メインメニューを開く

プロ野球?殺人事件!』(プロやきゅう?さつじんじけん!)は、1988年12月24日カプコンから発売されたファミリーコンピュータゲームソフト

プロ野球?殺人事件!
ジャンル コマンド選択式アドベンチャー
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 カプコン第2企画室
発売元 カプコン
ディレクター 西山隆志
デザイナー 貞本友思
河野浩行
音楽 殿村裕誠
美術 貞本友思
稲船敬二
人数 1人
メディア 2メガビット+64キロRAMロムカセット[1]
バッテリーバックアップ搭載)
発売日 日本 198812241988年12月24日
その他 型式:CAP-PV
テンプレートを表示

架空のプロ野球界を舞台にした殺人事件を題材とした推理アドベンチャーゲーム。殺人犯の濡れ衣を着せられた元プロ野球選手が真相を突き止めていくという作品である。

目次

ゲーム内容編集

システム編集

分類上は殺人事件を題材とした推理アドベンチャーゲームではあるものの、従来の推理アドベンチャーゲームのようにウィンドウ形式による1対1の問答などに留まらず、ロールプレイングゲームシューティングゲームなどのミニゲーム要素を盛り込んでいる。

プレイヤーは作品の主人公のいがわ すぐるとなり、7つの都市(横浜川崎東京所沢名古屋広島大阪)を回りながら警察の捜査網をかいくぐり、自身の潔白と事件の真相を調査、究明することになる。

画面上部に表示される「LP(ライフポイント)」(ヒットポイントと同義)の最大値は99で、数歩進むごとに1ずつ減少していく仕組みとなっており、何らかの理由で0になると特定の地点からの再スタートとなる。

いがわは常に警察に追われている身の上であるため、マップ上に配置された警察官に見つかると音楽が変わって逃走モードとなる。

本作の大きな特徴の一つとして「変装」システムがあり、これを利用することによって警察の職務質問による回避成功率が大きく上昇するほか、特定の人物への接触などが可能になる。変装に必要な道具は全てデパートで買い揃えられるが、あくまで変装は職務質問での回避成功率が上がるだけであって、マップ上で警察に見つかれば追跡されることには変わりは無い。

プロテスト編集

一部の都市で開催されている球団のプロテストを受験できるというイベントがあり、3つのミニゲームをクリアすることでプロテスト合格と見なされる。合格すると係員から契約書が手渡され、これをプロテストを開催している各球団事務所の事務員に見せると契約金を受け取る運びとなる。ガンアンツでは1000万円の小切手、それ以外の球団では口座振込の形で支給される。

100mダッシュ
12秒以内で100mを走りきる。
遠投
3回中1回でも90m以上を投げる。
10本ノック
フライやゴロを織り交ぜた打球の守備を10回中8回成功させる。

逃走モード編集

主人公のいがわは警察に追われているため、街中や一部の建物に存在する警察官に見つかると音楽が変わって逃走モード1に移行する。警察官の追跡スピードはプレイヤーと同じであるため、警察官がプレイヤーに接触するまでにマップを切り替えるなどして警察官の追跡を振り切れば逃走モードは解除される。

プレイヤーが逃げ切れずに警察官と接触してしまうと、職務質問による逃走モード2へと移行するが、この時の質疑応答は完全にランダムであるため、時には変装をしていても一発で見破られてしまうこともあり、職務質問の回避を失敗すると縦方向のシューティングゲームによる逃走モード3へと移行する。この逃走モード3での被弾ダメージは前述のLPと直結している。

なお、ゲーム初期では警察官のみが追いかけてくるが、ゲーム中期以降は私服刑事も登場してさらに難易度が高くなる。警察官に捕まった時は警察官の顔が表示されるが私服刑事のときは「けいじ」とのみ表示される。

草野球編集

ミニゲームとして、実際の野球ゲームもできる。展開上回避できるルートもあるが、エンディングでの一打席勝負は必ずやらなくてはならず、結果如何で結末が変わるということは無い(セリフが少し変わるのみ)が抑えるのが非常に難しい。

キャラクター編集

主要人物編集

オープニング画面には「このゲームはフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ない」旨が表示される。

いがわ すぐる
本作の主人公。ガンアンツを代表するエースピッチャーだったが、肩の故障が原因で引退した現在は、選手時代の経験と人脈の深さを活かしてプロ野球解説者として活躍している。血相を変えて自宅に飛び込んできた後輩のほらの一件から事件に巻き込まれてしまい、自身の潔白を証明するために警察の目をかいくぐりながら事件の真相を調査することとなった。
会話画面でもマップ上でも異様に耳が大きく描かれており、事あるごとに耳の大きさを言われる。
ほら たつのり
ガンアンツの野手。ひょんなことから札束入りのアタッシュケースを手にすることとなってしまい、困り果てていがわに相談に行った所で警察の手が伸びたため逃走してしまった。オープニングのあらすじ以外でも数回登場するが、いがわ宅に駆け込んできた時のような緊張感はまるで無い。
かきふ まさゆき
タイガーキャッツの野手。ストレス性の円形脱毛症で悩んでいたほらに相談を持ちかけられ、プリンセスホテルの駐車場で話をしている時におおたにアタッシュケースを押し付けられた場面に居合わせた。その後、タイガーキャッツが横浜で宿泊していたホテルにも戻っていない。
くあた ますみ
ガンアンツの現エースピッチャー。レオポンズのきおはらのことが嫌いでしょうがなく、何かにつけて嫌がらせをしている腹黒さがある一方で試合に関してはナイーブな面も持ち合わせている。
おおた かずひこ
報日スポーツ(ほうにち - )の記者。昭和30年、東京都生まれ。ほら担当の記者で、事件が発生した9月8日にプリンセスホテル地下でほらにアタッシュケースを押し付けた張本人。それ以後は出社も帰宅もせず行方不明となっている。かつては社会人野球の日本電力川崎でプレーしていた。
おの ひろゆき
東西出版(とうざいしゅっぱん)のカメラマン。表向きはほら担当のカメラマンだったが、実際はプロ野球選手などのスキャンダル記事を追う方に情熱を燃やしており、彼を知る者からの評判は決して良くない。同社の社員の話によると、特ダネを掴んだと意気込んでいた9月8日の出社を最後に行方不明となっている。
はらだ のぶやす
被害者。東京印刷(とうきょういんさつ)の社員。9月8日の午後3時半頃にプリンセスホテル地下駐車場で死体で発見された。
かわむら
日本スポーツ(にっぽん - )の記者。タイガーキャッツを担当しており、ペナントレースの取材の関係で大阪本社から横浜へ出向している。大の愛煙家。

その他編集

むらかみかんとく
タイガーキャッツの監督。かきふがいなくなったがその後のタイガーキャッツは絶好調。
おさだ あきのぶ
タイガーキャッツの野手。おのの被害者の1人。
ふるいや ひでお
ファイアーズの野手。かきふと同じ千葉出身。
あかぎ だいすけ
スワンズのスター選手。なるしまに人気を取られ、野球は実力主義だと開き直る。
なるしま かずしげ
スワンズの現スター選手。親の七光りといがわから馬鹿にされている。
ほいのかんとく
ドランクスの監督。独走優勝を狙っていたが、ううののせいで失敗し戦犯にしている。あちあい同様名古屋弁。
ううの まさる
ドランクスの選手。おでこに絆創膏を張り、全身包帯で過ごしている。
きおはら かずひろ
レオポンズの主砲。女優のゆきと付き合っている。
くとう きみやす
レオポンズの投手。おのに脅されていた人物の1人。
しおづか としお
ガンアンツの野手でチーム一のプレイボーイ。おのに脅されていた人物の1人。
おいかんとく
ガンアンツの監督。いがわから投手事情を聞かれてもくあたを信頼しており、要らないと言う。
にしうら いさお
ホイップスの投手。いがわが入団するまでのガイアンツのエース。勝った翌日もランニングしている。
にしべっぷ
カップスの投手。抜群のコントロールを持つ。昨日ガンアンツに勝ち、連勝に意欲を燃やしている。
たじろ とみお
ホイップスの野手。あるアイテムをいがわから借りている。
あちあい ひろみつ
ドランクスの野手。初登場の会話では名古屋弁だが、名古屋にいるときは標準語になる。いがわのいなくなったセンターリーグを寂しがっている。
まるみ あきのぶ
タイガーキャッツの野手。いがわ曰く「めちゃんこもてる」。
なかはら きよし
ガンアンツの野手。いがわ曰く「一本ネジが足りない」。よくバットを球場に忘れる。
たがわ のぶゆき
ホームズの捕手。戦力外通告を受け、旧友のうじしまとバッテリーを組むべくオニオンズのプロテストを受けている。
おしだ よしお
元タイガーキャッツの監督。ケチな性格で有名。監督を辞めさせられてからはタイガーキャッツの球団事務所に嫌がらせをしている。
こんとう しんいち
ドランクスの投手。大のガンアンツ嫌い。
はしだ まさたか
バイソンズの捕手。
ふぐもと ゆたか
ブレイビーズの野手。黄金の足と言われているが年齢には勝てずにいる。
うじしま かずひこ
オニオンズのピッチャー。センターリーグを恨んでいる。
ありむらかんとく
オニオンズの監督。オニオンズ一筋。さっさと帰った選手たちに腹を立てている。

解説者編集

すずき しんや
プロ野球ニュースの司会者。
おおばやし しげる
元タイガーキャッツのピッチャー。プロ野球ニュース内でいがわの無実を信じるコメントをした。
きぬかみ さちお
元カップスのクリーンナップ。
ひらおか たつろう
元レオポンズの監督。おのに奥さんとすき焼きを食べている所を撮られた。

市民編集

いがわ まきこ
いがわの妻。
おおた めぐみ
おおたの妻。川崎に住んでいる。
あだち
おおたが日本電力川崎時代に同僚だった男。
おの きょうこ
おのの妻。所沢に住んでいる。
むらせ
ファイアーズの球団職員。借金を作ってしまい、地下に姿を消していた。
なんじょう たかし
売れっ子のタレント。
ゆき
売り出し中の女優。きおはらと付き合っている。
はしもとディレクター
フジタテレビのディレクター。意外な趣味を持つ。
たざききしゃ
日本スポーツの記者。
さとうきしゃ
中部(ちゅうぶ - )スポーツの記者。
まつききしゃ
報日スポーツの記者。レオポンズの担当だが実はガンアンツファン。
あちあい のぶこ
あちあいの奥さん。あるアイテムを渡さないと家に入れてくれない。
やまかわ こうぞう
大阪にある山川医院の院長。ある人物の保証人。
おおさかのしゅふ
やまかわの隣家に住む主婦。
レイ
ゲイバーとらねこのホステス。
やくざのくみちょう
竹内組の組長でガンアンツファン。息子が山川医院で盲腸の手術をしたが手遅れで死んだらしい。
すずきいし
東京にある中央病院の院長。やまかわと同級生だった。
なかがわ
はらだのやばい友達。

スタッフ編集

  • 企画:ともくん(貞本友思)、ムーミンひろゆき(河野浩行)、でこっぱち!!
  • キャラクター・デザイナー:ともくん(貞本友思)、いなふきん(稲船敬二)、ところざわ ぽんきち、はまむら、まなし、なぎねこ
  • 音楽:ぺろよん とのむら(殿村裕誠)
  • スペシャル・サンクス:えい けい、ちゃっかり、アイアン フィッシュ
  • プログラマー:RAMBO-K、REVENGER
  • ディレクター:ピストン!!たかし(西山隆志)

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通24/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine19.04/30点[1]
悪趣味ゲーム紀行2否定的[3]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)になっている[2]
  • ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.04点(満30点)となっている[1]。同誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「全体のストーリーがしっかりしており、サブゲームも付いたお得な1本」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.52 3.02 3.09 3.15 2.94  3.32 19.04
  • ゲーム本『悪趣味ゲーム紀行2』(2001年マイクロデザイン出版局)では、「なんでプロ野球にアドベンチャーを乗せちゃうワケ!?」、「いがわくんが素性を隠してガンアンツのプロテストを受け、遠投やノックに合格しないと先に進めないという嫌な部分で野球ゲームが出しゃばってくるのが非常に参りました」、「マップ中で職務質問されると、いきなりいがわくんが警察官を殺しまくる縦スクロールシューティングになるのが『あんた、全然無実やないやん!』と妙な突っ込み所を与えてしまうのがちょっとナンです」と評している[3]

関連書籍編集

  • 『プロ野球?殺人事件!必勝攻略法』1989年1月、双葉社発行 ISBN 4575151254
  • 『プロ野球?殺人事件!―30番のドタバタ逃亡レース』1989年7月、双葉社発行 ISBN 4575761087

関連項目編集

  • ポートピア連続殺人事件
    各所にオマージュがあり[要出典]、話に挙がる人物にサラ金の「やまかわこうぞう」や、やくざに「やす」という男がいる。
  • 六本木ディスコ照明落下事故
    東京にあるディスコでのくあたのセリフ「シャンデリアなんかこわくなーい」の元ネタとなった事件。
  • 稲船敬二
    一部キャラクターデザインを担当。スタッフロールに「いなふきん」名義でクレジットされている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 185頁。
  2. ^ a b プロ野球?殺人事件! まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年6月3日閲覧。
  3. ^ a b がっぷ獅子丸「第25便『プロ野球?殺人事件!』」『悪趣味ゲーム紀行2マイクロデザイン出版局、2001年10月5日、48 - 4851頁。ISBN 9784896370638