メインメニューを開く

ヘレーネ・ヴァイゲルHelene Weigel1900年5月12日 - 1971年5月7日)は、オーストリア出身のドイツ東ドイツ)の女優。劇作家ブレヒトの妻としても知られる。

ヘレーネ・ヴァイゲル
Helene Weigel
ヘレーネ・ヴァイゲル Helene Weigel
ブレヒトの『母』を演じるヴァイゲル(1967年)
生年月日 (1900-05-12) 1900年5月12日
没年月日 (1971-05-07) 1971年5月7日(70歳没)
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン
死没地 ベルリン
国籍  オーストリア
配偶者 ベルトルト・ブレヒト
テンプレートを表示

略歴編集

父親はユダヤ人弁護士で、ウィーンに生れる。

1919年、フランクフルトでデビュー。1923年ベルリン国立劇場でブレヒトと出会う。ナチス政権樹立と同時に夫妻で亡命、諸国を転々としたのち、1948年スイスへ落ち着く。

翌年、東ベルリンで劇団ベルリーナー・アンサンブルを創立して中心的女優となる。ブレヒトの作品に出演し、叙事詩演劇の確立に協力した。

代表的な舞台は『母』、『肝っ玉おっ母とその子供たち』であった。

外部リンク編集