メインメニューを開く

ヘッドシザーズ・ホイップHead Scissors Whip)は、プロレス技の一種である。

概要編集

立っている状態の相手に跳び付き、相手の頭を両足で挟み込み、下半身の力や自身の体が旋回する勢いで両足を使って相手を投げ飛ばす技の総称。数多くの派生技を持ち、ルチャリブレでは、これらを総称してティヘラ(スペイン語で「鋏」指す語)と呼ばれていて基本技として多くのルチャドールが使用している。

なお、日本での名称であるヘッドシザーズ・ホイップは、その名から締め技であるヘッドシザーズの派生技と間違われる事が多い。しかし、実際は別に発展した技である。頭を両足で挟む共通点があるため、ヘッドシザーズの名を技名に使用している。つまり「足で頭を挟んで(ヘッドシザーズ)投げる(ホイップ)」という事である。

関連技編集

人工衛星ヘッドシザーズ
助走して相手の背後から肩口に飛びつき、相手の頭を両足で挟みこんで相手の首を軸に体を旋回させて、その勢いを利用して投げ飛ばす。上記のコルバタの一種であるが、より限定的な解釈で相手の頭部を支点に自身が旋回する点に違いがある。動きを地球の周りを周回する人工衛星になぞらえて命名された。
コークスクリューヘッドシザーズ
相手の頭を挟んだ状態で頭点倒立した状態から体を横回転させた勢いで相手を投げ飛ばす。
ハンドスタンドシザーズ
倒立して両足で相手の頭を挟んで下半身の力で相手を投げ飛ばす。
ウラカン・ラナ・インベルティダ
ウラカン・ラミレスのオリジナル技。相手の頭を両足で挟んだ状態から後方回転して丸め込み、エビ固めの状態でピンフォールする。
コルバタ
ウラカン・ラミレスのオリジナル技。助走して相手の頭に両足で飛びつき、相手の首を軸にして体を捻って投げ飛ばす。コルバタはスペイン語で「ネクタイ」を指す語で相手の首に巻きつく様から名づけられた。相手がペンデュラム・バックブリーカーを狙ったときの切り返しとして使用する場合が多かった。
アストロシザーズ
スペル・アストロのオリジナル技。コーナー最上段からジャンプして相手の後方から両膝で頭を挟むように飛びつき、前方回転の勢いで相手を投げ飛ばす。
フランケンシュタイナー
スコット・スタイナーのオリジナル技。相手の頭を両足で挟んだ状態から後方回転して相手を頭部や背面から叩きつける。
コバクニ
CIMAのオリジナル技。トップロープを両手で掴み跳躍してコーナー側を向いている相手の頭を両足で掴み、ロープから手を離して体を前転させた勢いで相手を頭からターンバックルに叩きつける。
デジャヴ
ドラゴン・キッドのオリジナル技。人工衛星ヘッドシザーズのように飛びつき体を旋回させて、そこから、さらに相手の肩に両腕で飛びつき旋回して相手の頭を両足で挟んで回転の勢いを利用して投げ飛ばす。途中で回転を止め相手の腕と首を極めるクリスト、回転の勢いを利用してDDTの形で打ちつけるメサイア、回転十字固めに移行するバイブルなど多くの派生技に移行できる。

関連項目編集