メインメニューを開く

プーケット航空Phuket Air)は、2001年に設立された、タイの独立系の航空会社。現在は運航を停止している。

プーケット航空
IATA
-
formerly 9R
ICAO
VAP
コールサイン
PHUKET AIR
設立 1999年
ハブ空港 スワンナプーム国際空港
プーケット国際空港
保有機材数 2
親会社 プーケット・エア Co. Ltd
本拠地 タイ王国の旗 タイ バンコク
代表者 Vikrom Aisiri
Angkana Apiwattanaporn
外部リンク http://www.phuketairlines.com
テンプレートを表示
ボーイング747-300

目次

概要編集

「プーケット航空」という名前でありながら、ハブ空港バンコク国際空港となっている。日本への定期便はないが、チャーター便として各地の空港に飛来したことがあり、自衛隊イラク派遣にチャーターされたこともある。

 
YS-11

エアーニッポンから購入した日本航空機製造YS-11日本航空KLMオランダ航空などから購入したボーイング747-200のほか、747-300737-200を所有している。なお、全ての機材が中古機であった。

この様に古い機材が多く、しかも整備や運航管理面で問題が多いということから、欧州連合(EU)において「危ない航空会社」に指定され、EU内の運航、航行禁止処置が取られている。現在は定期便の運航を停止している。会社を清算し、「Holiday Airline」として新規航空会社を設立する計画がある。

なお現在は、その所有機の多くがドンムアン空港や、インドネシアスカルノハッタ国際空港にストア(保管)されている。

コードデーター編集

保有機材編集

プーケット航空の機材は以下の航空機で構成されていた:

 
ボーイング757-200
 
YS-11

外部リンク編集