メインメニューを開く

ヘンリー・アガード・ウォレスHenry Agard Wallace, 1888年10月7日1965年11月18日)は、33代アメリカ合衆国副大統領(1941年から45年)。アメリカ合衆国農務長官(1933年から40年)・アメリカ合衆国商務長官(1945年から46年)。1948年の大統領選挙に二大政党の指名を受けず立候補した。

ヘンリー・A・ウォレス
Henry Agard Wallace
Henry-A.-Wallace-Townsend.jpeg

任期 1941年1月20日1945年1月20日

出生 1888年10月7日
アイオワ州オリエント
死去 1965年11月18日
コネチカット州ダンベリー
政党 民主党
配偶者 アイロ・ウォレス

目次

略歴編集

アイオワ州アデール郡オリエントの近くの農場に生まれる。1910年にエームズのアイオワ州立大学を卒業し、1910年から1924年までデモインで『Wallace's Farmer』紙の編集部に勤務した。また1924年から1929年まで同紙の出版者であった。彼はトウモロコシの高収量品種の実験を行い、農業に関する著書を多数出版した。1915年には市場における第一の品種となるトウモロコシを考案し、彼が設立した会社は現在パイオニア・ハイブレッドとして知られ、アメリカに於いて最も高収益を誇る企業の一つである。

1933年にウォレスはフランクリン・ルーズベルト大統領によって農務長官に指名された。彼は共和党に所属していたが、ルーズベルトのニューディール政策を支持し民主党に入党した。ウォレスは1940年9月まで農務長官を務め、副大統領の指名を受け農務長官を辞任した。彼は1940年11月にフランクリン・ルーズベルト大統領の伴走候補者に選出され、1941年1月20日から1945年1月20日まで副大統領職を務めた。

 
ウォレスの肖像画

ウォレスは副大統領としては異例の要職を任されるなどルーズベルトに信頼されたが、革新的な施策や言動が党内保守派の反感を買う。1944年の四選出馬に際してはルーズベルトは党大会に宛てて「私が党員ならウォレスに投票する」とするメモを発表したが、副大統領候補に指名はしなかった。ウォレスは世論調査で副大統領候補者として65%の支持を得たものの(バーンズは3%、トルーマンは2%)党内保守派はルーズベルトの健康状態(=ウォレスの大統領昇格)を懸念し、党大会ではウォレスの指名直前に党大会を一時中断(大多数の党員が大会中断の議決に反対したが、賛成と議決された)、大量の候補者擁立による票の分断、政権ポスト提供等の裏工作による票集め、果ては警官隊を用いてウォレス派党員の議場入場(投票)を阻止するなどし、3回目の投票でミズーリ州選出の上院議員ハリー・トルーマンを副大統領候補に決した。[1]ただしルーズベルトはウォレスを商務長官にすることで報いている。ウォレスは同職を1945年3月から1946年9月まで務めた。

 
1937年撮影
 
1940年頃撮影

1948年大統領選挙に、新規結成した進歩党から出馬し、一般投票で2.4%の票を得ている。 彼自身の立場は共産主義とは異なるが、戦後反共運動への同調は拒む容共だった。

エピソード編集

1944年6月20日蒋介石との会談のために重慶を極秘訪問(この時期、国共合作が一時崩壊の危機に瀕し、その様子見のために送り込まれた)した際、支那派遣軍総司令部が中国側無電の解読によりその情報を得たため、第5航空軍司令官下山琢磨中将が、漢口の独立飛行第18中隊、同第55中隊(一〇〇式司令部偵察機)にウォレスの搭乗機を撃墜することを命じたが、細かいスケジュールが不明の上、中国空域の広大さから遂に搭乗機の捕捉に失敗した[2]

脚注編集

  1. ^ ^ Richard C. Bain & Judith H. Parris, Convention Decisions and Voting Records (Washington DC: The Brookings Institution, 1973), pp. 266-267
  2. ^ 木俣滋郎『陸軍航空隊全史:その誕生から終焉まで』〈光人社NF文庫 きN-802〉潮書房光人社、2013年、147-148頁。

外部リンク編集