メインメニューを開く

株式会社ヘリテック・エアロサービス (Helitech aeroservices, Inc.) は、東京ヘリポートを拠点に航空事業を行っている会社である。

株式会社ヘリテック・エアロサービス
Helitech aeroservices, Inc.
種類 株式会社
略称 ヘリテック
本社所在地 日本の旗 日本
135-0063
東京都江東区有明3-7-26
有明フロンティアビルB棟9階
設立 2007年1月26日
業種 運輸・情報通信業
事業内容 航空運送事業、航空機使用事業
代表者 石坂 正二(代表取締役)
資本金 180,000千円
決算期 3月31日
外部リンク http://www.helitech.co.jp/[リンク切れ]
テンプレートを表示

沿革編集

  • 2003年11月 - 前代表者小川聖の個人事業として創業。
  • 2004年7月 - 米国デラウェア州に、Helitech aeroservices, Inc.として法人登記。 同時に横浜市保土ヶ谷区に日本支社設立登記。
  • 2007年1月26日 - 日本支社解散。東京江東区に株式会社として設立登記。
  • 2007年12月 - 株式会社NVCが62.5%の株式を取得、同社の子会社となる。
  • 2008年10月29日 - 東京航空局より航空運送事業および航空機使用事業許可。(東空振第144号)
  • 2008年12月1日 - 事業運航開始
  • 2009年7月 - つくばヘリポート内に本店移転
  • 2011年1月 - 東京ヘリポート内に基地移転(つくばヘリポート基地閉鎖)
  • 2011年12月 - 前代表取締役小川聖ら創業役員を解任

事業内容編集

ヘリテックは小型ヘリコプター2機を運航し、事業運航を行う会社である。

コストパフォーマンスを重視したローコスト航空撮影に事業を特化し、防振カメラマウントシステムを自社開発する。映画、CM、番組制作のための航空撮影には、既存航空会社や映像技術会社と連携する。

ヘリテック・フライトカレッジ編集

事業運航の本格化に伴い航空撮影事業を拡大するとともに、教育訓練事業にも進出することを公表しており[1][リンク切れ]、一般および官公庁向けヘリコプター操縦士免許訓練校としてフライトスクール「ヘリテック・フライトカレッジ」を2008年12月に開校したが、2009年11月には閉鎖している。

機材編集

ヘリコプター編集

撮影機材編集

  • アクティブカメラスタビライザー (Helixシステム)- 1台
  • 5軸アクティブカメラスタビライザ (BLEZN-200 HD) - 1台

備考編集

脚注編集

  1. ^ 公式ウェブサイトウェブサイト トピックス 2008/5/26付記事より

外部リンク編集