ヘリンボーン (模様)

布生地

ヘリンボーン: herringbone)は、模様の一種。開きにした魚の骨に似る形状からニシン(herring)の(bone)という意味をもつ。gを黙字にせず、ヘリングボーンということもある。

形状は、V字形や長方形を縦横に連続して組合せられている[1]

目次

概要編集

織物綾織り)の分類においては、日本では、に見立てて杉綾綾杉とも呼ばれる[2]。また、類にも同様のものがある。

建築関係における、タイル貼り(平面充填)などのデザインにも用いられ、矢筈模様という呼び名もある。

靴底のパターンの一つとして「ヘリンボーンソール」がある。

三つ編みとは一味違うもので「ヘリンボーン編み」(: Herringbone Braid)と呼ばれる、(編み方)がある[3]

ギャラリー編集

参考資料編集

脚注編集

関連項目編集