プログレスM-6

ミールへのプログレス補給船

プログレスM-6ソビエト連邦が1991年にミール宇宙ステーションの補給のために打ち上げたプログレス補給船[2]。ミールを訪れた64機のプログレスのうち24機目であり、型式はプログレス-M(11F615A55)型で[3]、シリアル番号は205だった[4]

プログレスM-6
任務種別ミール の補給
COSPAR ID1991-002A
特性
宇宙機種別プログレス-M (11F615A55)
製造者NPOエネルギア
打ち上げ時重量7250 kg
任務開始
打ち上げ日1991年1月14日 14時50分27秒 (UTC)
ロケットソユーズ-U2
打上げ場所バイコヌール Site 1/5
任務終了
廃棄種別軌道離脱
減衰日1991年3月15日 18時7分26秒 (UTC)
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制低軌道
近点高度358 km[1]
遠点高度388 km[1]
傾斜角51.6 度
ミールのドッキング(捕捉)
ドッキング クバント1 Aft
ドッキング(捕捉)日 1991年1月16日 16時35分25秒 (UTC)
分離日 1991年3月15日 12時46分41秒 (UTC)
dock時間 58日

搭載貨物編集

ミールEO-8英語版のクルーのための食料、水、酸素や科学実験用の装置類、ステーションの軌道補正やマニューバ実施のための燃料などが積まれていた。

運用編集

プログレスM-6は1991年1月14日14時50分27秒(GMT)にバイコヌール宇宙基地1/5発射台からソユーズ-U2で打ち上げられた[4]。2日後の1月16日16時35分25秒(GMT)にミールのクバント1モジュールAftポートにドッキングした[5][6]

58日間のドッキング中、ミールは358kmから388kmの高度、51.6度の傾斜角の軌道を飛行した[1]。プログレスM-6は同年3月15日12時46分41秒(GMT)にミールとのドッキングを解除し、同日の17時14分0秒ごろ軌道を離脱した[5]。18時7分26秒ごろ太平洋上で大気圏再突入を行い燃焼された[1][5]

編集

  1. ^ a b c d McDowell, Jonathan. “Satellite Catalog”. Jonathan's Space Page. 2009年8月27日閲覧。
  2. ^ Progress M-6”. NSSDC Master Catalog. US National Space Science Data Center. 2009年8月27日閲覧。
  3. ^ Krebs, Gunter. “Progress-M 1 - 13, 15 - 37, 39 - 67 (11F615A55, 7KTGM)”. Gunter's Space Page. 2009年8月27日閲覧。
  4. ^ a b McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2009年8月27日閲覧。
  5. ^ a b c Anikeev, Alexander. “Cargo spacecraft "Progress M-6"”. Manned Astronautics - Figures & Facts. 2007年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月27日閲覧。
  6. ^ Wade, Mark. “Progress M”. Encyclopedia Astronautica. 2009年8月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月27日閲覧。

関連項目編集