ヘルムート・マルコ

ヘルムート・マルコHelmut Marko1943年4月27日 - )は、オーストリア出身の元レーシングドライバー、実業家法学博士

ヘルムート・マルコ
Helmut Marko
Helmut Marko Austrian GP 2016 (cropped).jpg
レッドブル時代
2016年オーストリアグランプリ
基本情報
国籍  オーストリア
出身地 シュタイアーマルク州グラーツ
生年月日 (1943-04-27) 1943年4月27日(79歳)
F1での経歴
活動時期 1971-1972
所属チーム '71 マクラーレン
'71-'72 BRM
出走回数 10 (9スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1971年ドイツGP
最終戦 1972年フランスGP
テンプレートを表示

若き日はF1耐久レースの分野で活躍し、ル・マン24時間レースの優勝実績を持つ。引退後はモータースポーツ裏方の道へ進み、2000年代から母国のF1コンストラクター「レッドブル・レーシング」の顧問に就いている。

略歴編集

レーサーとしての経歴編集

 
若き日のマルコ(1970年)
 
カイマン・チーム時代の同僚たち(2009年、左からエリック・ブレインズベルク、ニキ・ラウダ、ヘルムート・マルコ、カート・バーグマン)

青少年時代から友人だった後のF1世界王者ヨッヘン・リントと共に、在学中からモータースポーツの世界に携わるようになる。

ポルシェ・ザルツブルクチームからフォーミュラ・Veeの分野でデビュー。1968年にはカイマン・チームに移籍し、オーストリア・チャンピオンに輝く。カイマンではニキ・ラウダと同僚でもあった。翌1969年にはF3にも参戦した。スポーツカーレースにも進出し、マルティーニ・レーシングから出場した1970年のル・マン24時間レースでは総合3位に入選。クラスでは1位を獲得している。

1971年8月15日にF1デビューを果たす[1]BRMのレギュラーシートを確保し、最終的に10戦のF1レースに参戦するも、選手権ポイントの獲得はならなかった。

 
マルコが駆った ル・マン24時間優勝車「ポルシェ917K」

耐久レースでは前年に引き続きル・マン24時間レースに参戦。マルティニ-ポルシェ・917Kを操りジィズ・ヴァン・レネップと組んで総合優勝を果たした。このレースで更新された走行距離記録の5335.313 kmは、2010年に破られるまで長らく保持された。

1972年タルガ・フローリオでは、安全上の懸念があるにも関わらず、数分の遅れを取り戻すため、ファステストラップを更新して追い上げたが、最終的には数秒差で敗れ2位となった。このとき、同5月21日にマルコがアルファロメオ・ティーポ 33で記録した33分41秒(平均128.253km/h)は、720kmのレース中のラップタイムとしてはタルガ・フローリオ史上最速記録である[2][3]

だが数週間後の7月2日、クレルモン・フェランで開催されたF1 1972年フランスグランプリで、縁石のないコーナーをカットした前車エマーソン・フィッティパルディのマシンが小石を跳ね上げ、これが後ろを走る彼のバイザーを突き抜けて目に当たった。失明こそ逃れたがレーシングに必要な視力は戻らず、その年でレーシングドライバーとしてのキャリアは終了した[4]

引退後編集

1967年に法学博士号を取得し弁護士の資格も持っていたので、レースキャリア終了後はグラーツ近郊に2つのホテルを開いた。その後ゲルハルト・ベルガーカール・ヴェンドリンガーのマネージャーとしてモータースポーツの世界に戻ってくると、F3F3000のチーム、RSMマルコの運営を開始した。1996年にはヨルグ・ミューラー国際F3000選手権でチャンピオンを獲得した。

そして、ドリンクメーカーのレッドブルが運営する若手ドライバー育成プログラム「レッドブル・ジュニアチーム」の責任者となり、セバスチャン・ベッテルらを育てた。2005年からF1のレッドブル・レーシングに参加し、(少なくとも)2008年以降はモータースポーツアドバイザーに就任している[5]

年度別成績編集

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 WDC ポイント
1971年 マクラーレンエキュリー・ボニエ M7C RSA ESP MON NED FRA GBR GER
DNS
NC 0
BRM P153 AUT
11
ITA
Ret
CAN
12
P160 USA
13
1972年 P153 ARG
10
RSA
14
ESP NC 0
P153B MON
8
BEL
10
P160B FRA
Ret
GBR GER AUT ITA CAN USA

ル・マン24時間編集

チーム No コ・ドライバー 車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
出典
1970年   マルティーニ・インターナショナル・レーシング・チーム 27   ルディ・リンス ポルシェ・908/02 LH P3.0 335 3位 1位 [6]
1971年 22   ジィズ・ヴァン・レネップ ポルシェ・917K S5.0 397 1位 1位 [7]
1972年   アウトデルタSpA 17   ヴィック・エルフォード アルファロメオ・ティーポ33TT3 S3.0 232 DNF DNF [8]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ F1デビューから50年、遂に母国の表彰台の頂点に立ったヘルムート・マルコ博士”. TopNews (2021年6月28日). 2021年6月29日閲覧。
  2. ^ Targa Florio (1906 - 1977)” (英語). 2008年6月30日閲覧。
  3. ^ 56^ TARGA FLORIO” (英語、イタリア語). 2008年6月30日閲覧。
  4. ^ “トップ10:オールドサーキット”. ESPN F1. (2010年6月10日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/19718.html 2011年9月23日閲覧。 
  5. ^ レッドブル、ミック・シューマッハのジュニアプログラム勧誘を除外”. F1-Gate.com (2018年12月15日). 2018年12月25日閲覧。
  6. ^ Le Mans Register - 1970”. F2 Register. 2015年7月25日閲覧。
  7. ^ Le Mans Register - 1971”. F2 Register. 2015年7月25日閲覧。
  8. ^ Le Mans Register - 1972”. F2 Register. 2015年7月25日閲覧。
タイトル
先代:
ハンス・ヘルマン
リチャード・アトウッド
ル・マン24時間優勝者
1971 with:
ジィズ・ヴァン・レネップ
次代:
アンリ・ペスカロロ
グラハム・ヒル