メインメニューを開く

ヘッセンドイツ語Hessen, F 221)は、ドイツ海軍フリゲートザクセン級フリゲートの3番艦。艦名はヘッセン州に由来し、この名を受け継いだドイツの艦艇としては3代目にあたる。

ヘッセン
F221 Hessen-Kieler Woche 2007.jpg
基本情報
建造所 ノルトゼーヴェルケ エムデン工場
運用者  ドイツ海軍
艦種 フリゲート
級名 ザクセン級
艦歴
起工 2001年9月14日
進水 2003年7月26日
就役 2006年4月21日
要目
排水量 満載 5,600トン
全長 143.0m
最大幅 17.44m
吃水 5.0m
機関 CODAG方式、2軸推進
LM2500 ガスタービン × 1基
MTU 20V 1163 ディーゼル × 2基
出力 23.5MW / 7.4MW
速力 29ノット
航続距離 4,000海里(巡航速度:18ノット)
乗員 255名
兵装 76/62 コンパクト単装速射砲 × 1基
MLG-27 27mm機関砲 × 2基
Mk.41 mod.10 VLS
(32セル; スタンダードSM-2もしくはESSM艦対空ミサイル)
Mk.49 RAM近SAM 21連装発射機(CIWS) × 2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管MU90魚雷) × 2基
搭載機 シー・リンクスMk.88A哨戒ヘリコプター ×2機
C4ISTAR TACTICOS (SEWACO FD)戦術情報システム + リンク11/リンク 16
レーダー APAR多機能
SMART-L 長距離捜索
ソナー DSQS-24 艦首装備
探索装置・
その他装置
MSP[1] 500
電子戦
対抗手段
FL 1800 S II
Mk 36 SRBOC × 2基
テンプレートを表示

目次

艦歴編集

「ヘッセン」は、ノルトゼーヴェルケエムデン工場で2001年9月14日に起工し、2003年7月26日に進水、2006年4月21日に就役し第2フリゲート戦隊に配属された。

2007年の第33回主要国首脳会議ハイリゲンダム沿海にてサミット期間中は警戒任務に就いていた。2008年にはレバノン沖合にて国際連合レバノン暫定駐留軍(UNIFIL)の海上部隊として展開した[2]

2009年にはアメリカ合衆国東海岸沖合にてアメリカ合衆国海軍の空母「CVN-69 ドワイト・D・アイゼンハワー」と共同演習に参加し、2010年3月からは「CVN-75 ハリー・S・トルーマン空母打撃群に属している[3]。半年間の任務中はアメリカ軍の指揮下におかれた[4]。この任務は地域安全保障の枠組でその安定化を目的とした作戦であった。同年6月にアメリカ軍艦の他イスラエル海軍艦艇と共にスエズ運河を通過した[5]

第2機動隊群第2フリゲート戦隊に所属し、ヴィルヘルムスハーフェンを母港としている。

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集