ヘンリー・バーガー

ヘンリー・バーガー(HenryまたはHenri Berger 1844年8月4日 - 1929年10月14日)は、プロイセンカペルマイスター作曲家。1872年から1915年までハワイ王国で王立楽団の楽長を務めた。

ヘンリー・バーガー
Henri Berger
Henri Berger (vol. 1, 1917).jpg
1917年以前
基本情報
生誕 1844年8月4日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ベルリン
死没 (1929-10-14) 1929年10月14日(85歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ホノルル
ジャンル クラシック
職業 カペルマイスター作曲家

生涯編集

 
最前列がバーガー。後ろに並ぶ米国初の都市バンドであるロイヤル・ハワイアン・バンドの楽長を務めた。

ハインリヒ・アウグスト・ヴィルヘルム・ベルガーとしてベルリンに生まれた。ドイツの帝国軍楽隊の隊員となる。作曲家であり、王立バンドを率いたヨハン・シュトラウス2世の下で働いた。ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世が王の楽団を指揮するためとして、ポツダム基地からハワイ国王カメハメハ5世へ彼を貸し出したのがはじまりだった[1]普仏戦争への従軍を終えたばかりのバーガーは、1872年6月にホノルルへと到着した[2]。1877年に国王カラカウアロイヤル・ハワイアン・バンドの全権をバーガーに任せた。1879年にはハワイ王国へと帰化している。

バーガーは後の女王であり自ら作曲もたしなんだリリウオカラニと親交を育んだ。彼女が作曲した歌曲を編曲し、ブラスバンドで演奏した。女王はバーガーに「ハワイ音楽の父」という名前を与えている。1893年から1903年にかけてはカメハメハ・スクールとともに活動し、学校の音楽課程を創り上げた。また、今日のハワイ交響楽団の前身を設立したのもバーガーである。

数えきれないほどの公的な行事で政府のバンドを率いた。そうした中には船がホノルルの桟橋を離れる「スチーマー・デイ」があり、バンドは『オールド・ラング・サイン』や『The Girl I Left Behind Me』を演奏して旅立つ者たちを送り出すのであった[3]

後年、終身バンド指揮者となったバーガーは、ハワイの伝統的な讃美歌、聖歌やその他の音楽が失われないようにするために書き残して保存する役割を引き受けることになる。これはそれまでにはなされたことのない仕事だった。同時にクラシック音楽の作曲も手掛け、『The Hula March』、『Hilo March』、『Kohala March』、『Sweet Lei Lehua』を書いた。彼が編曲してカラカウアがカメハメハ王を記念して書いたテクストを付した『ハワイ・ポノイ』はハワイ王国の国歌となった[4]。この曲は今日でもハワイ州の州歌である。

バーガーはドイツ、オーストリア、そしてハワイの伝統と独特の作品の内に統合し、ロイヤル・ハワイアン・バンドで数えきれない回数の演奏行うことでハワイの音楽を多数の国々に知らしめ、人気を博すまでにしたのである。

 
カワイアハオ教会にあるバーガーの墓石。

バーガーはホノルルで永眠した。遺体はカワイアハオ教会の墓地に埋葬されている[5]

小説家のロバート・ルイス・スティーヴンソンは自作の小説『The Bottle Imp』の中でバーガーについて言及している[6]

バーガーの遺産は今日も生き続けている。世界中、とりわけハワイとドイツでは米国最古の都市バンドであるロイヤル・ハワイアン・バンドの生みの親として称賛されている。

出典編集

  1. ^ Bandmasters of the Royal Hawaiian Band”. Royal Hawaiian Band official web site. City and County of Honolulu (2008年3月28日). 2010年1月25日閲覧。
  2. ^ "Half a Century of Life." Hawaiian Gazette, August 7, 1894. A major profile of Berger commemorating his fiftieth birthday.
  3. ^ "Half a Century of Life." Hawaiian Gazette, August 7, 1894.
  4. ^ Rayson, Ann (2004). Modern History Of Hawaii. Bess Press. p. 201. ISBN 978-1-57306-209-1 
  5. ^ Mission Houses Cemetery, Honolulu, Hawaiʻi, Grave memorial of Henri Berger
  6. ^ 該当部分は次の引用の通り。人々が陽気に行き交い、音楽が流れる中でバーガーが指揮をしていた、といった内容。 The Bottle Imp: "Thither he went, because he feared to be alone; and there, among happy faces, walked to and fro, and heard the tunes go up and down, and saw Berger beat the measure, and all the while he heard the flames crackle, and saw the red fire burning in the bottomless pit."

参考文献編集

  • Patrick D. Hennessey: Henry Berger : from Prussian army musician to "Father of Hawaiian Music"; the life and legacy of Hawai'i's bandmaster, Tutzing : Schneider, 2013, 978-3-86296-056-9

外部リンク編集