ヘンリー・ハイド (第4代クラレンドン伯爵)

ヘンリー・ハイドから転送)

第4代クラレンドン伯爵および第2代ロチェスター伯爵ヘンリー・ハイド英語: Henry Hyde, 4th Earl of Clarendon and 2nd Earl of Rochester PC1672年6月 – 1753年12月10日)は、イギリスの貴族、政治家。1682年から1711年までハイド卿儀礼称号を使用した。

生涯編集

初代ロチェスター伯爵ローレンス・ハイドとヘンリエッタ・ボイル(初代バーリントン伯爵リチャード・ボイルの娘)の息子として、1672年6月に生まれた[1]。1683年から1687年までイートン・カレッジで教育を受けた後、1687年から1690年までイタリア、ドイツ、オランダを旅し[1]、1700年10月7日にオックスフォード大学よりDCL英語版の学位を授与された[2]

1692年11月15日から1711年5月2日までローンセストン選挙区英語版庶民院議員を務めた[1]トーリー党員であり、1696年にジャコバイト第3代準男爵ジョン・フェンウィック英語版の私権剥奪に反対、1710年にはヘンリー・サシェヴェレル英語版の弾劾に反対した[1]

1711年5月2日に父が死去すると、ロチェスター伯爵の爵位を継承、さらに1723年3月31日に第3代クラレンドン伯爵エドワード・ハイド英語版(ヘンリー・ハイドの伯父の孫にあたる)が死去すると、クラレンドン伯爵の爵位を継承した[3]。父からロチェスター伯爵を継承した以降、貴族院に移籍して引き続きトーリー党員としてふるまった[1]

1710年10月19日から1714年9月まで枢密顧問官を務め、1711年から1714年までコーンウォール知事英語版を務めた[3]

1719年、王立音楽アカデミー社英語版に出資した[4]

1751年1月にハイド男爵の爵位を息子ヘンリー英語版に譲ったが、ヘンリーが1753年4月26日に落馬事故で死去したため[5]、第4代クラレンドン伯爵はハイド男爵を再継承した[3]。同年12月10日、第4代クラレンドン伯爵が死去、後継者がいないため全ての爵位が断絶した[3]

家族編集

 
第4代クラレンドン伯爵の娘ジェーン

1692年3月8日、第4代準男爵ウィリアム・ルーソン=ゴア英語版の娘ジェーン英語版(1725年没)と結婚、下記の子女をもうけた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Hayton, D. W. (2002). "HYDE, Henry, Lord Hyde (1672-1753)". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年6月5日閲覧
  2. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Horrobin-Hyte. Alumni Oxonienses 1500-1714 (英語). Oxford: University of Oxford. pp. 748–784.
  3. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 268.
  4. ^ Milthous, Judith; Hume, Robert D (January 1986). "The Charter for the Royal Academy of Music". Music and Letters (英語). 67 (1): 51. doi:10.1093/ml/67.1.50
  5. ^ Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 269.

外部リンク編集

イングランド議会 (en
先代:
ウィリアム・ハーボード英語版
バーナード・グランヴィル
庶民院議員(ローンセストン選挙区英語版選出)
1692年 – 1707年
同職:バーナード・グランヴィル 1692年 – 1695年
ウィリアム・ケアリー 1695年 – 1707年
次代:
グレートブリテン議会
グレートブリテン議会英語版
先代:
イングランド議会
庶民院議員(ローンセストン選挙区英語版選出)
1707年 – 1711年
同職:ウィリアム・ケアリー 1707年 – 1710年
フランシス・スコベル 1710年 – 1711年
次代:
フランシス・スコベル
ジョージ・クラーク英語版
名誉職
先代:
ロチェスター伯爵
コーンウォール知事英語版
コーンウォール首席治安判事英語版

1711年 – 1714年
次代:
ラドノー伯爵英語版
先代:
ボリングブルック子爵
首席枢密顧問官英語版
1751年 – 1753年
次代:
サー・ジェームズ・ラウザー準男爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ローレンス・ハイド
ロチェスター伯爵
1711年 – 1753年
断絶
先代:
エドワード・ハイド英語版
クラレンドン伯爵
1723年 – 1753年
ハイド男爵
繰上勅書により)

1723年 – 1751年
次代:
ヘンリー・ハイド英語版
先代:
ヘンリー・ハイド英語版
ハイド男爵
1753年
断絶