ヘンリー・サマセット (初代ボーフォート公)

初代ボーフォート公爵ヘンリー・サマセット(Henry Somerset, 1st Duke of Beaufort, KG, PC, 1629年 - 1700年1月21日)は、17世紀イングランドの貴族、政治家。ボーフォート家の庶流サマセット家の出身。第2代ウスター侯爵エドワード・サマセットとエリザベス・ドーマー夫妻の息子。

ヘンリー・サマセット
Henry Somerset
初代ボーフォート公
Henry Somerset, 1st Duke of Beaufort.jpg
在位 1682年 - 1700年

称号 第3代ウスター侯爵
出生 1629年
死去 1700年1月21日
配偶者 メアリー・カペル
子女 一覧参照
家名 サマセット家
父親 第2代ウスター侯爵エドワード・サマセット
母親 エリザベス・ドーマー
テンプレートを表示

生涯編集

1644年から1667年4月3日までハーバート卿を称し、1667年に父の後を継ぎ第3代ウスター侯爵として貴族院議員となった。

清教徒革命イングランド内戦)の頃から熱烈なステュアート朝支持者の王党派で、1644年に父とチャールズ1世の間でハーバート卿とチャールズ1世の娘エリザベスを結婚させる約束が交わされた時もあった。しかし1649年にチャールズ1世が処刑、イングランド共和国が成立すると苦難の時期を迎えたが、1660年王政復古を支持、庶民院議員の1人としてチャールズ2世を迎え入れた。以後もステュアート朝を支持してトーリー党の中心人物となり、1682年にはチャールズ2世によってに初代ボーフォート公爵に叙せられた[1]

チャールズ2世の弟ジェームズ2世にも忠誠を尽くし、1685年にチャールズ2世の庶子モンマス公爵ジェイムズ・スコット反乱を起こすとブリストルを押さえ、モンマス公の進路を妨害した。1688年名誉革命でもジェームズ2世支持を崩さず新国王ウィリアム3世に反対、有力貴族達が間に立ってウィリアム3世と和解したが、その時も使用人達には祝宴でウィリアム3世に忠誠を誓わせないなど、徹底的に反ウィリアム3世の姿勢を変えなかった。1700年に死去、孫のヘンリー・サマセットが第2代ボーフォート公となった[2]

家族編集

1657年8月17日にメアリー・カペルと結婚した。彼女は初代カペル・オブ・ハダム男爵アーサー・カペルの娘、初代エセックス伯アーサー・カペルの姉妹、ビーチャム卿ヘンリー・シーモアの未亡人である。2人は5男4女をもうけた。息子のうち3人は次のとおりである。

  • ヘンリー(夭折)
  • チャールズ英語版(1660年12月 - 1698年7月13日) - ウスター侯爵
  • アーサー(1661年頃 - ?)

娘のうち3人は次のとおりである

  • メアリー - 第2代オーモンド公爵ジェームズ・バトラーに2番目の妻として結婚し、1男2女の母となった。
  • ヘンリエッタ - 2度結婚した。1人目はイブラカン卿ヘンリー・ホレイショ・オブライエンで、第8代トモンド伯爵となる息子1人と3人の娘を儲けた。次いで第6代サフォーク伯ヘンリー・ハワードと再婚した。
  • アン(1673年 - 1763年) - 第2代コヴェントリー伯爵トーマス・コベントリーと結婚し、息子1人を儲けた。
  • 4番目の娘は名称不明、若くして亡くなったらしい。

チャールズがボーフォート公を継ぐ前に死んだため、孫でチャールズの息子ヘンリーが第2代ボーフォート公となった。

脚注編集

  1. ^ 森、P88 - P89、ガードナー、P321。
  2. ^ 森、P89、友清、P9 - P10。

参考文献編集

  • McClain, Molly (May 2007) [2004]. "Henry Somerset (1629–1700)". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/26009 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  • 森護 『英国の貴族 遅れてきた公爵大修館書店、1987年。
  • 友清理士『イギリス革命史(下)』研究社、2004年。
  • サミュエル・ローソン・ガードナー英語版著、小野雄一訳『大内乱史Ⅱ(上):ガーディナーのピューリタン革命史』三省堂書店、2018年。
イングランド議会 (en
先代:
不明
ウットン・バセット選挙区英語版選出庶民院議員(2席)
ジョン・プレイデルと共に選出

1660年
次代:
ジョン・プレイデル
ベイハム・スロックモートン卿
先代:
ジョン・ニコラス
ウィリアム・モーガン
モンマスシャー選挙区英語版選出庶民院議員(2席)
ウィリアム・モーガンと共に選出

1660年 - 1667年
次代:
ウィリアム・モーガン
初代准男爵サー・トレヴァー・ウィリアムズ卿
名誉職
空位 モンマスシャー、ヘレフォードシャーグロスターシャー州総督
1660年 - 1689年
次代:
マックルズフィールド伯
モンマスシャー首席治安判事
1660年 - 1689年
先代:
初代スクダモア子爵ジョン・スクダモア
ヘレフォードシャー首席治安判事
1671年 - 1689年
先代:
第2代カーベリー伯爵リチャード・ヴォーン
ウェールズ評議会総裁
ウェールズ総督

1672年 - 1689年
先代:
第2代フィッツァーディング子爵チャールズ・バークレー
サマセット首席治安判事
1668年 - 1672年
次代:
第4代サマセット公爵ジョン・シーモア
先代:
初代准男爵サー・トマス・ウィリアムズ
ブレックノックシャー首席治安判事
1679年 – 1689年
次代:
ローランド・グウィン卿
イングランドの爵位
新設 ボーフォート公爵
1682年 - 1700年
次代:
ヘンリー・サマセット
先代:
エドワード・サマセット
ウスター侯爵
1667年 - 1700年