ヘイト本(ヘイトほん)とは、特定の傾向を持つ書籍に対する呼称のひとつ。

定義、内容編集

日刊SPA!によれば、「ヘイト本」は、タイトルやの文章が異様に長く、内容は中国韓国(特に韓国)への批判や嫌悪が中心である[1]

ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」の岩下結は「ヘイト本は形として韓国や中国の政府批判であるかもしれない。でもその背景には人種的偏見があり、多くは『韓国人、中国人とはこういうやつらだ』という言い方になっている。ヘイトスピーチの温床をこうした本が、かなり広げている」「負の感情をあおるタイトルは『冷静な議論ではない』と自ら宣言しているようなもの。建設的な批判をしたいなら、そうした体裁を取るべきではない」と主張している[2]。また、ころから代表の木瀬貴吉は「タイトルでこそ決まります。タイトルのみで決まると言い切っていいです」と主張している[3]

宮城佑輔によると、「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」は「排外的装い」を持った近年の出版物を「ヘイト本」と総称して問題視しているといい、「ヘイト本」の源流として山野車輪の『マンガ嫌韓流』といった著作が挙げられるという[4]

永江朗によれば、「中国や韓国、および同国にルーツをもつ人々への憎悪をあおる本。嫌中嫌韓本、反中嫌韓本」を「ヘイト本」とも言うといい[5]、「差別を助長し、少数者への攻撃を扇動する、憎悪に満ちた本」で「嫌韓反中本」と呼ばれることもある[6]

大泉実成らによる「さらば、ヘイト本! 嫌韓反中本ブームの裏側」(ころから)では「ヘイト本」を「よその国を十把ひとからげにし、他民族を嘲笑したり、民族差別や排外主義を煽る本」「人種的差別撤廃条約の第4条(b項)にあたる人種差別を助長し及び扇動する宣伝活動にあたる書籍」と定義している[7]。岩下結は「ヘイト本」という呼称について、「ヘイトスピーチと後述の嫌韓・嫌中本ブームが一続きのものとして認知されるようになってきた」と主張している[2]

木瀬貴吉、木村元彦、清水檀らは「事実を捻じ曲げた上で差別を扇動するようなあからさまなヘイトは減る」が「一見、学術的に裏付けられたようで実はナショナリズムを煽る、いわば『綺麗なヘイト』は増えるのではないか」と危機感を募らせた[8]

定義への異論・反論編集

山野車輪は「『反差別』団体を自称する一部の反社会的な人たちは、韓国を批判する者に対して『レイシスト』『ヘイトスピーチ』などとレッテルを貼ったり、韓国を批判する本を『ヘイト本』などと一方的に決めつけて、書店に対して店頭から撤去するように抗議したり、さらには図書館にまで圧力をかけようとするなど、思想警察気取りで言論封殺活動に勤しんでいるのです。」と述べた[9]

宮城佑輔は、行動保守らへの批判者は東アジア3か国(中国、韓国、北朝鮮)に対する批判的著作群を「ヘイト本」と呼称しているが、こういった安易なラベリングは多様な保守メディア内の差異を捨象しかねない、と述べている[10]

ケント・ギルバートは「私が2017年に出版した『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社)は、ジャーナリストの青木理氏に『究極のヘイト本』というお褒めの言葉をいただきました。部分的でしょうけれども読んでいただいて、すごく嬉しかったですね。おかげでその後、また売れました。」[11]。「左派の人々は、日本に対する誹謗中傷には沈黙し、中国や韓国・北朝鮮に対する批判は、何でもかんでも『ヘイト』と言うんです。自分たちが一般国民に今まで隠していた、知られたくない事実が暴かれると『ヘイト』だと言う。」[12]と述べた。

ジャーナリストの石橋毅史はマイケル・ムーアの「アホでマヌケなアメリカ白人」について、「著者がアメリカ人ということもあるが」と条件を付けた上で、「差別的だという批判が挙がった記憶はないし、僕自身はそうは思わない」とヘイト本との評価に否定的見解を示した[13]。その一方でタイトルについて「アメリカ白人」を「朝鮮民族」とか「中国人」に変えた場合は、「朝鮮民族又は中国人か否か」という条件を付けることなしに日本が中韓を植民地や占領地としていた等の歴史的経緯から「ヘイトのにおいがする。そして、実際にそうなるだろう」とヘイト本との評価になりうる見解を示した[13]

書店における「ヘイト本」の扱い編集

「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」の岩下結によれば、書店における「ヘイト本」の販売は2012年から顕著になり、2016年のヘイトスピーチ解消法の施行により一旦沈静化したが、翌2017年から再び急増している[1]

ヘイト本批判論者は、取次や報奨金や見計らい配本等の書籍の出版・流通システムから書店の意思とは離れてヘイト本が本として平積みにされるシステムがあるとし、ヘイト本を置きたくないとする書店の意思が強く反映される仕組みにすべきと主張している[14]

言論、出版の自由との関係編集

2015年5月23日に開催された出版社ころから主催のトークショー「さらば、ヘイト本!」にて、木村元彦は韓国を専門とした政治学者木村幹の著書を「きれいなヘイト」と述べた。それに対し、木村幹は「基本的には自分の著作は、一定のデータに基づいたアカデミックなものなので、もし問題があれば、きちんと指摘してもらわないとどうしようもない。」と述べて反論している。[要出典]

2015年3月25日には対レイシスト行動集団が、『嫌韓流』や『外国人参政権は、要らない』の図書館での閉架措置を主張したが、図書館は「図書館の自由に関する宣言」で「すべての検閲に反対する」を掲げているため、これまでも論争が繰り返されてきており、日本図書館協会内の「図書館の自由委員会」の西河内靖泰委員長は「右も左もどっちもどっちで学習能力がありませんね。双方の主張を比較することで、市民はよりわかりやすくなります。ですから、図書館はヘイト本と反ヘイト本を並べて置くべきと主張したほうがよいのではないでしょうか。ついでに"と学会"の本も置いておけば、よりわかりやすいでしょう」と述べた[15]

山野車輪は「左翼全盛期の反日が蔓延っていた時代は、本多勝一吉田清治などの日本人への『ヘイトスピーチ』が満載された本が堂々と売られてベストセラーになっていましたが、保守系団体などが書店や図書館に対して言論封殺活動を行ったという話は聞いたことがありません。」と述べた[16]

昼間たかしは「『ヘイト本』とレッテル貼りをして、売ることや出版することまでも阻止することは、やがて自分たちの身に跳ね返ってくるだろう。」と述べた[17]

海外の事例、議論編集

ヘイト本は日本特有の表現であるが、同じような分類の書籍は国によっても事情が異なる。 実際の問題として、反中反共という基準に限って見れば、香港の銅鑼湾書店で販売されていた禁書に見られるように、独裁国家による人権侵害批判や体制批判などを含んだものが存在するからである[18]。なお、香港や台湾で出版された反中本や禁書の多くは、日本語での出版がなされていない[19][20]。香港では、中国政府からの締め付けや取り締まりが厳しくなる2010年代前半までは、中国大陸で出版が禁じられた書籍が流通する光景が見ることができた[21][22]。また、本のタイトルでは中国の民主活動家余杰が書いた「卑賤的中國人」[23]は「愚かな中国人」、柏楊の「醜陋的中國人中国語版」は「醜い中国人」である。これには、中国人の考え方そのものが中国民主化を阻んでいるという批判が込められている[24]

中国共産党によるオーストラリアへの浸透策について議論した"Silent Invasion: China's influence in Australia(『サイレント・インベージョン ~オーストラリアにおける中国の影響~』)"では、著者のクライブ・ハミルトンは、左派から人種差別とは言われないよう表現には気を使ったという。それでもなお、『見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか』で語ったところによればハミルトンは人種差別主義者であると批判する声が挙がり[25][26]、EメールやTwitterでの攻撃やSNSのパスワードを盗み取ろうとする嫌がらせを受け、とくにそれが白人のオーストラリア人のものであったという。クライブ・ハミルトン自身が左派であり、中国が民主主義システムを妨害しようとすることへの批判から「目に見えぬ侵略」を書いたので、この反応には失望したという[27][28]

アメリカも、国内における中国脅威論を背景として、ロバート・スポルディング英語版の"Stealth War: How China Took Over While America's Elite Slept"や、マイケル・ピルズベリーの"The Hundred-Year Marathon"(邦題:China 2049[29])といった反中本が発売された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「ヘイト本」はどうして生まれたのか? 嫌韓中本の異例のヒットから考える”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2017年9月16日). 2021年4月30日閲覧。
  2. ^ a b “時代の正体〈43〉ヘイト本(上)”. 神奈川新聞. (2014年11月23日) 
  3. ^ 【前編】『Will』花田紀凱編集長×ころから代表・木瀬貴吉氏の公開討論 ヘイト本かどうかはタイトルで決まるのか?”. 月に吠える通信 (2015年5月27日). 2021年4月30日閲覧。
  4. ^ 宮城佑輔「日本における排外主義運動とその中国・韓国・北朝鮮観 - 新旧保守メディアの比較から」『アジア研究』2016年4月30日 62巻2号、18頁
  5. ^ 永江朗▼嫌韓反中本「本と文芸」『現代用語の基礎知識 2019』自由国民社、2019年1月1日発行、雑誌 69949-64、ISBN 978-4-426-10137-4、785頁。
  6. ^ 永江朗『私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏』太郎次郎社エディタス、2019年12月1日 初版発行、ISBN 978-4-8118-0839-0、028頁。
  7. ^ さらば、ヘイト本! 嫌韓反中本ブームの裏側(ころから)はじめに P3
  8. ^ “「綺麗なヘイト」増加に危機感”. 週刊金曜日 ONLINE. (2015年6月15日). http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2015/06/16/%E3%80%8C%E7%B6%BA%E9%BA%97%E3%81%AA%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%80%8D%E5%A2%97%E5%8A%A0%E3%81%AB%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E6%84%9F/ 2021年4月29日閲覧。 
  9. ^ 山野車輪『嫌韓道 <ベスト新書 474>』KKベストセラーズ、二〇一五年五月二〇日 初版第一刷発行、ISBN 978-4-584-12474-1、6頁。
  10. ^ 宮城 (2016)、19頁。
  11. ^ ケント・ギルバート北村晴男『日弁連という病』育鵬社、2019年11月10日 初版第1刷発行、ISBN 978-4-594-08300-7、149頁。
  12. ^ ギルバート (2019)、149~150頁。
  13. ^ a b 石橋毅史 (2020年2月20日). “韓国の書店で「日本ヘイト本」を探してみた結果”. PRESIDENT Online. https://president.jp/articles/-/32892?page=3 2021年4月29日閲覧。 
  14. ^ 二村知子 (2020年2月17日). “あふれるヘイト本、出版業界の「理不尽な仕組み」に声を上げた書店のその後” (日本語). www.businessinsider.jp. 2021年4月22日閲覧。
  15. ^ 昼間たかし「学習能力がない」図書館の"ヘイト本"排除を主張し始めたしばき隊に、図書館協会もあきれ顔(2015年4月8日) 20210603閲覧
  16. ^ 山野 (2015)、6~7頁。
  17. ^ 昼間たかし「政治屋に売りとばされた『表現の自由』の末路」『紙の爆弾』2020年9月号、089頁。
  18. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年4月25日). “香港の反中派「銅鑼湾書店」 台湾で営業再開” (日本語). 産経ニュース. 産経新聞社. 2021年4月22日閲覧。
  19. ^ 日本語未翻訳の香港、台湾の関連本。反中本。
  20. ^ 香港、台湾で売られる本とは(反中本から独自の本土歴史の本まで)
  21. ^ 香港の書店株主に懲役10年 禁書扱い違法情報提供罪
  22. ^ 中国で「禁書」土産の大人気 税関で没収追いつかず 香港の書店関係者失踪 習指導部は販売元へ圧力で対応
  23. ^ [香港的沉淪歷程:自甘墮落 - 立場新聞20210504閲覧]
  24. ^ 余杰:醬缸中的蛆蟲 不是醜陋 而是卑賤 上報 20210504閲覧
  25. ^ 'China influence' book proves divisive in Australia debate
  26. ^ The Soul of the Chinese People
  27. ^ 見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか クライブ・ハミルトン まえがき P16-P17
  28. ^ 見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか クライブ・ハミルトン 補論 「日本は目に見えぬ侵略」にどう対処するか P342-P345
  29. ^ China 2049 マイケル・ピルズベリー (著), 森本 敏 (解説), 野中 香方子 (翻訳) 日経BP

関連項目編集