メインメニューを開く

プロスト・AP01は、ロイック・ビゴワが設計したF1マシンで、1998年プロスト・グランプリによって使用された。

プロスト・AP01
Prost AP01 2.JPG
カテゴリー F1
コンストラクター プロスト
デザイナー ロイック・ビゴワ
先代 プロスト・JS45
後継 プロスト・AP02
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン プジョー A16, 72度 V10, NA,
トランスミッション プロスト製 6速 縦置き セミAT
燃料 トタル
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ゴロワーズ プロスト・プジョー
ドライバー 11. オリビエ・パニス
12. ヤルノ・トゥルーリ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1998年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
プロスト・AP01

前年型JS45リジェチームが開発したのをプロスト・グランプリが使用したため、このAP01が、実質的にオリジナルマシンとして開発された最初のマシン。

オーナーであるアラン・プロストがオールフレンチチームを実現するためにエンジンを無限からプジョーにスイッチした。

コクピットサイドのクラッシュテストとの兼ね合いで、サイドポンツーン前端が複雑な形状となっている。

また本年からの規定によりマシン全幅が縮小されたことに合わせ、前年マシンJS45と比較してホイールベースを短くすることで、全幅と全長の比率を前年マシンと同一とするコンセプト・設計とした。しかしそのことが完全に裏目となり、直進安定性を欠いた極端にナーバスな挙動を持つ操縦困難なマシンとなってしまった。(対して、本年にチャンピオン争いを繰り広げたマクラーレンやフェラーリを含め、他チームはAP01とは正反対に前年マシンと比較してホイールベースを長くするアプローチを採った。)

型式番号である「AP」は、アラン・プロストのイニシャル「Alain Prost」から取られている。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

  • エンジン名 プジョーA16
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 3,000cc
  • 燃料・潤滑油 トタル

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
1998年 11   オリビエ・パニス 9 Ret 15 11 16 Ret Ret 10 Ret Ret 15 12 DNS Ret 10 11 1 9位
12   ヤルノ・トゥルーリ Ret Ret 11 Ret 9 Ret Ret Ret Ret 10 12 Ret 6 13 Ret 12