プース・カフェ: Pousse-café: Push-Coffee)とは、カクテルのスタイル(形態)の1つ、および同スタイルに存在するカクテル名称の一つである。

概要編集

プース・カフェとは「(食後の)コーヒーを押しのける」といった意味であり[1]、食後酒全般をも意味する。よってプース・カフェ・スタイルのカクテルは食後酒として飲まれる[1][2][3]

なお、「プース・カフェ」というスタイルのカクテルの中には、「プース・カフェ」という名称のカクテルも存在するため[1][2]、「プース・カフェ」はカクテルの名称でもある。

プース・カフェ・スタイルのカクテルを作るためには、リキュール蒸留酒シロップなどの数種類の比重が異なる飲料(必ずしも酒である必要はない)を使用する。1番比重の重い液体から順に注いでいき、色の層ができるようにする[2]。熟達した技術が要求される手法であり[4]バー・スプーン伝いに液体を注ぐ方法もある[3]。完成したカクテルは、ストローを使って好みの層から飲んでいく[1]。プース・カフェ・スタイルのカクテルは、プース・カフェ・グラスという細長いボウルに長い脚の付いたグラスで作ることが推奨される例がある[5]

美しい見た目を評価されるカクテルで「レインボー・コーディアル」とも言われ[2]、昭和初期の日本では「五色酒」の名前で呼ばれていた[1]

プース・カフェ・スタイルのカクテル編集

 
B-52
 
プース・カフェ・スタイルのグラスホッパー

プース・カフェ編集

その他編集

かつてはプース・カフェ・スタイルだったカクテル編集

  • グラスホッパー - 現在はプース・カフェ・スタイルではないものの、かつてはプース・カフェ・スタイルのカクテルだった。(出典や詳細は、こちらを参照。)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 渡辺『カクテル1000 & マティーニ100』、p.217
  2. ^ a b c d ウォー『ワインと酒』、別冊p.44
  3. ^ a b サレ『ラルースカクテル事典』、p.25
  4. ^ ウォー『ワインと酒』、p.163
  5. ^ a b c d Gary Regan (1991). The Bartender's Bible. Harper Collins. p. 253. ISBN 0-06-016722-X. 
  6. ^ a b c d 日本バーテンダー協会『NBA新オフィシャル・カクテルブック』、pp.227-228

参考文献編集

  • 日本バーテンダー協会編著『NBA新オフィシャル・カクテルブック』(柴田書店, 2009年6月)
  • 渡辺一也監修『カクテル1000 & マティーニ100』(ナツメ社, 2005年11月)
  • ジャック・サレ『ラルースカクテル事典』(今井清監訳, 同朋舎出版, 1986年11月)
  • アレック・ウォー『ワインと酒』(タイムライフブックス, 1973年)

関連項目編集