メインメニューを開く

ヘルデル石(Herderite)は、燐灰石の仲間のリン酸塩鉱物で、組成はCaBe(PO4)(F,OH)である。しばしば双晶となる単斜晶を形成する。色は無色から黄色、緑色まで様々である。

ヘルデル石
ヘルデル石
分類 リン酸塩鉱物
シュツルンツ分類 08.BA.10
化学式 CaBe(PO4)(F,OH)
結晶系 単斜晶
対称 単斜晶、プリズム状
ヘルマン・モーガン記号: (2/m)
空間群: P 21/a
単位格子 a = 4.81 Å, b = 7.7 Å, c = 9.82 Å; β = 90.1°; Z=4
晶癖 プリズム状管状結晶、擬斜方晶または擬六方晶、繊維状ブドウ房状から球状の集合体
双晶 On {100} or {001} as fishtail contact
へき開 {110}不明瞭
断口 準貝殻状
モース硬度 5 - 5.5
光沢 ガラス質
無色、淡黄色、緑白色
透明度 透明 - 半透明
比重 3.02
光学性 2軸 (-)
屈折率 nα = 1.556 - 1.592 nβ = 1.578 - 1.610 nγ = 1.589 - 1.620
複屈折 δ = 0.033
光軸角 2V 計算: 70°
蛍光 紫外線下で紫色蛍光、X線下で桃橙色リン光
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

しばしばペグマタイトの中に、また他の燐灰石とともに、世界中の様々な場所で見つかる。

1828年にザクセン州エルツ山脈のザウバーグ鉱山で発見されたものが初めて記載され、ドイツの鉱山学者ジギムント・アウグスト・ヴォルフガング・ヘルダーに因んで命名された[1]

出典編集