ヘルマン・クライデル

オランダの画家、工芸家

ヘルマン・クライデル(Herman Justus Kruyder、1881年6月7日 - 1935年4月29日)はオランダの画家、工芸家(ステンドグラス作家)である[1]

ヘルマン・クライデル
Herman Kruyder
Self-portrait, by Herman Kruyder.jpg
自画像
生誕1881年6月7日
バールン
死没1935年4月29日
アムステルダム

略歴編集

ユトレヒト州バールンで生まれた。父親はバーンの学校の校長を務めた人物である。クライデルはバールンの中学校の教師から絵を学んだ後、ウォルメルフェール(Wormerveer)で塗装の仕事につき、夜は絵画教室で学んだ。1900年からハールレムの工芸学校で学ぶことができ、1903年に卒業すると、デルフトのガラス工芸の工房で働いた。その工房には画家のヤン・マンケス(Jan Mankes: 1889–1920)も働いていた[2]。、

1907年にハールレムに移り、風景画家を目指した。両親の家に住み、美術家グループ「Kunst zij ons doel」に入会するが、このグループは保守的ですぐに新しい美術家グループ「De Vijfhoek」を立ち上げた[3]。精力的に作品を描き、1912年にアムステルダムの美術家グループに入会し、その展覧会に出展した。フランスのキュビスムの画家、アンリ・ル・フォーコニエやベルギーの表現主義の画家、ギュスターフ・デ・シュメトフリッツ・ファン・デン・ベルヘといった前衛的な画家から影響を受けた。オランダで始まった「ベルゲン派」の美術運動に参加した画家の一人になった[2]

1916年に画家のヨー・ボーマン(Jo Bouman: 1886–1973) と結婚しヘームステーなどで活動した。1920年代半ばにうつ病になり作品は陰鬱な色彩になった。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Herman Kruyder - gedoemde scheppingen, Mabel Hoogendonk e.a.; Frans Halsmuseum, Haarlem & Waanders, Zwolle, 1997; ISBN 90-400-9905-7
  2. ^ De stem van de arbeid, Jan D. Voskuil, april 1955, jrg. 8

参考文献編集

  • M. Hoogendonk: Herman Kruyder 1881-1935. Gedoemde scheppingen. Schilderijen, aquarellen en tekeningen. Zwolle/Haarlem, Uitgeverij Waanders/Frans Halsmuseum, 1996.
  • D. Snoep: Herman Kruyder 1881-1935, 1996.
  • Van den Eeckhout: "Herman Kruyder" in Maandblad voor Beeldende Kunsten 1932, pag 299-307
  • Jaap Kruidenier: Herman Kruyder en de Oosterschool, Baerne (Historische Kring Baerne), 1984 nr.1 pag. 10