ヘルマン・ビルング

ヘルマン・ビルングHermann Billung, ? - 973年3月27日)は、ザクセン辺境伯。ビルング家の家祖。

ヘルマン・ビルング
Hermann Billung
ザクセン辺境伯
Billung u Hildegard.jpg
ヘルマン・ビルングと妻のヒルデガルト
在位 961年 - 973年

死去 973年3月27日
配偶者 ヒルデガルト・フォン・デア・ヴェスターブルク
子女 ベルンハルト1世
リウトガー
マティルデ
ズアンヒルデ(シュヴァンヒルト)
インマ
家名 ビルング家
テンプレートを表示

生涯編集

ヘルマンの両親は不明である。また、ヘルマンはビルングの最初のザクセン公とされているが、正確なことはわかっていない。936年東フランク王に即位したオットー1世(ザクセン公オットー2世)は、彼が不在の間のザクセン公国の統治をヘルマンに任せていた。しかし、公式文書ではヘルマンは「ザクセン公」ではなく、軍事指揮官、あるいはザクセン伯、ザクセン辺境伯などと署名していた。ヘルマンの息子のベルンハルト1世になって、ようやく正式なザクセン公と承認される。兄のヴィヒマンはオットー1世の母マティルデの姉妹と結婚していたが、弟ヘルマンが辺境伯に任ぜられると、これに対する不満から937年に対スラヴ族戦線を離脱し、翌938年のオットー1世の異母兄タンクマールの反乱に参加している[1]

ヘルマンは東フランク王国の北東を防衛してスラブ人と戦った[2]。また、ヘルマンは自身の領地であるリューネブルクに聖ミヒャエル修道院を建設した。

子女編集

脚註編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 瀬原、p. 75-76
  2. ^ 瀬原、p. 81, 86

参考文献編集

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • Alfred Keseberg, Sachsenherzog Hermann Billung and Count Wichmann, Schweiger & Pick, 1973.

関連項目編集

先代:
オットー1世
ザクセン公
961年 - 973年
次代:
ベルンハルト1世