ベアトリス・ド・マコン (1030年以降没)

ベアトリス・ド・マコンBéatrice de Mâcon,? - 1130年以降)は、中世フランスの貴族の女性。マコン伯オーブリー2世の娘。長子オーブリー1世の出生年からおそらく968年前後以降に生まれたとされる。

ベアトリス・ド・マコン
Béatrice de Mâcon
配偶者 ガティネ伯ジョフロワ1世
ユーグ・デュ・ペルシュ
子女 ガティネ伯ジョフロワ1世の子
オーブリー1世ル・トル
ジョフロワ
名前不明の娘
ユーグ・デュ・ペルシュの子
ジョフロワ2世フェレオル
レトー
称号 ガティネ伯妃
家名 マコン伯家
父親 マコン伯オーブリー2世
死亡 1130年以降
テンプレートを表示

ベアトリスの実母は知られておらず、年代順の理由から、オーブリー2世妃として唯一エルマントルド・ド・ルシーの存在が確認できるが、実の母子である可能性は低い。

ベアトリスは、おそらくオーブリー2世と初婚の妻との間に生まれた可能性が高いとされている。

ベアトリスの名は、家族のヴェルマンドワ家ロベール家共通の女性名であり、彼女の母親はこれら2家系のいずれかが出身の女性と考えられる。

975年前後、ベアトリスは初婚でヴェクサンガティネ伯ジョフロワ1世と結婚したとされ、嫡男をもうけている。

  • オーブリー1世ル・トル - (le Tors,撚曲伯,985年頃 - 1030年頃)父ジョフロワ1世の死後、ガティネ伯位を相続した叔父ゴーティエより成人後に伯位を継承。結婚した記録は残っているが、子女の存在は不明。

他、以下2人の子女がいたとされる。

  • ジョフロワ - (980年頃 - 997年)セティパニ(英語版)によれば、997年にアボン司教から教皇グレゴリウス5世に宛てた手紙の内容で存在が確認された。
  • 名前不明の娘 - 後のマコン伯ギー1世(またはウィド)妃。夫ギーは彼女の祖父オーブリー2世未亡人エルマントルド・ド・ルシーと再婚相手ブルゴーニュ伯オット=ギヨームの息子である。オーブリー2世は妻エルマントルドとの間に男子をもうけない内に死去し、マコン伯領統治権はエルマントルドと後夫オット=ギヨームに渡り、後に2人の息子のギーが相続したとされる。

最初の夫ジョフロワ1世は992年~997の間に死去した。未亡人となったベアトリスはその後、一説ではエドゥアール・ド・サンファルからヴェクサンヴァロワアミアン伯ゴーティエ1世フランス語版との再婚を提案されたとされるが、文書によるとこの説は信憑性が低い。

その後996年1003年の間にベアトリスはユーグ・デュ・ペルシュと再婚した。

ベアトリスは1030年以降に死去したとされる。

出典編集

Onomastique et Parenté dans l'Occident médiéval, Oxford, Linacre College, Unit for Prosopographical Research, coll. « Prosopographica et Genealogica / 3 », 2000, 310 p. (ISBN 1-900934-01-9) :

  • Édouard de Saint Phalle, « Les comtes de Gâtinais aux Xe et XIe siècle »
  • Christian Settipani, « Les vicomtes de Châteaudun et leurs alliés »