メインメニューを開く

プーケット国際空港(プーケットこくさいくうこう、タイ語: ท่าอากาศยานนานาชาติภูเก็ต、英語: Phuket International Airport )とは、タイ王国プーケット県タラーン郡マイカーオ町(タムボン)にある国際空港である。

プーケット国際空港
ท่าอากาศยานนานาชาติภูเก็ต
Phuket International Airport
Phuket International Airport3.jpg
IATA: HKT - ICAO: VTSP
概要
国・地域 タイ王国の旗 タイ王国
所在地 プーケット県タラーン郡
マイカーオ町(タンボン)222
種類 民間
運営者 タイ空港公社(AOT:Airports of Thailand Public Co Ltd)
運用時間 24時間
標高 25 m (82 ft)
座標 北緯08度06分48秒 東経98度19分01秒 / 北緯8.11333度 東経98.31694度 / 8.11333; 98.31694座標: 北緯08度06分48秒 東経98度19分01秒 / 北緯8.11333度 東経98.31694度 / 8.11333; 98.31694
公式サイト Phuket International Airport
地図
プーケット国際空港の位置(タイ王国内)
HKT/VTSP
HKT/VTSP
バンコク
バンコク
プーケット国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
09/27 Yes 3,000×45 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

目次

概要編集

タイ最大のリゾート地であるプーケットの唯一の国際空港であり、タイ国内のみならずアジアヨーロッパ各地から多くの定期便が就航する。また年間を通じて多くのチャーター便が乗り入れている。2016年9月現在、国際線ターミナル、国内線ターミナル、ターミナル X の3つのターミナルがある。

2014年2月5日、「ターミナル X」が供用を開始した。ターミナルXは、床面積1,320m2であり、10台のチェックインカウンターを備え1時間に1,000人の処理能力がある[1]。国際線チャーター便の団体チェックイン専用であり、出国審査はメインターミナルに移動して行う。

2016年9月15日、国際線ターミナルが開業した[2]


空港内施設編集


就航航空会社と就航都市編集

国際線編集

航空会社就航地
  タイ国際航空 香港国際空港香港)、フランクフルト空港フランクフルト)、デュッセルドルフ空港デュッセルドルフ)、季節運航コペンハーゲン空港コペンハーゲン)、 パース空港パース)、ストックホルム・アーランダ空港ストックホルム
  タイ・エアアジア 香港国際空港(香港)、シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール)、武漢天河国際空港武漢市[3]
  マレーシア航空 クアラルンプール国際空港クアラルンプール
  エアアジア クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
  ファイアフライ ペナン国際空港ペナン島
  中国国際航空 北京首都国際空港北京市
  中国東方航空 成都双流国際空港成都市)、昆明長水国際空港昆明市
  中国南方航空 長沙黄花国際空港長沙市)、広州白雲国際空港広州市)、南寧呉圩国際空港南寧市
  海南航空 北京首都国際空港(北京市)
  上海航空 上海浦東国際空港上海市
  四川航空 成都双流国際空港(成都市)、重慶江北国際空港重慶市
  吉祥航空 上海浦東国際空港(上海市)、季節運航杭州蕭山国際空港杭州市
  春秋航空 上海浦東国際空港(上海市)
  キャセイドラゴン航空 香港国際空港(香港)
  香港エクスプレス航空 香港国際空港(香港)
  大韓航空 仁川国際空港ソウル特別市/仁川広域市
  アシアナ航空 仁川国際空港(ソウル特別市/仁川広域市)
  イースター航空 仁川国際空港(ソウル特別市/仁川広域市)
  セブパシフィック航空 ニノイ・アキノ国際空港マニラ
  ジェットスター・アジア航空 シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
  シルクエアー シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
  タイガーエア シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
  インドネシア・エアアジア スカルノ・ハッタ国際空港ジャカルタ
  ヴァージン・オーストラリア パース空港(パース)
  ジェットスター航空 メルボルン空港メルボルン)、シドニー国際空港シドニー
  エミレーツ航空 ドバイ国際空港ドバイ
  カタール航空 ハマド国際空港ドーハ)、クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
  フィンエアー 季節運航ヘルシンキ・ヴァンター国際空港ヘルシンキ
  アエロフロート・ロシア航空 季節運航シェレメーチエヴォ国際空港モスクワ
  S7航空 イルクーツク国際空港イルクーツク)、ハバロフスク空港ハバロフスク)、トルマチョーヴォ空港ノヴォシビルスク)、ウラジオストク空港ウラジオストク
  I-Fly ヴヌーコヴォ国際空港(モスクワ)
  エーデルワイス航空 季節運航チューリッヒ空港チューリッヒ
  ブルーパノラマ航空 季節運航マルペンサ空港ミラノ)、フィウミチーノ空港ローマ
  コンドル航空 季節運航フランクフルト空港フランクフルト

国内線編集

航空会社就航地
  タイ国際航空 スワンナプーム国際空港バンコク
  バンコク・エアウェイズ スワンナプーム国際空港(バンコク)、サムイ空港サムイ島)、ウタパオ国際空港パッタヤー)、トラート空港トラート県)、ハートヤイ国際空港ソンクラー県))[4]
  オリエント・タイ航空 ドンムアン空港(バンコク)
  ノックエア ドンムアン空港(バンコク)
  タイ・エアアジア ドンムアン空港(バンコク)、チェンマイ国際空港チエンマイ県)、ウドーンターニー国際空港ウドーンターニー県
  タイ・ベトジェットエア スワンナプーム国際空港、チェンライ
  タイ・ライオン・エア ドンムアン空港(バンコク)

主な航空機事故編集

タイ航空365便墜落事故

1987年8月31日、ハートヤイ国際空港発プーケット国際空港行きタイ航空365便(ボーイング737-2P5、機体記号:HS-TBC)が、着陸時失速し機体を立て直すことができず海に墜落した。搭乗していた全員が死亡した。

ワン・トゥー・ゴー航空269便着陸失敗事故

2007年9月16日に、タイ王国のワン・トゥー・ゴー航空269便(MD-82、機体記号:HS-OMG)がパイロットの操縦ミスによりプーケット国際空港への着陸に失敗し大破炎上した。搭乗していた90名が死亡した。

脚注編集

外部リンク編集