at End of Week”. NASA. 2016年2月9日閲覧。
  3. ^ Progress M-29M to supply ISS”. www.russianspaceweb.com (2015年9月29日). 2015年9月29日閲覧。
  4. ^ Space Station Receives Express Delivery in Six Hours”. NASA (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。