プロダクションカー世界ラリー選手権

プロダクションカー世界ラリー選手権Production car World Rally Championship)は、2002年から2012年まで開催されていた国際自動車連盟(FIA)公認の世界ラリー選手権(WRC)のカテゴリの一つである。略称はPCWRCまたはPWRC。現在のWRC2プロ/WRC2の前身。

概要編集

元々はグループNカップというカテゴリであったが、さほど評価が高くなくドライバーのモチベーションも上がらなくなっていた為、ジュニアラリー選手権(JRC)と共にFIAが世界選手権として決定しPWRCに移行という形で2002年に始まった。当初はPWRCが世界選手権として成立するかという不安もあったが、初年度のエントリー台数は20台を超える盛況を見せた。

日本人ドライバーは新井敏弘奴田原文雄らがPWRCに参戦した。新井は2005年度と2007年度に年間総合優勝をしており、日本人ドライバーとして初のFIA世界選手権のチャンピオンとなった。また奴田原も2006年度の開幕戦モンテカルロで優勝するなど好成績を残しており、両者はライバル関係にあった。これ以外にスポット参戦ではあるが、2007年ラリージャパングループNクラスで優勝した田口勝彦などもいる。

ゼッケン番号は大体が31 - 60番となっており、その内31 - 58番までが通年エントリーを行ったドライバー及びチームで、59・60番は、開催地域から選出される地元枠である。なお、このゼッケン番号はジュニア世界ラリー選手権でも適用された。

開催地域は、全12 - 16戦程度で行われる世界ラリー選手権のうち、約半数の6 - 8箇所で、その内、1、2のイベントをスキップする(参戦しない)。この数はその年のPWRCの開催数により変動する。ヨーロッパ外イベントが大半を占めていたが、これはジュニア世界ラリー選手権(JWRC)が主にヨーロッパ内で行われるイベントであり、出来るだけそれと重ならないようにするためであった。なお2008年ラリー・フィンランドではJWRCと同時開催となったため、ゼッケン番号が重複しない様に+100番となっていた。

車両について編集

ラリーに用いる車両は、年間2,500台以上生産された市販車で、FIAの"グループN"公認を取得したものをベースとしており、PWRCでは排気量2,000 cc以上の「N4クラス」で総合優勝が争われる。 このグループNという規定は、市販車をベースとしている点ではWRCのWRカーと同じだが、改造範囲が厳しく制限されている。ロールケージ等の安全対策やサスペンションの交換等、改造を最小限に抑えており、FIAの車両規定で最も市販車に近い。そのためベースとなる市販車のポテンシャルがそのまま影響し、車両そのものの高性能さが要求される。また参戦車両の種類を増やすために、特例として年間1,000台以上生産された市販車でも、FIAの公認を取得してベース車とすることができ、LSDの追加やブレーキの強化も可能となるなど、改造範囲が拡大された。これは後述するスーパー2000との性能差を埋める事と、安全性強化のためである。

グループNは高性能四輪駆動車を数多く売れる市場である日本の三菱スバルが圧倒的に有利で、ほとんどのドライバーが三菱・ランサーエボリューションスバル・インプレッサを用いた。2007年からは、FIAが新しく設定した新カテゴリであるスーパー2000の出場(後にポイント加算も)が認められた。

2010年からは、スーパー2000車両を対象にしたS2000世界ラリー選手権(SWRC)が創設されたため、PWRCは再びグループN車両のみによって戦われることになった。さらに2011年にはR2、R3規定の2WD車も参戦可能となった。

2013年にWRC直下のカテゴリが「WRC2」(R4、R5、スーパー2000、N4)と「WRC3」(R1〜R3)の2カテゴリに再編されたため、PWRCとしての歴史は幕を下ろした。「WRC2」にはN4規定車種のみで対象された「プロダクションカーカップ」が設立されたが、現在は消滅しており年間エントリーも不可になっている。

開催地域編集

参戦者は8戦中6戦を選んで出場し、残り2戦は休場する。また、第2 - 5戦はJWRCと併催のため、エントリーNo.に+100が付くことがある。

2008年編集

ラリー名称 開催国 優勝者 車種
1 ウッディホルム・スウェディッシュラリー   スウェーデン  ユホ・ハンニネン 三菱・ランサーエボリューションIX
2 ラリーアルゼンティーナ   アルゼンチン  アンドレアス・アイグナー 三菱・ランサーエボリューションIX
3 BP・アルティメイト・アクロポリスラリー   ギリシャ  アンドレアス・アイグナー 三菱・ランサーエボリューションIX
4 ラリー オブ ターキー   トルコ  アンドレアス・アイグナー 三菱・ランサーエボリューションIX
5 ネステオイル・ラリーフィンランド   フィンランド  ユホ・ハンニネン 三菱・ランサーエボリューションIX
6 レプコ・ラリーニュージーランド   ニュージーランド  マーティン・プロコップ 三菱・ランサーエボリューションIX
7 パイオニアカロッツェリア・ラリージャパン   日本  ユホ・ハンニネン 三菱・ランサーエボリューションIX
8 ウェールズ・ラリーGB   イギリス  パトリック・フローディン スバル・インプレッサWRX STI

2009年編集

ラリー名称 開催国 優勝者 車種
1 ラリー・ノルウェー   ノルウェー  パトリック・サンデル シュコダ・ファビアSuper2000
2 ザ・キプロス・ラリー   キプロス  パトリック・サンデル シュコダ・ファビアSuper2000
3 ボーダフォン・ラリー・ド・ポルトガル   ポルトガル  アーミンド・アラウージョ 三菱・ランサーエボリューションⅨ
4 ラリー・アルゼンチーナ   アルゼンチン   ナサール・アルアティヤ スバル・インプレッサWRX STI
5 ラリー・ド・イタリア・サルディニア   イタリア   ナサール・アルアティヤ スバル・インプレッサWRX STI
6 アクロポリス・ラリー   ギリシャ  ランブロス・アサナソウラス シュコダ・ファビアSuper2000
7 レプコ・ラリー・オーストラリア   オーストラリア  マーティン・プロコップ 三菱・ランサーエボリューションIX
8 ウェールズ・ラリーGB   イギリス  マーティン・プロコップ 三菱・ランサーエボリューションIX

2010年編集

ラリー名称 開催国 優勝者 車種
1 スウェーディッシュ・ラリー   スウェーデン  パトリック・フローディン スバル・インプレッサWRX STI
2 ラリー・メキシコ   メキシコ  アーミンド・アラウージョ 三菱・ランサーエボリューションIX
3 ヨルダン・ラリー   ヨルダン  パトリック・フローディン スバル・インプレッサWRX STI
4 ラリー・ニュージーランド   ニュージーランド  ヘイデン・パッドン 三菱・ランサーエボリューションIX
5 ラリー・フィンランド   フィンランド  オット・タナク 三菱・ランサーエボリューションX
6 ラリー・ドイツ   ドイツ  アーミンド・アラウージョ 三菱・ランサーエボリューションX
7 ラリー・ジャパン   日本  パトリック・フローディン スバル・インプレッサWRX STI
8 ラリー・アルザス   フランス  アーミンド・アラウージョ 三菱・ランサーエボリューションX
9 ウェールズ・ラリーGB   イギリス   オット・タナク 三菱・ランサーエボリューションX

2011年編集

ラリー名称 開催国 優勝者 車種
1 ラリー・スウェーデン   スウェーデン   マルティン・セメラド 三菱・ランサーエボリューションIX
2 ボーダフォンラリー・ド・ポルトガル   ポルトガル  ヘイデン・パッドン スバル・インプレッサWRX STI
3 ラリー・アルゼンチーナ   アルゼンチン  ヘイデン・パッドン スバル・インプレッサWRX STI
4 ラリー・フィンランド   フィンランド  ヘイデン・パッドン スバル・インプレッサWRX STI
5 ラリー・オーストラリア   オーストラリア  ヘイデン・パッドン スバル・インプレッサWRX STI
6 RACCラリー・ド・エスパーニャ   スペイン  パトリック・フローディン スバル・インプレッサWRX STI
7 ウェールズラリーGB   イギリス  パトリック・フローディン スバル・インプレッサWRX STI

歴代チャンピオン編集

チャンピオン 車両
2012   ベニート・ゲラ 三菱・ランサーエボリューションX
2011   ヘイデン・パッドン スバル・インプレッサWRX STI
2010   アーミンド・アラウージョ 三菱・ランサーエボリューションIX / X
2009   アーミンド・アラウージョ 三菱・ランサーエボリューションIX
2008   アンドレアス・アイグナー 三菱・ランサーエボリューションIX
2007   新井敏弘 スバル・インプレッサWRX STI
2006   ナサール・アルアティヤ スバル・インプレッサWRX STI
2005   新井敏弘 スバル・インプレッサWRX STI
2004   ナイオール・マクシェア スバル・インプレッサWRX STI
2003   マーチン・ロウ スバル・インプレッサWRX STI
2002   カラムジット・シン プロトン・ペルト

関連項目編集

外部リンク編集