メインメニューを開く

ヘッブの法則(ヘッブのほうそく)は、シナプス可塑性についての法則である。ヘッブ則ヘブ則とも呼ばれる。心理学者ドナルド・ヘッブによって提唱された。ニューロン間の接合部であるシナプスにおいて、シナプス前ニューロンの繰り返し発火によってシナプス後ニューロンに発火が起こると、そのシナプスの伝達効率が増強される。また逆に、発火が長期間起こらないと、そのシナプスの伝達効率は減退するというものである。

参考文献編集

  • 野口哲典『マンガでわかる神経伝達物質の働き』84頁、ソフトバンククリエイティブ、2011年、ISBN 978-4797359916

関連項目編集

外部リンク編集