ベア・ナックル』は、1991年8月にメガドライブで発売されたセガベルトスクロールアクションゲーム、およびそのシリーズの名称である。タイトルの「ベアナックル」は、素手で戦うことを指すボクシング用語ベアナックル・ボクシングから来ている。

本シリーズは、『ファイナルファイト』(カプコン)と類似したシステムのベルトスクロールアクションゲームであり、2020年までに4作が発売された。

第一作の音楽は古代祐三が制作しており、『II』と『III』は川島基宏との共作である(古代の担当曲は『II』は全20曲中17曲、『III』は全27曲中16曲である)[1]

日本国外では "Streets of Rage"(ストリーツ・オブ・レイジ)のタイトルで販売された。これはのちにメガCD用ソフト『セガクラシック アーケードコレクション』の収録作品の1つとして、『I』のみ逆輸入されている。

古代祐三のサウンドワークは評価が高く[2]、各作品の発売と同時期に、アルファレコードよりサウンドトラックCDが発売された。また、2007年8月10日5pb.から発売されたCD『古代祐三 BEST COLLECTION Vol.2』には、本シリーズ3作品と『ザ・スーパー忍』の音楽がまとめて収録されている。5pb.版CDには『I』のアルファレコード版CDにあったアレンジ曲は入っていないが、その代わり『III』のアルファレコード版CDで未収録だった曲が入っている。

セガにおけるシリーズ展開は『III』で一区切りとなったが、『III』の発売から26年後の2020年4月30日、同作の10年後を描いた『ベア・ナックルIV』が発売された[3]

また、『IV』発売までの間、このシリーズに影響を受けた世代による続編的なアプローチの作品がセガ以外のメーカーで、いくつか試みられている(詳細は#続編の構想を参照)。

ベア・ナックル 怒りの鉄拳編集

ベア・ナックル 怒りの鉄拳
ジャンル ベルトスクロールアクション
対応機種 メガドライブ (MD)
開発元 セガ第6AM研究開発部
発売元 セガ
デザイナー 大場規勝
ちのひろあき
プログラマー 百田浩司
LITTLE SUN
音楽 古代祐三
美術 清宮敦嗣
福田ひろみ
NANDEMO
UDI
シリーズ ベア・ナックルシリーズ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 4メガビットロムカセット[4]
発売日   199108021991年8月2日
  199109181991年9月18日
  1991101991年10月
対象年齢   CEROB(12才以上対象)
  ESRBE10+(10歳以上)
  PEGI12
コンテンツ
アイコン
  暴力
  Violence
  Violence
その他 型式:  G-4050
  1019
  1019
テンプレートを表示

ベア・ナックル 怒りの鉄拳』(ベア・ナックル いかりのてっけん)は、1991年8月2日に日本のセガから発売されたメガドライブベルトスクロールアクションゲーム

同社の『ベア・ナックルシリーズ』の第1作目。元・警官の3人がシンジケートに立ち向かい、街に平和を取り戻すために戦う。同社のアーケードゲーム『ゴールデンアックス』(1989年)のシステムを土台にしつつ、カプコンから稼働されたアーケードゲーム『ファイナルファイト』(1989年)のエッセンスを加えたものとなっている。

1992年ゲームギアに移植された他、1993年には欧州にてセガ・マスターシステムに移植された。オムニバスソフトとしては、メガCD用ソフト『セガクラシック アーケードコレクション』(1992年)、PlayStation 2およびゲームキューブ用ソフト『ソニック ジェムズ コレクション』(2005年)、PlayStation 3およびXbox 360用ソフト『ソニック アルティメット ジェネシスコレクション』(2009年)などに収録された。メガドライブ版は2007年Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された他、2008年携帯電話ゲームとしてiアプリにて、2009年にiOS用ソフトとして、2013年にはニンテンドー3DS用ソフト『3Dベア・ナックル 怒りの鉄拳』として配信された。

ゲーム内容編集

能力が異なる3人の主人公からプレイヤーキャラクターを選び、群がる敵を倒しながら進んでいく。使用するボタンは3つで、それぞれジャンプ、攻撃、スペシャル攻撃に割り当てられている。

『ゴールデンアックス』との大きな違いとして、ダッシュおよびダッシュ攻撃が削除された点と敵を掴んだ状態(掴み状態)から繰り出せる技が増えている点が挙げられる(ダッシュは『III』、ダッシュ攻撃は『II』で復活)。これにより、ダッシュ攻撃が重要だった『ゴールデンアックス』から一変し、近距離での肉弾戦が攻略上大きなウェイトを占めるようになった。掴み状態のときは膝蹴りや投げ技を出す以外に、ジャンプボタンで敵の後方に回ることもできる。後方に回ると、通常時とは異なる投げ技を繰り出すことが可能。また、敵に後ろから掴まれて羽交い絞めにされたときは、ジャンプボタンで反動をつけたのち攻撃ボタンを押すことで、逆に敵を投げ返せるという仕掛けもある。

スペシャル攻撃は『ゴールデンアックス』の魔法に近いもので、主人公のかつての同僚である警官を呼び出し、ナパーム弾またはロケットランチャーによる援護射撃で画面内の敵すべてに大ダメージを与えられる。これは原則として1ラウンドにつき1回のみで、ラウンド8では使えないという制約があるが、それ以外のラウンドなら船上や工場内でさえ使用可能。

ジャンプボタンと攻撃ボタンを同時に押すと『ゴールデンアックス』と同様に背後攻撃が可能。この技は判定が強く、一部のボス戦ではわざと敵に背中を向け、近寄ってきた敵をこれで迎撃する戦法が有効となる。

2人プレイ時、相手プレイヤーを掴んで投げることで「合体攻撃」が発動する。ただし、『II』ではこのアクションは削除された。またシリーズで唯一、2人プレイ時ではボスキャラクターが二体登場する。

開発編集

開発はセガ第6AM研究開発部が行い、ゲーム・デザインはメガドライブ用ソフト『ザ・スーパー忍』(1989年)を手掛けた大場規勝とメガドライブ用ソフト『ESWAT』(1990年)を手掛けたちのひろあき、プログラムはメガドライブ用ソフト『北斗の拳 新世紀末救世主伝説』(1989年)を手掛けた百田浩司、音楽は『ザ・スーパー忍』を手掛けた古代祐三が担当している。

音楽編集

古代はレッドブルとのインタビューの中で、本作での楽曲制作において初めて海外の市場を意識したと話している[5]

本作のプラットフォームであるメガドライブは日本よりも欧米で売れており、これらの国や地域ではセガの音楽で多く見られたフュージョン系の音楽よりも、クラブミュージックの人気が高かった[5]

日本においてクラブミュージックはあまり一般的ではなかったものの、古代は将来この音楽が日本でも流行するだろうと考え、海外での音楽の流行に合わせ、本作の音楽にクラブミュージックを取り入れた[5]

本作のオープニングトラックは開発初期の段階で作られたものであり、ソウル・II・ソウルエニグマの影響を受けていると古代はレッドブルとのインタビューの中で話している[5]

一方で、古代は楽曲制作に当たり繰り返し遊ぶというゲームの性質を踏まえる必要があったほか、FM音源のサウンドも自分でプログラミングする必要があったため、本作の楽曲はMTVで流れている音楽とは少し違うユニークなものになったのだろうとレッドブルとのインタビューの中で推測している[5]

セガ側からは楽曲の指定はなかったものの、当時のコンシューマー部門の部長が古代の音楽を気に入り、採用した[5]

キャラクター編集

プレイヤーキャラクター編集

各キャラクターの能力はパワー、ジャンプ力、スピードの3項目で表される。

アクセル・ストーン(AXEL STONE)
パワーA、ジャンプ力B、スピードA
全シリーズ通しての主人公で、マーシャルアーツの使い手。ジャンプ攻撃のリーチが短いことを除けば大きな欠点はなく、扱いやすいキャラクターである。金髪に青いバンダナ、白いシャツにジーンズという服装で、趣味は「ビデオゲーム」。
ブレイズ・フィールディング(BLAZE FIELDING)
パワーB、ジャンプ力A、スピードA
全シリーズ通してのヒロイン。柔道の達人。本作では頭にバンダナを巻き、袖のあるジャケットを着ている。趣味は「ランバダ[6]
アダム・ハンター(ADAM HUNTER)
パワーA、ジャンプ力A、スピードB
ボクサータイプの黒人。コンボではアッパーで敵を空中にあげたところを蹴りとばして、後ろの敵ごとなぎたおせる。趣味は「盆栽」。

敵キャラクター編集

ガルシア(GARCIA)
普段は単にパンチで殴るが、時々ナイフなどの武器を使用する雑魚。
Y.シグナル(Y.SIGNAL)
スライディングと投げを使う雑魚。
ノーラ(NORA)
ボンデージ衣装を着用した女雑魚。鞭を持って攻撃する。
白鷹(はくよう、HAKUYO)
少林寺拳法を習得した雑魚。蹴り技を得意とし、ジャンプ力が高い。
ジャック(JACK)
普段は松明や小さな斧をジャグリングしている大柄な体格の雑魚。時には斧や松明を投げることがある。
アントニオ(ANTONIO)
ラウンド1のボス。ブーメランを持っているイタリア系の男。時々ブーメランを投げてくる。
サウザー(SOUTHER)
ラウンド2のボス。両手にカギ爪を装備している男。こちらの攻撃にすばやく反応し、反撃してくることが多い。ゲームギア版には登場しない。
アバデデ(ABADEDE)
ラウンド3のボス。顔にメイクをしたプロレスラー。ラリアット攻撃が得意。ゲームギア版には登場しない。
ボンゴ(BONGO)
ラウンド4のボス。中国系の太った大男。口から火を噴きながら突進してくる。投げようとすると逆にこちらがつぶされてしまう。
鬼姫&夜叉(ONIHIME&YASHA、海外版ではMONA&LISA)
ラウンド5のボス。日系人の女性2人組。本作では風貌がブレイズの色違い。素早い動きで回し蹴りなどを仕掛けてくる。
Mr.X
シンジケートのボス、および本作の最終ボス。サブマシンガンで攻撃してくる。なお、2人でプレイしていて、このボスとの決戦の前に特定の条件を満たした上で倒すとバッドエンディングを見る事ができる。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1   Streets of Rage
  ベア・ナックル 怒りの鉄拳
  Streets of Rage
  199210181992年10月18日
  199211271992年11月27日
  199212311992年12月31日
ゲームギア エインシャント セガ 2メガビットロムカセット[7]   2417
  G-3313
  2417-50
2 セガクラシック アーケードコレクション   199210151992年10月15日
  1992年
  199304231993年4月23日
メガCD セガ セガ CD-ROM   T-4127
  4127
  G-6012
3 Streets of Rage   199306071993年6月7日
セガ・マスターシステム エインシャント セガ ロムカセット 9019
4 ソニック ジェムズ コレクション   200508112005年8月11日
PlayStation 2
ゲームキューブ
ソニックチーム セガ DVD-ROM PS2:SLPM-66074
GC:DOL-G2XJ-JPN
メガドライブ版の移植、日本版のみ収録
5   Streets of Rage
  ベア・ナックル 怒りの鉄拳
  Streets of Rage
  200702192007年2月19日
  200702272007年2月27日
  200703022007年3月2日
Wii セガ セガ ダウンロード
バーチャルコンソール
  AGB-P-A3PE
  AGB-P-A3PP
日本では2019年1月31日配信終了
6 ベアナックル モバイル   2008年9月25日[8]
FOMA703i/903iシリーズ以降
iアプリ
セガ セガ ダウンロード
(ぷよぷよ! セガ)
- メガドライブ版の移植
7 ソニック アルティメット ジェネシスコレクション   200902102009年2月10日
  200902202009年2月20日
  200902202009年2月20日
PlayStation 3
Xbox 360
Backbone セガ BD-ROM
DVD-ROM
PS3:  BLUS-30259
  BLES-00475
X36:  68034
  384-40210
メガドライブ版の移植
8   Streets of Rage
  Streets of Rage
  ベア・ナックル
  200907142009年7月14日
  200907142009年7月14日
  2009年8月19日[9][10]
iPhoneiPod Touch
(iOS)
セガ セガ ダウンロード   320540355
9 ベアナックル モバイル   2010年1月7日[11][12]
Windows Mobile セガ セガ ダウンロード
(Windows Marketplace for Mobile)
- メガドライブ版の移植
10 Streets of Rage   201101262011年1月26日
  201101262011年1月26日
Windows セガ セガ ダウンロード
(Steam)
71164
11 Sega Mega Drive Classics Collection Vol.4   201102042011年2月4日
Windows セガ セガ CD-ROM - メガドライブ版の移植
12   Sega Genesis Classic Collection - Gold Edition
  Sega Mega Drive Classic Collection - Gold Edition
  201103152011年3月15日
  201103182011年3月18日
Windows セガ セガ DVD-ROM -
13   SEGA Genesis Classics Collection
  Sega Mega Drive Classic Collection
  201103252011年3月25日
  201103252011年3月25日
Windows セガ セガ ダウンロード
(Steam)
- メガドライブ版の移植
14   ベア・ナックルコレクション
  Sega Vintage Collection - Streets of Rage
  Sega Vintage Collection - Streets of Rage
INT 2012年5月30日[13][14][15][16]
Xbox360
(Xbox Live Arcade)
セガ セガ ダウンロード - メガドライブ版の移植
15   3Dベア・ナックル 怒りの鉄拳
  3D Streets of Rage
  3D Streets of Rage
  2013年8月21日[17][18][19][20][21]
  201312192013年12月19日
  201312192013年12月19日
ニンテンドー3DS セガ セガ ダウンロード
セガ3D復刻プロジェクト
  CTR-JRAJ-JPN
  CTR-JRAE-USA
  CTR-JRAP-EUR
16 Streets of Rage INT 201712062017年12月6日
Android セガ セガ ダウンロード
(Google Play)
- メガドライブ版の移植
17 Streets of Rage INT 201805292018年5月29日
Linux
Macintosh
d3t
セガ
セガ ダウンロード
(Steam)
- メガドライブ版の移植
セガ・マスターシステム版
海外のみで発売、1人プレイ専用。プレイヤーキャラクターはメガドライブ版と同様の3人が使用可。2ボタンしかないため、スペシャル攻撃は一旦ポーズをかけて使用する。
ゲームギア版
対戦ケーブルを使用することで2人同時プレイができる。プレイヤーキャラクターではアダムが削られアクセルとブレイズのみとなり、またスペシャル攻撃も削除されている。
iモード/Windows Mobile版
ベアナックルを携帯電話向けにフルアレンジした製品。グラフィックが一新され『II』に近いグラフィックになっている他、片手操作でもプレイできるように調整されている。
Xbox 360版
ベア・ナックルコレクションに収録。
ニンテンドー3DS版
2013年8月21日よりダウンロード専売ソフトとして配信中。セガの「3D復刻プロジェクト」第8弾タイトルでもあり、裸眼立体視に対応しているほか、3DS版オリジナルプレイスタイル「一撃必殺モード」や「途中セーブ」機能などが搭載されている。なお、2台の3DSにそれぞれ本作をインストールしている場合、ワイヤレス通信を使った2人同時プレイも可能[22]
2014年12月18日発売された『セガ3D復刻アーカイブス』にも収録。

スタッフ編集

  • ゲーム・デザイン:THERE IS "NO" ACCOUNTING FOR TASTES.(大場規勝)、TINON(ちのひろあき)
  • プログラマー:MOMONGA MOMO(百田浩司)、LITTLE SUN
  • デザイン:ATSUMIYA SEISHI(清宮敦嗣)、RASCAL FUKU-CHAN(福田ひろみ)、NANDEMO、UDI
  • 音楽:古代祐三
  • サウンド・アシスト:T.N(中村隆之)
  • スペシャル・サンクス:BO(上保徳彦)、KOTTU、YAMAICHI(やまもとけいいち)、ORE、THUNDER、SCOTT

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
オールゲーム      (MD)[23]
      (GG)[24]
      (Wii)[25]
Eurogamer7/10点 (Wii)[25]
ファミ通27/40点 (MD)[26]
GamePro4.5/5点 (GG)[24]
IGN6.5/10点 (Wii)[25]
NintendoLife           (Wii)[25]
メガドライブFAN22.94/30点 (MD)[4]
MegaTech92% (MD)[27]
WizardB (MD)[28]
Hobby Consolas90% (MD)[29]
89% (GG)[30]
Aktueller Software Markt10/12点 (MD)[31]
10/12点 (GG)[24]
Mean Machines80% (GG)[24]
63% (SMS)[32]
メガドライブ大全肯定的 (MD)[33]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.85 3.94 3.78 4.12 3.86 3.39 22.94
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、本シリーズの特徴的な要素として「後方組み」や「受け身」を挙げた上で、第1作目である本作にてすでに存在している事を指摘、投げ技を使用する敵キャラクターとの「受け身」を駆使した戦いに関しては「熱いものがあります」と肯定的に評価、さらに古代祐三による音楽を「ハウス調BGM」と指摘した上で世代を超えて愛されていると称賛した[33]

ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌編集

ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌』(ベア・ナックルツー しとうへのレクイエム)は、1992年12月20日に北米にて日本のセガから発売されたメガドライブベルトスクロールアクションゲームであり、シリーズ第2作目にあたる。日本では1993年1月14日に発売された。

同作は、さらわれたアダムを助けるために、ブレイズとアクセル、アクセルの親友のマックス、そしてアダムの弟のサミーが向かう内容となっている。

ベア・ナックルIII編集

ベア・ナックルIII』(ベア・ナックルスリー)は、1994年3月17日に日本のセガから発売されたメガドライブベルトスクロールアクションゲーム。北米にて先行して発売され、日本では同年3月18日に発売された。

同社の『ベア・ナックルシリーズ』の第3作目。ある街に落とされたラクシン(原爆)を巡る事件と、アクセルのもとに届いたブレイズからの手紙に書かれていた同日に起こったもう1つの事件の裏側に潜む恐るべき陰謀を調査する事を目的としている。前作からゲームシステムは踏襲されているが、アクセル、ブレイズ、サミーの他に新たにドクター・ザンという新キャラクターが追加された[34]

続編の構想編集

セガサターン用に続編が構想されることはあったが実現せず、ドリームキャスト用にはキャラクターの基本操作が可能なプロトタイプが製作されたが製品化には至らなかった。これは、セガがST-V(アーケードゲーム)で、1996年に『ダイナマイト刑事』(セガサターンにも移植された)リリースの後、アーケードの続編を止めようと決定する前、『ベアナックル』の3Dをセガサターンでリリースしようとしていると噂されていたが結局リリースされなかった。その後、『ダイナマイト刑事』とコンセプトが似たアメリカCore Designが考案して開発中(ほぼ完成)の、3Dアクションゲーム"Fighting Force"をセガのアメリカが関心を示し、ベア・ナックルの続編として変えて、1996年11月26日に『Streets of Rage 4(Streets of Rage 3D)』として、セガサターンでリリースしようと計画していた[35]。しかし、これは結局はうまくいかず、セガサターンで発売されることはなかった。

その後、アイドスが同作の販売所有権を手に入れ、ベア・ナックルとは無関係の作品として(ヨーロッパでリリース予定もしていた、セガヨーロッパとその事に関してもめた事もある)、1997年PlayStationNINTENDO64用ソフトとして発売された。1998年には日本のエレクトロニック・アーツ・スクウェアから『メタルフィスト』というタイトルでPlayStation版が発売された[36]

ドリームキャストでの続編の計画では、Fighting Forceをベアナックルの続編としてセガサターンに移植する計画の失敗後、1999年に古代祐三の曲付きで、セガのアメリカは3D化した、ベルトスクロールタイプや、FPSのような一人称視点タイプのアイデアを練って、基本操作が可能なプロトタイプを製作し、デモ映像も公開するが、セガのアメリカはベアナックルシリーズの歴史やファン層のことを知らなかったため、このデモ映像を見た日本のセガが、試作したこのゲームはベアナックルのゲームでない、悪いアイデアだと判断し、商品化されることはなかった[37][38]

同作の主人公の1人ホークはアクセルに似た格闘スタイルをしている。13ステージに登場するボスは『II』、『III』のジェットとロケットに類似しており、他にドクター・ゼンと言う悪の科学者の最終ボスがいるが、『III』のドクター・ザンと類似した名前をしており、顔も似ている他、Dr.ゼロに似た設定でもある。バイクに乗って攻撃して来る敵(『II』、『III』の敵)、黒スーツの敵(『III』のブロンズ、シルバー、ゴールド)、エレベーターのステージシーンでエレベーターから敵を投げ落とて倒したり、『III』のエレベーターのシーンに似たこともできる。『III』のようにステージ内に分岐点があったり、必殺技の時の体力消耗、『III』のステージに似たステージがあったりする。他に海外で発売されているドリームキャストとPlayStationの続編『Fighting Force 2』にも、『ベア・ナックル2』に類似したボスキャラクターの名前などが登場するなど、『ベア・ナックル』(特に『III』)との類似点もいくつか見られる。

3DS版『II』をプロデュースしたセガゲームス(当時)の奥成洋輔は、2015年のファミ通とのインタビューの中で、自分が作ったものも含めて少なくとも3種類の『IV』候補が出ていたことを明らかにしている[39]。また、奥成は、新作がシリーズの印象を下げたケースあったことにも触れ、『ベア・ナックル』シリーズではそれを避けたいと思って大事にした結果が空白につながったのではないかと推測している[39]

ベア・ナックルIV編集

2020年4月30日、フランスを拠点とするパブリッシャー・DotEmuは『ベア・ナックルIV』を発売した[3]

同作は、セガが与えた正式なライセンスの元、DotEmuのほか、セガの別作『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』をリメイクしたLizardcubeおよびGuard Crush Gamesによる3社共同開発体制で制作された[3][36]

また、同年7月30日には、3gooより、PS4・Switch用のパッケージソフト『ベア・ナックルIV スペシャルエディション』が発売される予定である[3]

グラフィックは2Dセルタッチアニメ的な描画となっている一方、条件を満たすと歴代作品の主人公がプレイヤーキャラクターとして使えるようになる[40]

また同作の音楽は、オリジナル版を手掛けた古代祐三と川島基宏が新規に作曲したキーミュージックを提供するほか、下村陽子らが楽曲を提供した[41][3]

関連作品編集

  • ベア・ナックルコレクション - Xbox360のセガエイジスオンライン作品として発売。シリーズ1,2,3を収録。
  • PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』 - アクセル・ストーン(声・杉田智和)がソロユニットとして参戦。アクセルの声優は古代祐三の推薦でキャスティングされている[42]
  • Streets Of Kamurocho - 龍が如くシリーズを題材としたベルトスクロールアクションゲームであり、システムは『ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌』がもとになっている[43]

亜流作品編集

Streets of Rage Remake
スペインのBOMBER GAMESというグループが作成したリメイク版。内容はベアナックル『III』をベースに『I』や『II』のキャラクターやステージを詰め込めるだけ詰め込んで、さらにオリジナル要素も加えた、一言で言えば「ベアナックルのごった煮」である。2P側をCPUにすることで一人でも2人同時プレイができる、ステージの途中に分岐がありコースを選択できる、プレイ中に拾ったアイテムをポイントにして追加キャラクターや隠し要素を購入できる、などの特徴がある。使用可能なプレイヤーキャラクターは初期状態で、アクセル、ブレイズ、アダム、マックス、スケート(サミー)、ザンの6人、最大12人(匹)まで増える。BGMは『I』〜『III』のアレンジ曲が使われている。
長らくバージョン4.01βのまま更新が止まっていたが、2011年4月にバージョン5.0がリリースされ、BOMBER GAMESでは、これを一応の完成版としている。以前は公式サイトのフォーラムでバイナリパッケージも配布されていたが、2013年現在では海外サイト「Streets of Rage Online」でWindows版、Mac OS版、Xbox版のバージョン5.0aが配布されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』とは「セガ」から発売された「2人同時プレイも可能」な「ベルトスクロールアクションゲーム」。「1作目」にして準最高傑作 - Middle Edge
  2. ^ 『ゲームサイド vol.06』p.109
  3. ^ a b c d e Gueed (2020年4月30日). “シリーズ26年ぶりの最新作「ベア・ナックルIV」が本日配信開始。パッケージ製品「スペシャルエディション」は7月30日発売へ”. www.4gamer.net. Aetas. 2020年5月16日閲覧。
  4. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 28頁。
  5. ^ a b c d e f 古代祐三. 古代祐三インタビュー. インタビュアー:Nick Dwyer. レッドブル. オリジナルの2014-10-10時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141010145438/http://www.redbullmusicacademy.jp/jp/magazine/yuzo-koshiro-interview 2020年5月15日閲覧。 
  6. ^ ゲームサイド Vol.B, p. 84.
  7. ^ 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 122頁。
  8. ^ 滝沢修 (2008年9月25日). “セガ、iモード「ベアナックル モバイル」、初代「ベア・ナックル」を携帯電話向けにリニューアル” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年3月29日閲覧。
  9. ^ 鬼頭世浪 (2009年8月19日). “セガ、iPhone/iPod touch「ベア・ナックル」を配信” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年3月29日閲覧。
  10. ^ メガドライブ版を完全移植!iPhone/iPod Touch『ベア・ナックル』配信開始” (日本語). iNSIDE. イード (2009年8月19日). 2020年3月29日閲覧。
  11. ^ 階堂綾野 (2010年1月7日). “セガ、Windows phone向けアプリ『ベアナックル モバイル』の配信を開始” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年3月29日閲覧。
  12. ^ GAME Watch編集部. “ダイジェスト・ニュース” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年3月29日閲覧。
  13. ^ 佐伯憲司 (2012年5月18日). “セガ、PS3/Xbox 360「セガエイジスオンライン」シリーズの配信日決定!” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年3月29日閲覧。
  14. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2012年5月18日). “「セガエイジスオンライン」配信日決定 ― Xbox360には『ゴールデンアックス』『ベア・ナックル』も” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年3月29日閲覧。
  15. ^ Gueed (2012年5月18日). “PSN/XBLA向け復刻タイトルシリーズ「セガエイジスオンライン」は5月23日より配信。「ゴールデンアックス」「ベア・ナックル」も5月30日に登場” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2020年3月29日閲覧。
  16. ^ 『ゴールデンアックスコレクション』と『ベア・ナックルコレクション』が配信開始” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2012年5月30日). 2020年3月29日閲覧。
  17. ^ 佐伯憲司 (2013年8月9日). “3DS「3D ベア・ナックル 怒りの鉄拳」8月21日に配信!3D立体視化でステージの存在感がアップした「3D復刻プロジェクト」第8弾” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年3月29日閲覧。
  18. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2013年8月9日). “『3D ベア・ナックル 怒りの鉄拳』配信決定 ― 2人プレイに対応、新システム「一撃必殺」モードも搭載” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年3月29日閲覧。
  19. ^ 『3D ベア・ナックル 怒りの鉄拳』が本日より配信開始” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2013年8月21日). 2020年3月29日閲覧。
  20. ^ 電撃オンライン (2013年8月21日). “『3D ベア・ナックル 怒りの鉄拳』が本日配信――新たに一撃必殺モードや海外バージョンを収録” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA. 2020年3月29日閲覧。
  21. ^ Chun (2013年8月21日). “「3D ベア・ナックル 怒りの鉄拳」本日よりニンテンドーeショップで配信。悪のシンジケートから街の平和を取り戻す,懐かしのベルトスクロールアクションが復刻” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA. 2020年3月29日閲覧。
  22. ^ さらば、セガ3D復刻プロジェクト! 3DS「3D ベア・ナックル 怒りの鉄拳」インタビュー”. GAME Watch. 株式会社インプレス (2013年8月21日). 2020年5月24日閲覧。
  23. ^ Weiss, Brett Alan. “Streets of Rage – Overview – allgame”. Allgame. 2013年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月29日閲覧。
  24. ^ a b c d Streets of Rage for Game Gear (1992)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年9月23日閲覧。
  25. ^ a b c d Streets of Rage for Wii (2007)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年9月23日閲覧。
  26. ^ a b ベア・ナックル 怒りの鉄拳 まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2017年9月23日閲覧。
  27. ^ MegaTech rating, EMAP, issue 5, May 1992
  28. ^ Rubenstein, Glenn (January 1993). “At the Controls”. Wizard (Wizard Entertainment) (17): 21–24. 
  29. ^ “Streets of Rage” (Spanish). Hobby Consolas (2). (November 1991). ISSN 6239-0104. 
  30. ^ “Streets of Rage (Game Gear)” (Spanish). Hobby Consolas (15): 150–151. (December 1992). ISSN 6239-0104. 
  31. ^ Streets of Rage for Genesis (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年9月23日閲覧。
  32. ^ Streets of Rage for SEGA Master System (1993)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年9月23日閲覧。
  33. ^ a b 「Chapter 04 1991年」 『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、87頁。ISBN 9784872338805 
  34. ^ メガドライブを代表する格闘アクションのシリーズ最終作「ベア・ナックル3」がiPhone/iPod touchで復活|Gamer”. www.gamer.ne.jp (2011年4月28日). 2022年5月15日閲覧。
  35. ^ Fighting Force Unreleased ? Not really :D
  36. ^ a b ishigenn (2018年8月28日). “メガドライブのベルトスクロールアクション『ベア・ナックル』シリーズが24年振りに復活。最新作『Streets of Rage 4』正式発表” (日本語). 電ファミニコゲーマー. 2020年5月27日閲覧。
  37. ^ Streets of Rage 4 - Streets of Rage.net
  38. ^ Streets of Rage Online
  39. ^ a b 『3D ベア・ナックルII』セガ 3D復刻プロジェクト注目作の顛末をオリジナル開発者と移植スタッフとが語らう【特別企画】(5/5)”. ファミ通.com (2015年7月10日). 2020年5月27日閲覧。
  40. ^ BRZRK (2020年4月30日). “E60M1: 『ベア・ナックルIV』これはまごうことなきベア・ナックルだ! ベルトスクロールアクションが旧作ファンへのサービスもたっぷりに大復活”. KADOKAWA. 2020年5月19日閲覧。
  41. ^ 『ベア・ナックルIV』コンポーザー陣が発表。古代祐三&川島基宏両氏に加え、下村陽子氏、長沼英樹氏、山岸継司氏が参戦 ファミ通.com 2019/07/18
  42. ^ 『3D ベア・ナックルII』セガ 3D復刻プロジェクト注目作の顛末をオリジナル開発者と移植スタッフとが語らう【特別企画】(4/5)”. ファミ通.com (2015年7月10日). 2020年5月23日閲覧。
  43. ^ Umise, Minoru (2020年10月14日). “『龍が如く』と『ベア・ナックルII』が融合。桐生と真島が戦う『Streets Of Kamurocho』Steamにて期間限定無料配信へ” (日本語). AUTOMATON. 2020年10月15日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集