プロレスリング・セムは、プロレスリング・ノア主催の若手選手によるプロレス興行

歴史

編集

2006年1月、取締役の仲田龍は「若手選手ばかりの興行をやりたい」と発言。

2005年12月、新人4名がデビューしたものの所属選手の数が飽和状態で大物フリー選手も参戦しているためシリーズ内では試合の無い日も多い。代表取締役社長の三沢光晴は試合で選手が伸びるという方針のため試合数が少ない若手選手にチャンスを与えようと若手選手による興行を計画。

セムノアの息子の名前。つまりノアの2軍とも言える興行であり当初はノアを設立した際に三沢が描いていたプランである。

2006年3月21日ディファ有明で旗揚げ戦を開催。リングのマットの色はノアのイメージカラーである緑ではなくピンクと紫を使用。

2007年9月3日、ディファ有明でAAAとの共催興行「トリプレセム」を開催。

2008年7月16日、ディファ有明で健介オフィス主催興行を開催。8月14日宮城野体育館でノアの主力選手が参戦するSEM ex(セム・エクストラ)を開催。9月8日、ディファ有明でDDTプロレスリング主催興行を開催。

参戦選手

編集

他団体における同じ趣旨の興行

編集