メインメニューを開く

ベオグラード・ニコラ・テスラ空港

ベオグラード・ニコラ・テスラ空港(ベオグラード・ニコラ・テスラくうこう、セルビア語キリル文字表記:Аеродром Београд - Никола Тесла、セルビア語ラテン文字表記:Aerodrom Beograd - Nikola Tesla英語:Belgrade Nikola Tesla Airport)は、セルビア首都ベオグラードにある国際空港。市街地から西へ12kmのスルチン区にある。セルビアのフラッグ・キャリアであるエア・セルビアの本拠地ハブ空港でもある。 2006年から空港名にセルビア人電気技師のニコラ・テスラの名を冠している。

ベオグラード・ニコラ・テスラ空港
Beg-exterior.jpg
IATA: BEG - ICAO: LYBE
概要
国・地域 セルビアの旗 セルビア
所在地 セルビア・ベオグラード
種類 民間
運営者 Aerodrom "Beograd - Nikola Tesla" P.E.
標高 102 m (335 ft)
座標 北緯44度49分06秒 東経20度18分33秒 / 北緯44.81833度 東経20.30917度 / 44.81833; 20.30917座標: 北緯44度49分06秒 東経20度18分33秒 / 北緯44.81833度 東経20.30917度 / 44.81833; 20.30917
公式サイト www.beg.aero
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
12/30 YES 3,400×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
ベオグラード・ニコラ・テスラ空港の位置
ベオグラード・ニコラ・テスラ空港の位置
BER/LYBE
ベオグラード・ニコラ・テスラ空港の位置
エプロンに駐機する航空機

この空港が使用不能の場合には、ニシュにあるコンスタンティヌス大帝空港が代替地となる。

目次

概要編集

現空港は1962年に開港した。先代の空港は東に5kmほどの距離にあり、1927年に開港し1964年に閉鎖された。跡地は現在商業地区になっている。開港時はターミナル1のみで、1979年に現在のターミナル2が建設された。

2008年から2018年の10年で利用客数、貨物取扱量がともに2倍以上となっており、セルビア国内で最大かつ最も混雑する空港である。2012年から大規模なリニューアル工事が行われ、2棟あるターミナルビルのうちまずターミナル2が2013年に、ターミナル1が2017年に改装・拡張された。これに合わせて管制塔も1962年の開港時から使われていたものから新設されている。

2018年にはヴァンシ・エアポートが空港運営権を落札し、同年度から空港運営にかかわっている。

空港に隣接してベオグラード航空博物館があり、S-49イカルス 451を始めとした旧ユーゴスラビア国産機が収蔵展示されているほか、コソボ紛争時に撃墜された米軍機の機体の一部(F-117のコクピットキャノピーを含む)も展示されている。

就航路線編集

アクセス編集

 
2009年のベオグラード都心部・スラヴィア広場(銅像の背後にJat航空(当時)の空港連絡バスが停車中)
 
空港連絡バス(2012年)

ベオグラード市内との間は、Jat航空(2011年当時)の連絡バス (空港‐新市街‐鉄道中央駅‐スラヴィア広場)及びGSPベオグラード路線バス(72番系統)が運行されている[1][2]

脚注編集

  1. ^ セルビア共和国大使館公式サイト「アクセス情報」による(2011年8月24日閲覧)。
  2. ^ 2012年時点では、空港‐新市街‐鉄道中央駅‐スラヴィア広場間の連絡バスの運行主体は「ベオグラード公共輸送システム(Belgrade public transport system)」となっている。

外部リンク編集