プロレスリング・ノア中継

プロレスリング・ノア中継( - ちゅうけい)は2001年4月7日から2009年3月29日まで放送された日本テレビプロレス中継番組。新聞ラテ欄などでは「ノア中継」または「プロレス」の名称が使われる。プロレスリング・ノアの詳細は同項を参照のこと。

プロレスリング・ノア中継
ジャンル プロレス実況中継番組
プロデューサー 松本達夫(チーフ)、梶田一郎、酒井基成
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2001年4月7日 - 2009年3月29日
放送時間 日曜25:20 - 25:50
放送枠 日本テレビ系列プロレス番組枠
放送分 30分
テンプレートを表示

2009年4月以降も引き続き放送される日テレジータスの「プロレスNOAH スペシャル」、「NOAH di コロッセオ」、「独占NOAH情報」、「NEXTノア」、「プロレス激闘の記憶」についてもこの項で述べる。

概要編集

前身は2000年6月まで放送されていた「全日本プロレス中継」及び、全日本プロレスからの選手大量離脱を受けて2000年7月から2001年3月まで放送された掛布雅之司会のプロレス情報番組「コロッセオ」。2001年4月から番組名を改め、ノア中継番組として開始した。

プロレスリング・ノアの中心選手である三沢光晴小橋建太秋山準高山善廣(フリー)の試合を中心に放送する30分番組。ビッグマッチの場合は45分、1時間と放送時間が拡大される場合もあった。解説者として百田光雄マイティ井上(レフェリー)、浅子覚(トレーナー)がレギュラーだったが、ノア所属レスラー、あるいはゲスト参戦する選手などが出演しており、「全日本プロレス中継」時代とは違い、プロレス雑誌やスポーツ新聞記者、ライターなどは出演しなかった。

「全日本プロレス中継」時代から引き続き、日本テレビスポーツ部が制作を行う[1]。実況アナウンサーも全員、スポーツ担当のアナウンサーとなっている。

「全日本プロレス中継」と同様、毎年年末の最終放送日または年始の初回放送日は、試合中継ではなく「座談会」「所属プロレスラーによるバスツアー」などの特別放送を行っていた。2003年12月24日開催の「クリスマス大会」の中継放送では、西尾由佳理が日本テレビ女性アナウンサーとして初めてプロレス実況を担当するアトラクションを放送した。

2004年7月10日の東京ドーム大会は、ノア初のPPVでの放送形態を取ったことから、翌日放送のノア中継でメーンイベントの放送が出来なかったが、2005年7月18日に行われたノア2度目の東京ドーム大会は、関東地方を中心に、翌日(同日深夜)に「即日放送」として3時間半の放送時間でディレイ中継された。これは初の試みであった。

放映は主に日本テレビ系列局で行われていたが(日テレの場合は日曜25:20 - 、同時ネット局あり)、日テレ放映エリア内の独立UHF局であるtvk(テレビ神奈川)やとちぎテレビでも放映されていた。とちぎテレビではゴールデンタイムの19時30分に放送されていた。

2007年には、プロデューサーの今泉富夫が報道部に異動したことから、「NNN Newsリアルタイム」や「NEWS ZERO」などの日本テレビの報道番組では、小橋の復帰戦、汐留街頭プロレスなどノアの試合が度々取り上げられた。

テレビ朝日の「ワールドプロレスリング」はハイビジョン放送になったが、「ノア中継」はマットに「レッツ!地デジ」のロゴが施されているにもかかわらず、最後までハイビジョン収録は行われなかった[2](デジタル放送の場合、4:3画像の「額縁放送」である)。2009年7月4日に放送された三沢追悼番組も(過去のVTRが中心とはいえ)4:3画像での放送であった。

番組名は、番組の初めの数秒間(今週のノア中継と左上に表記される)に小さく出るが、そのあとに大きくPRO-WRESTLING NOAHと表記されたプロレスリング・ノアのロゴマークが提示され、番組内で「プロレスリング・ノア中継」とは表記されなかった。

地上波放送終了編集

2008年9月26日関西地区読売テレビでの放送が打ち切られた。

その後も関西地区を除く地域での放送が続いたが、視聴率2%前後と低迷が続き、同年12月7日日本武道館大会の即日放送が関東地方で1.6%を記録し、さらに翌週の放送は0.6%にまで落ち込み、複数のスポーツ新聞が「ノア中継、来年3月末で打ち切り」と報じた。ノアの仲田龍取締役は「放送継続に向けて交渉中」と打ち切りを否定、さらに2009年2月に入り、ノア中継のホームページに放送日程の入った4・5月のスケジュールが更新されるなど放送継続を思わせる動きがあったが、2月23日に行われた日本テレビ・久保伸太郎社長の定例記者会見で、「ノア中継」及びボクシング中継ダイナミックグローブ」の3月末での地上波放送打ち切りを正式に発表し[3][4]、その2日後にはノア中継HPの4・5月スケジュールから「ON AIR」マークが消滅した[5]。これにより『日本プロレス中継』時代から50年以上続いてきた日本テレビ(地上波)のプロレス中継は、幕を下ろすこととなり、日本テレビ制作のノア中継放送は、地上波時代から並行して放送していたCS放送の日テレジータスに完全移行している。

地上波レギュラー放送終了後の2009年7月5日6月13日に死去した三沢光晴の追悼番組が「プロレス界の盟主 三沢光晴追悼特別番組」のタイトルで、日本テレビを含むネット局にて1時間番組として放送された。

また、2010年8月14日深夜には、90分スペシャル番組「プロレス・ノア創立10周年特別番組」が関東ローカルで放映された(ハイビジョン収録)。

日テレジータスへの完全移行編集

地上波時代から並行放送していた日テレジータスでは、引き続きノア中継が放送されている。

以降は、レギュラー解説者に元週刊プロレス編集長の佐久間一彦(スポーツライター)を据え、選手が解説者として出演する場合はゲスト解説の扱いとなっている。2016年から、一部の放送回で日本テレビのアナウンサーが参加せず、フリーアナウンサーが実況を務めていたが、2018年以降はフリーアナウンサーのみの体制に完全移行し、塩野潤二をメインアナウンサーに据えて放送している[6]

日テレジータスにおける備考編集

野球のオフシーズンに年数回ほど試合の生放送を行っている。また、シーズン中でもシリーズ開幕戦で使われる後楽園大会や、選手権試合が行われるシリーズ最終戦(日本武道館等)の殆どは、深夜に同日放送(週末に行われる場合は当日放送ができず、月曜日に振り返られることもある)が行われる。

なお、2009年6月15日20時00分に初回放送された「NOAH diコロッセオ」では冒頭に三沢の訃報を放送し、その後放送された試合の映像の冒頭で「この放送は6月4日に収録したものです」という断りの字幕を表示した。また、6月19日には三沢追悼特番を放送した。

また毎年12月31日から1月1日には年越し特番が行われている。毎回ノア所属の特定の選手を取り上げ、その選手のデビュー戦から今日に至るまでの活躍を大挙放送しているが、2010年-2011年の年越しはプロレスノア発足満10周年を記念し、この10年間の歴史をアナウンサーの座談会を交えて送っている。

レギュラー解説者編集

現在編集

  • 佐久間一彦
  • 小橋建太(ノアオフィシャルコメンテーター)

地上波時代編集

ゲスト解説編集

主な実況アナウンサー編集

日本テレビアナウンサー編集

フリーアナウンサー(2016年以降)編集

登場ゲスト編集

スタッフ編集

  • プロデューサー:梶田一郎、酒井基成
  • チーフプロデューサー:松本達夫
  • 制作協力:AX-ON(旧:日テレビデオ
    地方大会の場合、一部を除き開催地域の系列各局(番組販売ネット局含む)が「製作協力」としてクレジットされる。
  • 製作著作:日テレ

放送時間、ネット局編集

放送時間は終了時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 日曜 25時20分 制作局
北海道 札幌テレビ 同時ネット
青森県 青森放送
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送
福島県 福島中央テレビ
新潟県 テレビ新潟
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送
石川県 テレビ金沢
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
熊本県 くまもと県民テレビ
岩手県 テレビ岩手 木曜 25時48分 11日遅れ
長野県 テレビ信州 木曜 25時44分 4日遅れ
中京広域圏 中京テレビ 木曜 26時48分
近畿広域圏 読売テレビ 金曜 26時05分 19日遅れ
2008年9月26日打ち切り
鳥取県島根県 日本海テレビ 日曜 25時50分 14日遅れ
香川県・岡山県 西日本放送 土曜 26時05分 20日遅れ
愛媛県 南海放送 月曜 27時05分 8日遅れ
長崎県 長崎国際テレビ 日曜 25時35分 7日遅れ
鹿児島県 鹿児島読売テレビ 日曜 26時50分
栃木県 とちぎテレビ 独立UHF局 火曜 19時30分 9日遅れ
神奈川県 tvk 木曜 25時15分 11日遅れ
2009年3月26日終了

関連番組編集

現在ジータスにて放送している番組編集

「プロレスNOAHスペシャル」
日テレジータスで放送される、日本テレビが放映権を獲得した大会の、第1試合からメーンイベントまでの大会全カード完全中継。地上波中継時代から並行して放送されていたが、地上波中継終了後は事実上の後継番組となっている。プロ野球などとかぶらない場合は生中継となる場合もあるが、2014年現在は約1週間後の録画放送が基本。
「プロレス激闘の記憶」
日テレジータスで放送される。2016年12月まで放送されていた「プロレスクラシック」のリニューアル版。地上波中継のアーカイブ放送の他にも、「全日本プロレス中継」のアーカイブも放送する。

過去ジータスにて放送されていた番組編集

「NOAH di コロッセオ」
毎週月曜20:00 - 22:00に放送。地上波では放送されなかったカードや、試合前後の選手インタビューも放送される。NOAHスペシャルが全カード放送に対して、コロッセオは好カード厳選という方針になっている。タイトルは地上波の前代であった「コロッセオ」の名残でもある。
「独占NOAH情報」
月1回、放送時間不定で、AX-ON会議室から放送する。地上波では放送されないカードを中心に、日本テレビアナウンサー3人によるコメントつきで放送する。
「NEXTノア」
日テレジータスで放送されるノア情報番組。「NOAH di コロッセオ」の後継番組。

脚注編集

  1. ^ テレビ朝日の「ワールドプロレスリング」、フジテレビの「全日本女子プロレス中継」や格闘技中継などは、スポーツアナウンサーも実況に出演しているが、原則としてはバラエティ部署が制作に携わっている。尚「ワールドプロレスリング」は1987年3月までスポーツ局が制作を担当していた。
  2. ^ 地上波放送終了後、「レッツ!地デジ」のロゴは撤去された。
  3. ^ 日テレの地上波プロレス中継に幕 継続はテレビ朝日系だけ 共同通信 2009年2月23日
  4. ^ 記者会見要旨(7.その他)
  5. ^ その後、スケジュールの更新は行われていない。
  6. ^ この場合ナレーションや一部のBGMが、FIGHTING TV サムライで放送されるプロレスリング・ノア中継と同じものが使われる。
  7. ^ 2013年、報道に配置転換により降板

関連項目編集

  • ノアぷ〜 - 地上波放送打ち切り後、2009年4月より大阪ローカルで放送開始されたノア中継番組。
  • ダイナミックグローブ - 日本テレビが地上波で放送していたプロボクシング中継。ノア中継と同時に地上波放送を打ち切り、同様に日テレジータスに完全移行した。
日本テレビ プロレス番組枠
前番組 番組名 次番組
プロレスリング・ノア中継
枠廃止