ヘンリー・F・リピット

ヘンリー・フレデリック・リピット(Henry Frederick Lippitt、1856年10月12日 - 1933年12月28日)は、アメリカ合衆国の政治家。

ヘンリー・F・リピット
Henry F. Lippitt RI Senator.jpg
アメリカ合衆国上院議員
ロードアイランド州選出
任期
1911年3月4日 – 1917年3月4日
前任者 ネルソン・オルドリッチ
後任者 ピーター・G・ジェリー
個人情報
政党 共和党

ロードアイランド州プロビデンスで生まれる。私立学校に通い、1878年にブラウン大学を卒業し、綿繊維製造業に従事した。

ポータケットのSlater Trust Company やいくつかの工場保険会社の理事、プロビデンスの貯蓄銀行副頭取であった。

1888年から1889年まで、大佐としてロードアイランド州知事のスタッフ、後にニューイングランド綿工業協会(現国立繊維協会)会長を務めた。

共和党に所属し、ロードアイランド州から合衆国上院議員(1917年3月4日 - 1911年3月4日)に選出された。1916年に再選を目指したが、落選した。議員時代、農務省(第62議会)で歳出委員会委員長を務めた。

引退後、再び繊維産業に積極的に関わり、ポータケットの Manville-Jenckes tire fabric company の取締役会会長を務めた。

Squantum Association、Hope Club の会員であった。 1892年、アメリカ革命の息子達ロードアイランド州支部に参加した。

プロビデンスで死去し、スワンポイント墓地に埋葬された。

家族編集

ヘンリー・リピット、兄チャールズ・リピットともに政治家で、ジョン・チェイフィーの大叔父、リンカーン・チェイフィーの曾祖叔父にあたる。4人ともロードアイランド州知事を務めた。

1881年、ロードアイランド州の繊維製造業で有名なボウエン家のメアリー・ルイーズ・ボウエン(1859年12月19日 - 1910年11月30日)と結婚し、ジョン・ボーエン・リピット(1902年生)という息子がいた。

メアリーの死後の1915年、前ファースト・レディヘレン・ヘロン・タフトの姉妹ルーシー・ヘロン・ラフリン(1877年11月8日 - 1961年7月27日)と再婚した。フレデリック・リピットとメアリー・アン・リピットの2人の子供がいた。

参考文献編集

  • United States Congress. "ヘンリー・F・リピット (id: L000343)". Biographical Directory of the United States Congress (英語).