ベアトリーチェ・デステ

ベアトリーチェ・デステ(Beatrice d'Este, 1475年6月29日 - 1497年1月2日)は、ミラノルドヴィーコ・スフォルツァの妃。イタリアルネッサンス期を代表する女性として知られている。フェッラーラ公エルコレ1世・デステの娘で、イザベラ・デステの妹、アルフォンソ・デステの姉にあたる。

ベアトリーチェ・デステ
Beatrice d'Este
ミラノ公
Ambrogio de Predis - Ritratto di una dama.jpg
在位 1494年 - 1497年

出生 (1475-06-29) 1475年6月29日
死去 (1497-01-02) 1497年1月2日(21歳没)
配偶者 ミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァ
子女 マッシミリアーノ
フランチェスコ2世
家名 エステ家
父親 フェッラーラ公エルコレ1世・デステ
母親 エレオノーラ・ダラゴーナ
テンプレートを表示
ベアトリーチェとルドヴィーコの慰霊碑

生涯編集

15歳で、バーリ公ルドヴィーコ・スフォルツァと婚約し、1491年1月に結婚した。ベアトリーチェとルドヴィーコの結婚と同時に、ベアトリーチェの弟アルフォンソとジャン・ガレアッツォ・スフォルツァの妹アンナとの結婚式も行われた。

彼女はきちんとした教育を受け、ニッコロ・ダ・ゴッレジョベルナルド・カスティリョーネドナト・ブラマンテレオナルド・ダ・ヴィンチジョヴァンニ・アントニオ・アマデーオといった学者・詩人・芸術家らを要するきらびやかな宮廷の中にいた。ダ・ヴィンチは結婚の祝いとして、彼女の肖像画を贈っている。1492年には、夫のため大使としてヴェネツィアへ赴いた。ジャン・ガレアッツォ・スフォルツァが死ぬと、ルドヴィーコの公位継承をめぐりフォルノヴォの戦い(1495年)が起こるが、フランスシャルル8世と公の間にヴェルチェッリの和議が結ばれ、この出来事に貢献したベアトリーチェは政治的な才能を見せた。

1497年1月、第3子となる三男を死産したのち、死去した。

子女編集