プワシュフ: Płaszów)はポーランドクラクフ郊外の地域で、現在はポドグジェ英語版第13地区の一部である。併合以前の村はクラクフの南東、ヴィスワ川右岸に位置していたが、1911年のポーランドのオーストリア分割英語版の際に大クラクフ(Greater Kraków)の第21区に併合された。

Płaszów is in Kraków, Poland
Płaszów is in Kraków, Poland
Płaszów
Płaszów in Poland

第2次世界大戦中には、クラクフ・ゲットーから追放されたユダヤ人たちやポーランド占領(Occupation of Poland(英語版))の際の囚人たちを収容したクラクフ・プワシュフ強制収容所がおかれていた[1]。跡地は現在ほぼ草に覆われた空き地となっており、オブズ(Obóz)の丘にナチス犠牲者慰霊碑(1964年、ヴィトルド・チェンチキェヴィチポーランド語版作)が建っている。

またユダヤ人街であるカジミェシュ地区英語版からヴィスワ川を越えたリポワ通り4番地に、スティーヴン・スピルバーグ監督作の映画『シンドラーのリスト』(1993年公開)の舞台となった旧オスカー・シンドラー琺瑯工場(波: Fabryka Emalia Oskara Schindlera ファブルカ・エマリア・オスカラ・シンドレラ; 英: Oskar Schindler's Enamel Factory "Emilia" (英語版))が現存しており、2010年にクラクフ歴史博物館の14施設の内のひとつとして公開された。[2]

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Plaszow Concentration Camp hosted by Krakow-Poland.com retrieved from the Internet Archive, 16 November 2013.
  2. ^ KL Płaszów Concentration Camp”. In Your Pocket. 2018年4月8日閲覧。

参考文献編集

  • Atlas Miasta Krakowa (ヤギェウォ大学地理学研究所の共同著作), Polskie Przedsiębiorstwo Wydawnictw Kartograficznych, 1988, 83-7000-067-3.

外部リンク編集