メインメニューを開く

ヘッドライト和田友徳町田星児の2人からなる 吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本部所属のお笑いコンビである。2000年3月結成[1]。よしもと漫才劇場などを中心に活動。

ヘッドライト
メンバー 和田友徳
町田星児
結成年 2000年[1]
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2000年[1] -
出身 NSC大阪校20期(町田のみ)[1]
出会い 龍谷大学
現在の活動状況 よしもと漫才劇場など
芸種 漫才
同期 アジアンソラシドなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2004年 第25回ABCお笑い新人グランプリ 新人賞
テンプレートを表示

キャッチフレーズは「光れ!いぶし銀」。

目次

来歴編集

  • 2人の出会いは龍谷大学。2000年3月にコンビを結成した。同期には麒麟アジアンソラシドなどがいる。
  • インディーズ時代には、NSCの仲間たちとのお笑いイベント「魚群」を月2回ほどのペースで開催しており、このイベントはのちに売れっ子を輩出する有名なイベントとなった。「千鳥のぼっけぇTV!」では、りあるキッズつばさ・きよしとともに「不景気芸人」というユニットを組んで出演したこともある。
  • 2004年「第25回ABCお笑い新人グランプリ」新人賞を受賞。
  • 2008年のリニューアル時にBaseよしもとを卒業。
  • 和田がバンドをやりたいと言ったことから一度だけコンビを解散したことがある。
  • コンビ歴15年以上のコンビが出場可能になった「M-1グランプリ2015」に出場することを考え、マネージャーにコンビ歴の確認を行おうとしたが、そのときには1回戦のMCの仕事が決定していたため、出場することができなかった。[2]
  • 2016年3月には「今ちゃんの実は…」の企画において、ソラシドイシバシハザマカナリアモストデンジャラス青空の5組との5週連続ネタバトルを勝ち抜き、不定期のコーナー担当をしている。

メンバー編集

  • 和田友徳(わだ とものり、1973年12月11日 - )
    • 立ち位置向かって左。奈良県香芝市出身[3]
    • ドラム演奏が得意[1]。今でも芸人仲間らとバンドを組んで活動することもある[4]
    • 「わだしがわだ」というギャグを持つ[5]
    • 低予算一人暮らし料理が得意[1]
    • 工藤静香大黒摩季などのものまねをする芸人・あきらと交際をしていた。当初は普通のOLだったが交際後に芸人として活動を始め、和田の収入を超すほどの売れっ子になっている。また、あきらは番組の企画で月収を尋ねられたとき、ものまね芸人としての収入と副業のネイルの仕事を合わせると30万円ほどであるという発言をしていた。[6]
    • 2018年6月25日にかねてから交際していた、あきらと7年の交際を経て結婚することを発表した。現在同棲はしているものの、洗濯などの家事は全て個人個人で行っており、食事も個人が食べたいものを食べたい時間に食べている。[7]
    • 2018年現在、月収が約5万円であり、銀行の機密文書をシュレッダーにかけるというアルバイトをしている[6]ほか、複数のアルバイトをかけもちして生計を立てている。
  • 町田星児(まちだ せいじ、1973年3月27日 - )
    • 立ち位置向かって右。京都府出身[1]。NSC20期生で、麒麟、アジアン、ソラシド、元吉本新喜劇の西科仁などと同期。
    • ギターとベース演奏が得意[1]。今でも芸人仲間らとバンドを組んで活動することもある[4]
    • なにわなんでも大阪検定2級、京都観光文化検定3級、MTVロック検定3級[8]
    • お笑い番組の録画・保存が趣味であり、ビデオ1000本、DVD2000枚のデータを持っている[1]

芸風編集

  • 芸風は漫才とコントで、神経質で非常に細かい性格の町田と、それをのらりくらりとかわす和田のふたりの性格が活かされたネタが特徴。
  • 単独ライブでは、モニターにて漫才を顔文字や漢字で表す「文字漫才」を披露することもある。 この文字漫才では、町田が和田に借りた「キン肉マン」の漫画10冊を返すことが、 (-肉-)(-肉-)(-肉-)(-肉-)(-肉-)(-肉-)(-肉-)(-肉-)(-肉-)(-中-) と顔文字で表され、「お前、キン肉マンの中に1コだけラーメンマンが混じってるやん!」というような、顔文字や漢字でしか表現できないネタが集められている。 コントでは、「卒業式の割り台詞」などのネタがある。

出演番組編集

単独ライブ編集

  • 2003年9月6日 - 「町田、旅に出る 和田、恋に落ちる」(baseよしもと/大阪)
  • 2003年11月9日 - 「ヘッドライトのネタ」(baseよしもと/大阪)
  • 2004年1月11日 - 「ヘッドライトのネタ」(baseよしもと/大阪)
  • 2004年3月28日 - 「ヘッドライトのネタ」(baseよしもと/大阪)
  • 2004年5月29日 - 「ヘッドライトのネタ」(baseよしもと/大阪)
  • 2004年7月17日 - 「ヘッドライトのネタ」(baseよしもと/大阪)
  • 2004年9月17日 - 「ヘッドライトのネタ」(baseよしもと/大阪)
  • 2006年2月25日 - 「ヘッドライトのネタ」(baseよしもと/大阪)
  • 2007年3月27日 - 「ロックな出囃子とロクでもないネタとか」(baseよしもと/大阪)
  • 2007年6月2日 - 「昔、ベンチャーズのコピーバンドやっててん」(baseよしもと/大阪)
  • 2008年9月6日 - 「アルバイト フォー ディストラクション」(うめだ花月/大阪)
  • 2008年11月26日 - 「昔、ラモーンズのコピーバンドやっててん」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
  • 2009年4月29日 - 「スノーボードが得意です」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
  • 2010年3月13日 - 「ソラシド・ヘッドライトの“一石二鳥”」[9](オスカーホール/大阪・住之江)
  • 2010年6月26日 - 「ソラシド・ヘッドライトの“一石二鳥ニ”」[9](オスカーホール/大阪・住之江)
  • 2010年9月20日 - 「ソラシド・ヘッドライトの“一石二鳥三”」[9](TORII HALL/大阪・難波)
  • 2011年1月22日 - 「今さら、ブルーハーツのコピーバンドやってんねん」(TORII HALL/大阪・難波)[ゲスト]もりやすバンバンビガロ
  • 2011年5月21日 - 「あかん!もうあかん!」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)[ゲスト]しましまんず 池山心
  • 2011年9月3日 - 「僕たち無限大」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)[ゲスト]スーパーマラドーナ
  • 2012年3月31日 - 「ヘッドライトのポケットワッハ上方」(ワッハ上方小演芸場(上方亭)/大阪)[ゲスト]水澤美帆
  • 2012年4月28日 - 「ペナントレース小予想」(ワッハ上方小演芸場(上方亭)/大阪)[ゲスト]青空 須藤
  • 2012年5月31日 - 「細かい話をする男」(ワッハ上方小演芸場(上方亭)/大阪)[ゲスト]ギャロップ 林
  • 2012年9月29日 - 「漫才黙示録セイジ」(ワッハ上方小演芸場(上方亭)/大阪)[ゲスト]稲垣昌秋(がっき~)
  • 2013年3月22日 - 「世紀末救世主伝説」(ワッハ上方小演芸場(上方亭)/大阪)[ゲスト]稲垣昌秋(がっき~)
  • 2015年8月25日 - 「2年半ぶり」(ZAZA pocket's/大阪)
  • 2016年8月20日 - 「T独」(ZAZA pocket's/大阪)
  • 2017年8月25日 - 「1年ぶり」(ZAZA pocket's/大阪)
  • 2018年11月24日 - 「日常に潜むネタ」(ZAZA pocket's/大阪)

賞レースでの戦績編集

Ⅿ-1グランプリ編集

年度 結果 会場 日時
2001年 3回戦敗退 NGKスタジオ 2001/11/18
2002年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2002/12/1
2003年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2003/11/30
2004年 3回戦敗退 NGKスタジオ 2004/11/13
2005年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2005/12/11
2006年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2006/12/10
2007年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2007/12/8
2008年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2008/12/6
2009年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2009/12/5
2015年 準々決勝敗退 なんばグランド花月 2015/11/5
  • 2004年 第25回ABCお笑い新人グランプリ 新人賞
  • 2014年 歌ネタ王決定戦 準決勝進出
  • 2015年 歌ネタ王決定戦 準決勝進出
  • 2016年 歌ネタ王決定戦 準決勝進出
  • 2017年 歌ネタ王決定戦 準決勝進出
  • 2018年 歌ネタ王決定戦 準決勝進出

DVD編集

  • 新風baseよしもと ネタトウタ2004(よしもとアール・アンド・シー、2004年12月15日)
  • バトルオワライヤル(よしもとアール・アンド・シー、2005年5月25日)和田のみ
  • 笑い飯・千鳥の大喜利ライブDVD (よしもとアール・アンド・シー、2005年5月25日)
  • THE PLAN9 20th『なゐ震る』(よしもとアール・アンド・シー、2007年3月28日)和田のみ
  • baseよしもとネタトウタ2007(よしもとアール・アンド・シー、2007年5月23日)
  • YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 07(よしもとアール・アンド・シー、2007年10月24日)
  • YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 08(よしもとアール・アンド・シー、2008年10月08日)
  • オールザッツ漫才20周年記念永久保存大全集!!DVD-BOX(よしもとアール・アンド・シー、2011年3月2日)
  • M-1グランプリ 完全版(2002,2003,2005,2006,2007,2008,2009)(よしもとアール・アンド・シー)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 吉本興業株式会社 芸人プロフィール「ヘッドライト」より
  2. ^ ラジオ番組「ダイアンのよなよな」にてダイアンの2人が述べている
  3. ^ わが町の自慢”. 株式会社スギタ. 2016年9月21日閲覧。
  4. ^ a b ラニーノーズ、ZAZY、シンクロックらバンド結成「サマクロ」第4弾発表”. お笑いナタリー (2016年7月25日). 2016年9月21日閲覧。
  5. ^ しましまんず池山京橋ドリーム達成、京橋花月で賞金獲得”. お笑いナタリー (2011年10月20日). 2016年9月21日閲覧。
  6. ^ a b Inc., Natasha,. “ダイアン西澤にメッセンジャーが“女の話”聞く、ヘッドライト和田の食卓調査も - お笑いナタリー” (日本語). お笑いナタリー. 2018年8月30日閲覧。
  7. ^ Inc., Natasha,. “2人でのテレビ出演増加中のヘッドライト和田&あきら、結婚を発表 - お笑いナタリー” (日本語). お笑いナタリー. 2018年8月30日閲覧。
  8. ^ ヘッドライト町田twitter(自己紹介、2017年9月5日時点)
  9. ^ a b c ソラシドとの合同ライブ

外部リンク編集