ヘーヒシュタット・アン・デア・アイシュ

紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Höchstadt an der Aisch.svg Lage des Landkreises Erlangen-Höchstadt in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ミッテルフランケン行政管区
郡: エアランゲン=ヘーヒシュタット郡
緯度経度: 北緯49度42分17秒 東経10度48分21秒 / 北緯49.70472度 東経10.80583度 / 49.70472; 10.80583座標: 北緯49度42分17秒 東経10度48分21秒 / 北緯49.70472度 東経10.80583度 / 49.70472; 10.80583
標高: 海抜 295 m
面積: 70.87 km2
人口:

13,579人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 192 人/km2
郵便番号: 91315
市外局番: 09193
ナンバープレート: ERH, HÖS
自治体コード:

09 5 72 135

行政庁舎の住所: Marktplatz 5
91315 Höchstadt a.d.Aisch
ウェブサイト: www.hoechstadt.de
首長: ゲーラルト・ブレーム (Gerald Brehm)
郡内の位置
Höchstadt an der Aisch in ERH.svg
地図

ヘーヒシュタット・アン・デア・アイシュドイツ語: Höchstadt an der Aisch、公式表記は Höchstadt a.d.Aisch)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州ミッテルフランケンエアランゲン=ヘーヒシュタット郡に属す郡所属市。

地理編集

位置編集

このかつての郡庁所在都市は、シュタイガーヴァルトの周縁部、エアランゲンバンベルクの間に位置する。

市の構成編集

本市は、公式には25の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • アイラースバッハ
  • ビーンガルテン
  • ベーゼンベヒホーフェン
  • エッツェルスキルヒェン
  • フェルトシュヴィント
  • グライエンドルフ
  • グロイト
  • グロースノイゼス
  • ヘーヒシュテット・アン・デア・アイシュ
  • ユンゲンホーフェン
  • キーフェルンドルフ
  • ラッパハ
  • メーヒェルヴィント
  • メトバッハ
  • ナッケンドルフ
  • ザルテンドルフ
  • シュヴァルツェンバッハ
  • シュテルパースドルフ
  • ツェントベヒホーフェン

歴史編集

この都市は、前史時代から知られたアイシュ川の渡渉地にその起源を持つ。 1003年にヘーヒシュタットは、シュヴァインフルト伯エッツィロからフルダ修道院への寄進物として初めて文献で言及される。

1300年頃、ヘーヒシュタットは都市権を獲得した。その後、市を取り囲んでいた防御柵は、最後には三重の環状の市壁へと発展した。渡河施設として、14世紀終わりに石橋が建設され、今日まで保存されている。このアイシュ川に架かる石橋は、1391年に初めて記録が残されている。

三十年戦争中の1633年、ヘーヒシュタットは、スウェーデン軍によって完全に破壊され、後に復興した。

行政編集

議会編集

ヘーヒシュタットの議会は、市長を含む25名からなる。

紋章編集

図柄: 銀地に赤い胸壁。斜めになった盾がつけられておりその図柄は銀地に赤い釣り針。壁の上に胸壁状の頂部を持つ円塔。塔の基部には金色の上部が丸くなった開口部があり、そこから銀の斜め帯付きの赤い爪を持つ黒い獅子が見える。

友好都市編集

郷土料理編集

ヘーヒシュタット周辺には多くの池があり、養殖業が盛んに営まれている。ここで養殖されたコイは、広く知られている。普通は、焼き魚や、「ブラウ」と呼ばれる煮魚料理にして供される。

経済と社会資本編集

地元の企業編集

ヘーヒシュタットにある重要な工業企業は、INA-Schaeffler KGの分工場である。INA-Schaeffler KGは、ベアリング製造においては世界的なリーディングカンパニーの一つである。ヘーヒシュタット工場では総数1,300人の従業員が働いている。1952年のこの会社は従業員わずか14人であった。

19世紀の終わりにこの地に根付いた産業も、現在では次第にその重要性を失っていった。Fortuna-Manz-Schuhfabrikは、2004年に隣接する自治体に移転してしまった。工場の建物は、工業の記念建造物として保存されている。今ではその周りをサービス業の施設や店舗(大きなコンサートホール、青年会議所、図書館、カフェ、自転車ホテルやレストラン)が取り囲んでいる。

人物編集

出身者編集

見所編集

小さいながら美しく歴史のある旧市街には多くの絵になる風景や見所が点在している。たとえば、カトリック教会、泉とラートハウスのあるマルクト広場、シュピックス記念碑、郷土・シュピックス博物館、バロック様式の城、旧アイシュ橋、市塔、市立公園エンゲルガルテンのある美しいアイシュ川、歴史的な市壁、ヨーロッパ最大の地下室のネットワークをもつケラーベルクなどである。

文化編集

毎年アイシュ川沿いの草地で(2005年と2006年を除く)行われる、カルチャー週間、カルチャーナイト、あるいはヤング&フリーは、ドイツ最大の学生の祭典で(2003年には4万人の学生が参加した)、ヘーヒシュタットで発展してきた。

その他編集

  • ヘーヒシュタットのアイシュ川は、ドイツで最後に発見されたUtricularia bremiiヒメタヌキモの仲間)の生息地である。

引用編集