ヘルブラント・ファン・デン・エークハウト

ヘルブラント・ファン・デン・エークハウト(Gerbrand van den Eeckhout、1621年8月19日1674年9月29日)はオランダ黄金時代に活動した画家、版画家である。レンブラント・ファン・レインの弟子であり、アマチュアの詩人、美術収集家である。

ヘルブラント・ファン・デン・エークハウト
Gerbrand van den Eeckhout
Gerbrand van den Eeckhout (1621-1674) - Autoritratto (1659) - Accademia Carrara Bergamo.jpg
自画像
生誕1621年8月19日
オランダ、アムステルダム
死没1674年9月29日
オランダ、アムステルダム

略歴編集

アムステルダムの宝石商の息子に生まれた。1585年に宗教的な理由で、アントウェルペンからアムステルダムに移ってきたメノナイト(メノー派)の家族の出身である。1631年に母親が亡くなり、父親はオランダ東インド会社のデルフトの組合の創立者の娘と再婚した[1]

アルノルト・ホウブラーケンの著書によれば、ファン・デン・エークハウトはレンブラントの弟子であり、弟子の仲間にはフェルディナント・ボルニコラース・マース、ホーファールト・フリンクがいた。ファン・デン・エークハウトの記録に残る最初の作品が1841年のものであることから、レンブラントの弟子であったのは1635年から1640年の間であったと推定されている。またレンブラントの師匠であったピーテル・ラストマンの作品の影響も見られるが、ラストマンは1633年に亡くなっているので、直接的な指導を受けてはいないことになる。

宗教や神話、文学を題材にした絵画から肖像画、風景画など様々なジャンルで多くの作品を描いた。ウィレム・バイテウェッヘ(Willem Pieterszoon Buytewech; 1591/92-1624)やエサイアス・ファン・デ・フェルデ(1587-1630)らの後を受けて、風俗画の発展に寄与し、ヘラルト・テル・ボルフ(1617-1681)やピーテル・デ・ホーホ(1629-1684)によって風俗画のスタイルは確立されることになる[2]

兄弟のヤン・ファン・デン・エークハウトがワイン商人として成功し、組合の理事になり、1669年に代表作のひとつの組合の4人の理事の集団肖像画を描いた。作品はよく売れるようになった。アマチュアの詩人として友人の画家、ウィレム・シェルリンクスを称える詩を作った。生涯、結婚することなく、晩年はヤン・ファン・デン・エークハウトの未亡人と暮らした。アムステルダムで亡くなった。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Gerbrand van den Eeckhout. In: Walter A. Liedtke (Hrsg.): Dutch Paintings in the Metropolitan Museum of Art. S. 185.
  2. ^ Allgemeines Künstlerlexikon. Band 32: Ebersbach–Eimbke. S. 233.

参考文献編集

  • Wilhelm Adolf Schmidt: Eeckhout, Gerbrand van den. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 5, Duncker & Humblot, Leipzig 1877, S. 653.
  • Werner Sumowski: Gemälde der Rembrandt-Schüler. Band 2. Edition PVA, Landau 1983, ISBN 3-87629-017-1.
  • Volker Manuth: Eeckhout, Gerbrand van den. In: Allgemeines Künstlerlexikon. Die Bildenden Künstler aller Zeiten und Völker (AKL). Band 32, Saur, München u. a. 2002, ISBN 3-598-22772-8, S. 233.
  • Rudolf Bangel: Eeckhout, Gerbrand van den. In: Ulrich Thieme (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 10: Dubolon–Erlwein. E. A. Seemann, Leipzig 1914, S. 355–357
  • Gerbrand van den Eeckhout. In: Walter A. Liedtke (Hrsg.): Dutch Paintings in the Metropolitan Museum of Art. Bände 1–2, Metropolitan Museum of Art, 2007, ISBN 978-1-58839-273-2, S. 185–192.