メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグスマン第二姓(母方の)はアルバレスです。

ヘスス・アントニオ・グスマン・アルバレスJesús Antonio Guzmán Álvarez , 1984年6月14日 - )は、 ベネズエラスクレ州クマナ出身のプロ野球選手一塁手)。右投右打。

ヘスス・グスマン
Jesús Guzmán
Jesús Guzmán on May 9, 2014.jpg
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 スクレ州クマナ
生年月日 (1984-06-14) 1984年6月14日(35歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手左翼手
プロ入り 2000年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2009年5月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

マリナーズ時代編集

2000年7月2日にシアトル・マリナーズに入団。

2007年10月29日にFAとなった。

アスレチックス時代編集

2007年11月16日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結んだ。

2008年はルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスとAA級ミッドランド・ロックハウンズ、AAA級サクラメント・リバーキャッツでプレー。11月3日にFAとなった。

ジャイアンツ時代編集

2008年11月18日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ[1]

2009年5月21日にメジャー初昇格を果たし、同日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビューを果たした。

2010年1月22日に戦力外となり、40人枠から外れた。2月4日、AAA級に降格。11月6日にFAとなった。

パドレス時代編集

2010年11月20日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ[1]

2011年6月16日に2年ぶりのメジャー昇格を果たし、後半戦は一塁のレギュラーとして打率.312を記録した。

2012年は新加入のヨンダー・アロンソが正一塁手となり、グスマンは主に左翼と代打で起用された。

アストロズ時代編集

2013年12月18日にライアン・ジャクソンとのトレードでヒューストン・アストロズへ移籍した[2]

2014年1月17日にアストロズと1年契約に合意した[3]。3年ぶりの120試合未満となる69試合の出場に留まり、最低1以上ホームラン・打点を記録したシーズンとしては、いずれも自己最低の2本塁打・9打点に終わる。また打率.188は、メジャーデビュー後では自己最低且つ自身初となる.200未満であり、極度の不振に陥ったシーズンだった。一方、マイナーリーグ (AAA) では、僅か4試合の出場ながらヒット8本 (二塁打3本) ・試合数と同数の4打点を挙げ、格の違いを見せつけた[4]。オフには、リーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルレオネス・デル・カラカスでプレーしている。

広島時代編集

2014年10月25日に同年限りで退団したキラ・カアイフエに変わる助っ人として広島東洋カープと1年契約で合意した。年俸は1億円プラス出来高と外国人選手の契約初年度年俸としては球団史上最高額(当時)になった。

2015年、開幕戦に4番・一塁手としてスタメン出場し、8試合連続安打を放つなど好調だったが4月5日の試合前に左脇腹の痛め、一軍登録を抹消された。その後は治療に専念し、5月1日二軍戦で復帰を果たし調整していたもののシーズン途中に入団したネイト・シャーホルツとケガから復帰したブラッド・エルドレッドの活躍で、外国人枠の関係からなかなか一軍に復帰できなかったが、7月24日には第3子出産立ち会いの為、抹消されたエルドレッドに変わって約3ヶ月ぶり一軍登録された。最終的に3本塁打に終わり、12月2日に自由契約となったことが公示された[5]。オフはベネズエラのウィンターリーグでプレー。

広島退団後編集

2016年1月1日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結ぶが、3月30日に解雇となる。4月8日にメキシカンリーグティフアナ・ブルズと契約。5月29日に解雇となる。

2017年はベネズエラのウィンターリーグに参加。

2018年もウィンターリーグでプレー。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2009 SF 12 20 20 0 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 .250 .250 .250 .500
2011 SD 76 271 247 33 77 22 2 5 118 44 9 2 0 1 22 2 1 43 6 .312 .369 .478 .847
2012 120 321 287 32 71 18 2 9 120 48 3 3 1 2 29 3 2 71 2 .247 .319 .418 .737
2013 126 318 288 33 65 17 0 9 109 35 3 0 1 0 27 1 2 79 4 .226 .297 .378 .675
2014 HOU 69 184 165 10 31 4 0 2 41 9 3 0 0 0 19 0 0 52 4 .188 .272 .248 .520
2015 広島 34 116 100 10 23 8 1 3 42 12 0 0 0 0 15 0 1 25 2 .230 .336 .420 .756
MLB:5年 403 1114 1007 108 249 61 4 25 393 136 18 5 2 3 97 6 5 248 18 .247 .316 .390 .706
NPB:1年 34 116 100 10 23 8 1 3 42 12 0 0 0 0 15 0 1 25 2 .230 .336 .420 .756
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

初記録(NPB)

背番号編集

  • 13 (2009年、2015年)
  • 15 (2011年 - 2013年)
  • 14 (2014年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集