プロミシング・ヤング・ウーマン

プロミシング・ヤング・ウーマン』(Promising Young Woman)は2020年アメリカ合衆国スリラー映画。監督はエメラルド・フェネル監督の長編デビュー作で、出演はキャリー・マリガンボー・バーナム英語版など。世の中のゲスな男たちに鉄槌を下す「復讐の天使」となった女性を描いている[3]

プロミシング・ヤング・ウーマン
Promising Young Woman
監督 エメラルド・フェネル
脚本 エメラルド・フェネル
製作 エメラルド・フェネル
トム・アッカーリー
ベン・ブラウニング
アシュリー・フォックス
ジョシー・マクナマラ
マーゴット・ロビー
製作総指揮 グレン・バスナー
キャリー・マリガン
アリソン・コーエン
ミラン・ポペルカ
出演者 キャリー・マリガン
ボー・バーナム英語版
アリソン・ブリー
クランシー・ブラウン
音楽 アンソニー・ウィリス
撮影 ベンジャミン・クラカン
編集 フレデリック・トラヴァル英語版
製作会社 フィルムネイション・エンターテインメント英語版
ラッキーチャップ・エンターテインメント英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 パルコ/ユニバーサル映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年12月25日
日本の旗 2021年7月9日(限定公開)[1]
日本の旗 2021年7月16日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $17,192,816[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

カサンドラ・トーマス(キャシー)は極めて優秀な女性で、誰もが彼女には輝かしい未来が待っていると確信していた。ところが、医学部在籍中、親友のニーナが同級生のアルにレイプされるという事件が発生した。ニーナは周囲に被害を訴えたものの、誰からも信じてもらえなかったことに絶望し、自殺してしまった。この出来事にショックを受けたキャシーは医学部を中退し、それ以来、近所の喫茶店でバリスタとして働いていた。彼女には学生時代の明るさや覇気は最早なく、両親の元で毎日を無為に過ごしているかに見えた。

しかし、キャシーの夜の顔は昼のそれとは全く違うものだった。夜になるや、キャシーは復讐の鬼へと変貌し、女性を性欲のはけ口としか思わない男たちに制裁を加えていった。そんなある日、キャシーはかつての同級生(ライアン)と期せずして再会した。これをきっかけに、キャシーは忌まわしき過去を清算する覚悟を決めた。

キャスト編集

製作編集

2019年1月31日、キャリー・マリガンの出演が決まったと報じられた[4]。3月26日、本作の主要撮影が始まった[5]。29日、ボー・バーナム、アリソン・ブリー、コニー・ブリットン、アダム・ブロディ、ジェニファー・クーリッジ、ラバーン・コックス、モリー・シャノン、マックス・グリーンフィールド、クリストファー・ミンツ=プラッセ、サム・リチャードソンの起用が発表された[6]。4月、アンジェラ・チョウとクランシー・ブラウンがキャスト入りした[7][8]。12月20日、アンソニー・ウィリスが本作で使用される楽曲を手がけるとの報道があった[9]。2020年4月3日、キャピトル・レコーズが本作のサウンドトラックを発売した[10]

公開・マーケティング編集

2019年2月13日、フォーカス・フィーチャーズが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[11]。12月12日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[12]。2020年1月25日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映された[13]。10月10日、本作のオフィシャル・トレイラー第2弾が公開された[14]

当初、本作は2020年4月17日に全米公開される予定だったが[15]新型コロナウイルスの流行が拡大したことを受けて、公開スケジュールから引き上げられた。10月、本作の全米公開日が2020年12月25日に再設定された[16]

評価編集

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには48件のレビューがあり、批評家支持率は92%、平均点は10点満点で7.54点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「大胆不敵かつ啓発的な作品であり、その題材もタイムリーなものである。『プロミシング・ヤング・ウーマン』はエメラルド・フェネルにとって幸先の良い監督デビュー作となり、キャリー・マリガンにとってはキャリアのハイライトとなった」となっている[17]。また、Metacriticには14件のレビューがあり、加重平均値は74/100となっている[18]。なお、本作のCinemaScoreはBとなっている[19]

出典編集

  1. ^ “『プロミシング・ヤング・ウーマン』1週間早い先行上映が決定、7月9日より東京・大阪TOHOシネマズにて”. THE RIVER. (2021年6月22日). https://theriver.jp/pyw-early-screening/ 2021年6月22日閲覧。 
  2. ^ Promising Young Woman” (英語). Box Office Mojo. 2022年4月8日閲覧。
  3. ^ プロミシング・ヤング・ウーマン”. WOWOW. 2022年4月8日閲覧。
  4. ^ Wiseman, Andreas (2019年1月31日). “Carey Mulligan To Star In FilmNation, LuckyChap Thriller ‘Promising Young Woman’ — EFM” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/01/carey-mulligan-promising-young-woman-filmnation-killing-eve-1202546476/ 2020年10月19日閲覧。 
  5. ^ Fennell, Emerald [@emeraldfennell] (2019年3月26日). "Day 1 of "Promising Young Woman"!!!" (ツイート) (英語). Twitterより2020年10月19日閲覧
  6. ^ N'Duka, Amanda (2019年3月29日). “Bo Burnham To Star Opposite Carey Mulligan In ‘Promising Young Woman’; Alison Brie, Adam Brody, Connie Britton + More” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/03/bo-burnham-alison-brie-connie-britton-adam-brody-carey-mulligan-promising-young-woman-cast-1202585238/ 2020年10月19日閲覧。 
  7. ^ N'Duka, Amanda (2019年4月2日). “‘Hell on Wheels’ Star Angela Zhou Joins ‘Promising Young Woman’; Ron Funches Cast In ‘Sylvie’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/04/hell-on-wheels-angela-zhou-promising-young-woman-ron-funches-sylvie-1202586909/ 2020年10月19日閲覧。 
  8. ^ N'Duka, Amanda (2019年4月8日). “Clancy Brown Boards ‘Promising Young Woman’ At Focus Features” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/04/clancy-brown-promising-young-woman-focus-features-1202591523/ 2020年10月19日閲覧。 
  9. ^ “Anthony Willis Scoring Emerald Fennell’s ‘Promising Young Woman’” (英語). Film Music Reporter. (2019年12月20日). https://filmmusicreporter.com/2019/12/20/anthony-willis-scoring-emerald-fennells-promising-young-woman/ 2020年10月19日閲覧。 
  10. ^ “‘Promising Young Woman’ Soundtrack Album Announced” (英語). Film Music Reporter. (2020年3月9日). https://filmmusicreporter.com/2020/03/09/promising-young-woman-soundtrack-album-announced/ 2020年10月19日閲覧。 
  11. ^ Fleming, Mike Jr (2019年2月13日). “Focus Boards Carey Mulligan Thriller ‘Promising Young Woman’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/02/carey-mulligan-focus-filmnation-luckychap-sets-promising-young-woman-1202556617/ 2020年10月19日閲覧。 
  12. ^ PROMISING YOUNG WOMAN - Official Trailer HD - This Christmas” (英語). YouTube. Focus Features (2019年12月12日). 2020年10月19日閲覧。
  13. ^ Siegel, Tatiana (2019年12月4日). “Sundance Unveils Female-Powered Lineup Featuring Taylor Swift, Gloria Steinem, Abortion Road Trip Drama” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/sundance-2020-unveils-female-powered-lineup-taylor-swift-gloria-steinem-films-1259538? 2020年10月19日閲覧。 
  14. ^ PROMISING YOUNG WOMAN - Official Trailer 2 HD - This Christmas” (英語). YouTube. Focus Features (2020年10月10日). 2020年10月19日閲覧。
  15. ^ Bell, BreAnna (2019年12月11日). “Carey Mulligan Gets Revenge in ‘Promising Young Woman’ Trailer” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/promising-young-woman-trailer-carey-mulligan-1203432981/ 2020年10月19日閲覧。 
  16. ^ Sharf, Zack (2020年10月9日). “‘Promising Young Woman’ Trailer and Release Plan: Carey Mulligan Finally Enters Oscar Season” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2020/10/promising-young-woman-trailer-carey-mulligan-oscars-1234591709/ 2020年10月19日閲覧。 
  17. ^ Promising Young Woman” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月19日閲覧。
  18. ^ "Promising Young Woman" (英語). Metacritic. 2020年10月19日閲覧。
  19. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年12月27日). “‘Wonder Woman 1984’ Hits $16.7M At Domestic B.O. In Face Of HBO Max Release; Record For Pandemic, But 84% Lower Than First Pic’s Opening” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2020/12/wonder-woman-1984-opening-weekend-box-office-hbo-max-christmas-1234661767/ 2021年2月25日閲覧。 

外部リンク編集