メインメニューを開く

ヘンリー・クリストファー・ベイリー

H. C. ベイリー

ヘンリー・クリストファー・ベイリー(Henry Christopher Bailey , 1878年 - 1961年)は、イギリスの作家。

略伝編集

ロンドンに生まれる。オックスフォード大学に籍をおき、古典を学んでいる。在学中に"My Lady of Orange" という歴史小説を書いて、小説家で書誌学者のアンドリュー・ラングに認められ、イギリスとアメリカの両国で出版された。卒業とともにデイリー・テレグラフ紙に入社し、劇評を担当し、第1次世界大戦の時期は従軍記者になり、後にはリーダー・ライターとして認められる[1]

1914年頃から医者で探偵役もつとめるレジナルド・フォーチュンを主人公とする探偵小説のシリーズを書き始め、1920年には初めての短編集『フォーチュン氏を呼べ Call Mr.Fortune』が出版され、以来1948年まで長編・短編あわせ23冊もの人気シリーズとなった。欧米各国で広く愛読され、1950年代のイギリス探偵小説としてはセイヤーズクリスティークロフツフリーマンとともに五大家と評価されていた[2]

探偵小説編集

  • Call Mr Fortune (1920), short stories collection
  • Mr Fortune's Practice (1923), short stories collection
  • Mr Fortune's Trials (1925), short stories collection
  • Mr Fortune, Please (1928), short stories collection
  • Mr Fortune Speaking (1929), short stories collection
  • Garstons / The Garston Murder Case (1930; Clunk)
  • Mr Fortune Explains (1930), short stories collection
  • Case for Mr Fortune (1932), short stories collection
  • The Red Castle / The Red Castle Mystery (1932; Clunk)
  • The Man in the Cape (1933)
  • Mr Fortune Wonders (1933), short stories collection
  • Shadow on the Wall (1934; Fortune, cameo by Clunk)
  • Mr Fortune Objects (1935), short stories collection
  • The Sullen Sky Mystery (1935; Clunk)
  • A Clue for Mr Fortune (1936)
  • Black Land, White Land (1937; Fortune)
  • Clunk's Claimant / The Twittering Bird Mystery (1937; Clunk, cameo by Fortune)
  • This is Mr Fortune (1938), short stories collection
  • The Great Game (1939; Fortune, cameo by Clunk)
  • The Veron Mystery / Mr Clunk's Text (1939; Clunk, cameo by Fortune)
  • Mr Fortune Here (1940), short stories collection
  • The Bishop's Crime (1940; Fortune)
  • The Little Captain / Orphan Ann(1941; Clunk)
  • No Murder / The Apprehensive Dog (1942; Fortune)
  • Dead Man's Shoes / Nobody's Vineyard (1942; Clunk)
  • Mr Fortune Finds a Pig (1943; Fortune)
  • Slippery Ann / The Queen of Spades (1944; Clunk)
  • Dead Man's Effects / The Cat's Whisker (1945; Fortune)
  • The Wrong Man (1946; Clunk)
  • The Life Sentence (1946; Fortune)
  • Honour Among Thieves (1947; Clunk)
  • Saving a Rope / Save a Rope (1948; Fortune)
  • Shrouded Death (1950; Clunk)

邦訳編集

  • 永井淳・訳『フォーチュン氏の事件簿』(1977年、創元推理文庫)
  • 藤村裕美・訳『死者の靴』(2000年、創元推理文庫)
  • 文月なな・訳『フォーチュン氏を呼べ』(2006年、論創海外ミステリ)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中島河太郎『探偵小説辞典』講談社文庫、1998年、P.418。
  2. ^ 中島河太郎『探偵小説辞典』講談社文庫、1998年、P.419。