ヘンリー・ハワード (第6代サフォーク伯爵)

第6代サフォーク伯爵ヘンリー・ハワード英語: Henry Howard, 6th Earl of Suffolk PC1670年1718年9月19日)は、イングランド貴族。1691年から1706年までウォールデン卿儀礼称号を使用した。

生涯編集

第5代サフォーク伯爵ヘンリー・ハワードと1人目の妻メアリー・ステュアートの長男として[1]ロンドンで生まれた[2]。1685年11月2日にケンブリッジ大学モードリン・カレッジに入学した[2]

1694年にアランデル選挙区英語版の補欠選挙で当選したが、選挙申立て英語版により2月22日に当選無効が宣言された[3]。その後、1695年から1698年までアランデル選挙区英語版の、1705年から1706年までエセックス選挙区英語版庶民院議員を務めた[2]

軍務伯は代々ノーフォーク公爵が務めたが、1706年時点の軍務伯第8代ノーフォーク公爵トマス・ハワードカトリックだったため[3]、慣例として副軍務伯にプロテスタントを任命することとなった。ヘンリー・ハワードの父にあたる第5代サフォーク伯爵ヘンリー・ハワードが副軍務伯の候補となったが、彼はすでに80歳近くと老齢だったため、代わりにその長男であるヘンリー・ハワードが任命された[3]。任命にあたって、1706年12月30日にビンドン伯爵およびチェスターフォード男爵に叙された[3]。1709年12月10日に父が死去するとサフォーク伯爵の爵位を継承した[1]。また、1708年6月26日に枢密顧問官に任命され[3]、1714年から1718年までエセックス統監英語版[2]、1715年から1718年まで商務委員会第一卿を務めた[3]

1718年9月19日にガンナーズベリー英語版で死去[3]、一人息子チャールズが爵位を継承した[1]

家族編集

1691年8月6日、オーベリー・アン・ペネロープ・オブライエン(Auberie Anne Penelope O'Brien、1703年12月2日没、第7代ソーモンド伯爵ヘンリー・オブライエン英語版の四女)と結婚、1男をもうけた[1]

1705年4月、ヘンリエッタ・サマセット英語版(1715年8月2日没、初代ボーフォート公爵ヘンリー・サマセットの娘)と再婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1938.
  2. ^ a b c d "Howard, Henry (HWRT685H)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ a b c d e f g Knights, Mark (2002). "HOWARD, Henry, Lord Walden (1670-1718)". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年5月13日閲覧
イングランド議会 (en
先代
ウィリアム・モーリー
ジェームズ・バトラー英語版
庶民院議員(アランデル選挙区英語版選出)
1694年
同職:ジェームズ・バトラー英語版
次代
ジェームズ・バトラー英語版
ジョン・クック
先代
ジェームズ・バトラー英語版
ジョン・クック
庶民院議員(アランデル選挙区英語版選出)
1695年 – 1698年
同職:エドマンド・ダマー英語版
次代
ジョン・クック
クリストファー・ナイト
先代
サー・チャールズ・バリントン準男爵英語版
フランシス・マシャム
庶民院議員(エセックス選挙区英語版選出)
1705年 – 1706年
同職:フランシス・マシャム
次代
フランシス・マシャム
トマス・ミドルトン
公職
先代
カーライル伯爵
軍務伯
1706年 – 1718年
次代
バークシャー伯爵
先代
ストラットンのバークリー男爵
商務委員会第一卿
1715年 – 1718年
次代
ホルダーネス伯爵
名誉職
先代
ボリングブルック子爵
エセックス統監英語版
1714年 – 1718年
次代
サフォーク伯爵
イングランドの爵位
先代
ヘンリー・ハワード
サフォーク伯爵
1709年 – 1718年
次代
チャールズ・ハワード
新設 ビンドン伯爵
1706年 – 1718年