プログレスM1-1

ミールへの補給、プログレス-M1型の初飛行

プログレスM1-1ロシア連邦ミール宇宙ステーションの補給のために2000年に打ち上げたプログレス補給船プログレス-M1英語版型でシリアル番号は250であった[1]。加圧貨物を超える燃料の輸送に最適化された国際宇宙ステーションの補給のために開発されたプログレス-M型の派生として生まれたプログレス-M1型の初飛行であった。

プログレスM1-1
任務種別ミール補給船
運用者ロシア連邦宇宙局
COSPAR ID2000-005A
特性
宇宙機種別プログレス-M1英語版(11F615A55)
製造者RKK エネルギア
任務開始
打ち上げ日2000年2月1日6時47分23秒 (UTC)
ロケットソユーズ-U
打上げ場所バイコヌール宇宙基地1/5発射台
任務終了
廃棄種別軌道離脱
減衰日2000年4月26日
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制低軌道
傾斜角51.6度
ミールのドッキング(捕捉)
ドッキング クバント1 Aft
ドッキング(捕捉)日 2000年2月3日8時2分28秒 (UTC)
分離日 2000年4月26日16時32分43秒 (UTC)
dock時間 83 日

プログレスM1-1はソユーズ-Uバイコヌール宇宙基地1/5発射台から2000年2月1日06時47分23秒(GMT)に打ち上げられた[1]。2月3日08時02分28秒(GMT)に無人状態であったミールにドッキングし、クバント1のaftポートがドッキングポートに使われた[2][3]。83日間にわたってドッキングを続け、次のプログレスM1-2のドッキングのために4月26日16時32分43秒(GMT)にドッキングを解除した[2][4]。19時26分03秒(GMT)に軌道を離れ[2]、およそ50分後太平洋上の大気圏で燃え尽きた[5]

プログレスM1-1は到着時に急速に軌道の減衰が起こっていたミールの高度上昇のためのリブーストにも使われた。漏出の後のステーションの再加圧のための窒素や、4月にミールに搭乗したミールEO-28の乗組員への補給品が積まれていた[6]

関連項目編集

編集

  1. ^ a b McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2009年6月12日閲覧。
  2. ^ a b c Anikeev, Alexander. “Cargo spacecraft "Progress M1-1"”. Manned Astronautics - Figures & Facts. 2007年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月12日閲覧。
  3. ^ Wade, Mark. “Progress M1”. Encyclopedia Astronautica. 2009年6月12日閲覧。
  4. ^ McDowell, Jonathan. “Satellite Catalog”. Jonathan's Space Page. 2009年6月12日閲覧。
  5. ^ Christy, Robert. “Mir Diary - 2000”. Zarya. 2009年6月12日閲覧。
  6. ^ Lafleur, Claude. “Spacecrafts launched in 2000”. The Spacecraft Encyclopedia. 2009年6月12日閲覧。