プロダクトプレイスメント

プロダクトプレイスメント: product placement)は、広告手法の一つで映画テレビドラマの劇中において、役者小道具として、または背景として実在する企業名・商品名(商標)を表示させる手法のことを指す。プロダクト・プレイスメントとも表記されるほか、略してP.P.(もしくはPP)ともいう。

なお、劇中の犯罪者や嫌われ者の悪者が使用している場合[注 1]は、逆効果にもなりうる。これを意図的に行うことでイメージダウンを狙うものは「アンチ・プロダクト・プレイスメント」と呼ばれる[1][注 2]。「逆プロダクトプレースメント」という用語は既に作成された映画やドラマのシーンをCMに流用する手法を指す。

歴史編集

誕生は1955年公開のハリウッド映画『理由なき反抗』といわれる。劇中でジェームズ・ディーンがポケットからを取り出し整髪するシーンが何度も出てくるが、これを観た当時のアメリカの若者たちから「ディーンが使っていた同じ櫛はどこで買えるのか?」と映画会社のワーナー・ブラザースに問合せが殺到した[2]。これが新しい宣伝ビジネスモデルになると気づいた各映画会社は、以降一般企業との「劇中広告でのタイアップ」を始める。これが「プロダクトプレイスメント」と呼ばれ、一般化した。現在、アメリカではPP専門の広告代理店が数十社存在する。

撮影後の映像に商品や広告を露出するデジタル技術「デジタル・プロダクトプレイスメント」も登場した[3]

最近の新技術によって、視聴者に好まれないCMをカットして見られるハードディスクレコーダーなど、広告業界や放送業界を悩ます潮流ができている状況下で、番組内や劇中に商品を入れることによって、視聴者側の都合でカットできないようにする利点がある。

日常に普及した携帯電話(フィーチャー・フォン)やスマートフォンなどは、現代(おおむね2000年代以降)を舞台にしたドラマアニメ小道具としてもはや必須となり、実写のドラマではメーカーのロゴなどが映ることもある(アニメではタイアップでもしない限り、特定のロゴや機種が描かれることはない)。携帯型と据え置き型のゲーム機のPPも増えている[4]

映画編集

日本映画編集

テレビ番組編集

ドラマ編集

アニメ編集

ゲームソフト編集

  • ゲームソフトでも、スポーツゲームでスタジアム内に実在する企業の広告を入れたり、ゲーム中のアイテムとして特定企業の商品を登場させたりすることで広告費を得る手法がある。

漫画編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2008-2009年の3部作映画『20世紀少年』では忍者ハットリくんナショナルキッドお面を着用した登場人物がいたが、少なくとも2010年に発売されたフィギュアに関しては著作権上の許諾を得ているという。 (『20世紀少年』1/6スケールフィギュア ともだち - ホットトイズジャパン)
  2. ^ ニュース報道などでも同様の現象がある。1998年(平成10年)に発生した和歌山毒物カレー事件では、ミキハウスのスウェットシャツを着用していた犯人(取材時は容疑者)のニュース映像が大量に流れ、同社のブランドイメージに影響したといわれる。その後の映像を再使用する際には、ロゴをぼかしで隠すよう配慮された。
  3. ^ トヨタ・2000GTのオープンモデル
  4. ^ 実際の警察車両では実用性に欠けることから、クーペモデルの導入例はメーカーからの寄贈などごく少数に限られている。
  5. ^ 一部回では東急ストアの店舗も作中に登場している。
  6. ^ その後、2015年には同社が出版元の講談社と『ダイヤのA』でのタイアップ商品の発売契約を発表。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集