メインメニューを開く

ヘルボーイ: Hellboy)は、1994年アメリカダークホースコミックスから刊行されたマイク・ミニョーラ作のアメリカン・コミックスのシリーズ名、およびその主人公である架空スーパーヒーロー

ヘルボーイ
出版の情報
出版者 ダークホースコミックス
初登場 San Diego Comic Con Comics #2 (1993年8月)
クリエイター マイク・ミニョーラ
作中の情報
本名 アヌン・ウン・ラーマ
出身地 イースト・ブロムウィッチ
所属チーム B.P.R.D.英語版
パートナー エイブ・サピエン英語版
リズ・シャーマン英語版
ヨハン・クラウス英語版

キャラクター編集

本名:アヌン・ウン・ラーマ(Anung un Rama)

人間界に降り立った日:1944年12月23日、身長7フィート(213cm)以上、体重500ポンド(227kg)以上。

真紅の全身、折り取られて切り株状になった角、長い尻尾などが特徴だが、中でも最大の外見的特徴は、分析不能な石状物質で形成された巨大右腕である。普段はだぶだぶの革コートを着用(ポケットの中には世界中から集めた魔除けグッズが入っている)し、ホルスターには、巨大な回転式拳銃を収めている。国連に名誉人類として認定されている。

第二次世界大戦末期、敗色濃厚な戦況の逆転を目論むナチス・ドイツは、怪僧ラスプーチンの提案により、強大な力をもたらすとされる魔術の儀式を執行した。しかし、儀式終了後も目立った変化はなく、儀式は失敗したかに見えたが同時刻、イースト・ブロムウィッチの地では真っ赤で小さな悪魔の赤ん坊のような生物が現世に召喚されていた。生物は三人の超常現象の専門家によって導かれ、その場に居合わせたアメリカ軍特殊コマンド部隊に回収され、地獄から来た子供、すなわち「ヘルボーイ」と名づけられた。特殊部隊を導いた専門家の一人であるブルッテンホルム教授が父となり、愛情を注がれてヘルボーイは大きく育った。そして教授を責任者とする超常現象捜査局(B.P.R.D.)でトップ・エージェントとなった彼は、現世の理と安寧を守るため、世界各地の魑魅魍魎たちと戦い続けている。

能力編集

非常に頑丈な肉体と怪力。射撃はかなりヘタクソである。いわゆる「魔力」はいっさい持っていない。しかし世界を終末へと導く力を秘めており、ラスプーチンも魔界の悪魔たちもその力を解放することを望んでいる。

武器編集

拳銃
ヘルボーイが愛用する巨大な拳銃。米軍の将校「トーチ・オブ・リバティ」から貰ったダブルアクション式リボルバー(映画のみ、サマリタンと呼称)。また使用しなかったものの自動式拳銃を装備していたこともある。射撃の腕はあまりよくないが要所要所では効果をあげている描写がある。
右腕
石状の右腕はヘルボーイ最大の武器である。彼の怪力と相まって、分厚いコンクリートの壁をも打ち砕く威力がある。ただかなり頑丈だが壊れないわけではなく、敵と戦うたびに欠けたりしている。魔界への扉を開き人間界に竜神を呼び出す力を秘めている。つまりヘルボーイの「世界を終末へと導く力」はこの右手にある。

登場人物編集

超常現象捜査局(B.P.R.D.)の同僚編集

エイブ(エイブラハム)・サピエン
出自不明の水棲人。最近過去が明らかになってきた。
リズ(エリザベス)・シャーマン
念力発火能力を持つ女性超能力者。
1962年4月15日カンザス産まれ。
11歳の誕生日に両親と弟を含む32人を焼き殺してしまい調査局に保護される。
防炎室に隔離され防火服の職員としか接しない生活が続いたが、ヘルボーイが彼女を連れ出すきっかけとなった。
以来ヘルボーイは彼女の親しい友人であり兄のような存在になった。
成人後は正式に調査局に所属したがいままで12回辞めては戻る事を繰り返している。
ロジャー
1996年に調査局に発見された人造人間(ホムンクルス)。
リズの力を受けて覚ますが、逆にリズが弱ってしまう。
自らの兄との戦いの後リズに力を返すと再び眠りにつき調査局の研究対象となるが3年後研究室へと忍び込んだエイブのおかげで蘇生した。
復活後は様々なメンバーと親しくなり組織にも馴染んでいったロジャーだったがその体内には調査局によって爆弾が仕込まれており、ヘルボーイが局を抜ける原因の一つとなった。
カエルの怪物達との戦いの途中ブラックフレイムの炎に倒れる。
ヨハン・クラウス
1946年ドイツのシュトゥットガルト生まれ。
幽体離脱中に肉体を失った霊媒。スーツに入ることで物理的な形を保っている。
複数のスーツを使い分けたり生き物の遺体へ憑依する事も可能。
肉体がないため飲食や睡眠などを必要としないため一日中活動出来るが、その特性がストレスにつながっていた面もあった。
ベンジャミン・ダイミョウ
元海兵隊隊長でヘルボーイが抜けたB.P.R.D.でリーダーとなる。頬から口にかけて大きな傷跡がある。三日間死んでいたが蘇ったためリズに「キャプテン・ゾンビ」とあだ名をつけられた。
ジャガーの獣神に取り憑かれており、血に染まったかのような赤い巨大なジャガーのような姿へ変化することが出来る。
しかしほぼ制御不能であり施設内で彼が変化した時には多くの隊員が犠牲となる結果となった。
ケイト・コリガン博士
超常現象捜査局の顧問の女性。
ヘルボーイ達との付き合いは長く、ごく普通の人間ながら彼らからも信頼されていた。
トレバー・ブルッテンホルム教授
調査局の設立者にしてヘルボーイの父親的存在。
79歳の頃に北極からの調査から突然変わり果てた姿で戻るとカエルの怪物に襲われヘルボーイの目の前で亡くなってしまう。
トム・マニング博士
超常現象捜査局の局長。

B.P.R.D.以外のキャラクター編集

アリス・モナハン
幼い頃グルアガッハら妖精たちに取替え子としてさらわれヘルボーイに救われたアイルランドの女性。
以来妖精たちと交流があった影響からか実年齢よりも外見が若々しく見える。
再開後はヘルボーイと思い合う仲になった。
エドワード・グレイ
アゼザル
サラ・ヒューズ
バーバラ
Losif Nichayko
ロブスター・ジョンソン
1930年代に活躍した伝説的クライムファイター(=犯罪者退治専門のヒーロー)。45口径拳銃を愛用し、相手が悪人と判断すると容赦しない。倒した相手の額にロブスターの焼印を残す。米軍にも協力していたが、ある極秘任務中に行方不明となる。
現在は一般に架空の人物だったと考えられている。

敵対者編集

オグドル・ヤハド
天に封じられた七匹の暗黒竜。
グリゴリ・ラスプーチン
暗殺された後に竜神の声を聴きその復活を実現するべくナチスを使って、暗躍する魔導師。
ヘルボーイを召喚した人物。
幼少の頃に出会ったバーバ・ヤガをおばば様とよび、魂の半分を預ける親しい間柄だった。
イルザ・ハウプシュタイン
ナチスの冷酷な女性将校。サイバネティクスの権威。
吸血鬼のウラジミール・ジュレスクとは互いに思い合う仲であり、この事が魔女ヘカテが去るきっかけのひとつになった。
カール・クロエネン
常にガスマスク姿の長身痩躯のナチスの将校であり生命研究の科学者。黙示録軍団と呼ぶ機械化ゾンビを製作していた。
1930年にシャクティの力を利用した際の事故が原因で現在の姿になった。
元インド警察のサンドゥーとは何度も対立した。
研究者としての活躍が主だが戦いになると生み出した怪物や部下を率いて銃火器を使って戦う。
レオポルド・クルツ
小柄で怒りっぽいナチスの将校。イルザ、カールと共にラグナロク実現のために行動する。機械に強く、パワードスーツ等を製作している。
ロデリック・ジンコ
巨大ハイテク機器メーカーのオーナー。ラスプーチンの導きにより、クロエネン達と接触し、ラグナロク計画のサポートを行っていた。
ヘルマン・フォン・クレンプト
ナチスの科学者。サイバネティクスの専門家。改造類人猿クリークアフェを製造し、自らの手足として使う。重傷を負った自身の体をもサイバネティクス改造し、ガラス瓶に首が入った状態で生存している。
バーバヤガ
ヘカテ
不死身のコシチェイ
ニムエ
ラフリーンのグルアガッハ
ヘルボーイと戦い巨人グロムの肉体へ囚われた妖精。
ヘルボーイへの復讐と同族達が人間に怯えず戦う事を望んでいる。
本来は王に仕え巨人20人を倒し変身術を得意とするエルフの戦士だった。
しかし人間の娘と恋に落ち過ごす間に事故起きこの世から消えてしまった。
長い時間さまよいながら世界へ戻る間に彼はほとんどの力を失うことになった。
アスタロト
地獄の大公の1人でヘルボーイの叔父。
度々ヘルボーイたちに干渉し、ニムエ復活の際には近隣住民の血を集めグルアガッハへ手渡すなど様々な場面で暗躍する。
オグドル・ヘム
オグドル・ヤハドが生み出した369匹の魔物。世界中のあらゆる場所に封じられている。
サデュ・ヘム
極北の神殿ゴリニウムで眠っていたオグドル・ヘムの一匹。
覇王蛆
ナチスのラグナロク計画の一つとして、永い年月をかけて宇宙の彼方から呼び寄せられたオグドル・ヘムの一匹。
ウルゴ・ヘム
エピソード「孤島」でヘルボーイを襲った巨大蛆。オグドル・ヘムの一匹。
蛙人間
オグドル・ヘムの力によって変異した人間。
クリークアフェ
ナチスの科学者ヘルマン・クレンプトが製造した改造類人猿の総称。体中にボルトが付いたゴリラの姿をしており、9号はブルータスと呼ばれていた。

クロスオーバーしたキャラクター編集

バットマン
ゴッサム・シティで活躍するクライムファイター。ナチス系秘密結社によるヘンリー・ナイト博士誘拐事件を追って、ヘルボーイと共闘する。
スターマン(7代目)
コズミックパワーを引き出す杖を手に戦う破天荒なヒーロー。誘拐された父であり初代スターマンのヘンリー・ナイトを救出するため、ヘルボーイと共に南米へ赴く。

コミック編集

日本語訳編集

小説編集

  • ニューヨークの妖精 (ナンシー・A・コリンズ著、堺三保訳、『S-Fマガジン 』2004年8月号)
  • ヘルボーイ:the novel (イヴォンヌ・ナヴァロ著、藤田真利子・江崎リエ訳、ジャイブ、2004年10月)

映画編集

アニメ編集

ゲーム編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • Hellboy - ダークホースコミックス公式(英語)