ベッツィー・ロールズ

女子プロゴルファー

エリザベス・アール・「ベッツィー」・ロールズ(Elizabeth Earle "Betsy" Rawls、1928年5月4日生まれ)は元 LPGA ツアーの米国人プロゴルファー。LPGA ツアーにおいてメジャー大会8勝を含む55勝をあげた。世界ゴルフ殿堂メンバーである。

TransparentPlaceholder.svg ベッツィー・ロールズ Golf pictogram.svg
Betsy Rawls
基本情報
名前 ベッツィー・ロールズ
ニックネーム ベッツィー (Betsy)
生年月日 (1928-05-04) 1928年5月4日(93歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サウスカロライナ州スパルタンバーグ
経歴
プロ転向 1951年
引退 1975年
以前のツアー LPGA
プロ勝利数 58勝
優勝数
LPGAツアー 55勝
他ツアー 3勝
LPGAメジャー選手権最高成績
(優勝: 8勝)
女子ウェスタン 優勝: 1952年、1959年
タイトルホルダーズ 2位: 1952年、1953年、1959年
全米女子プロ 優勝: 1959年、1969年
全米女子OP 優勝: 1951年、1953年、1957年、1960年
受賞
世界ゴルフ殿堂 1960年 (member page)
LPGA賞金女王 1952年、1959年
ベアトロフィー 1959年
パティー・バーグ賞 1980年
ボブジョーンズ賞 1996年
テンプレートを表示

幼少期と教育編集

サウスカロライナ州スパルタンバーグでロバート・ミラー (Robert Miller) とメアリー・アール・ロールズ (Mary Earle Rawls) の間に生まれ、1940年にテキサス州アーリントンに引っ越した。ラブレディーハイスクール (Lovelady High School) を卒業後、1946年にはノーステキサス農業大学(North Texas Agricultural College、現在のテキサス大学アーリントン校)に入学し物理学を専攻した。新入生の時点で教授会及び学部長から物理学の “Who’s Who” として認められ、ファイカッパシータの名誉会員に選ばれた[1]。翌年にはテキサス大学オースチン校に移り1950年に物理学の学位を取得して卒業した。

アマチュア時代の成績編集

17歳の時にゴルフを始めた。1949年及び1950年のテキサスアマチュアに優勝。1949年のトランスナショナル、1950年のブロードムーア招待にも優勝した。1950年の全米女子オープンではアマチュアとして出場して準優勝した(優勝はベーブ・ザハリアス[2]

プロでの成績編集

1951年にはプロ転向し LPGA ツアーに参加した。参加した年のサクラメント女子招待オープン (Sacramento Women's Invitational Open) でプロ初優勝した。最終的には55勝し、うち8勝はメジャー大会での優勝だった[3]。1959年にはその年の最少平均ストローク数を記録した者に贈られるベアトロフィーを獲得した。1952年及び1959年には賞金女王となり、これを含め合計9回にわたり賞金額トップ10に入った。年間優勝回数では3度のトップを飾った(1952年に8回、1957年にパティー・バーグと並び5回、1957年には10回優勝)。

1961年から1962年にかけてLPGAの会長を務めた。1967年にLPGAツアー殿堂が設立されたときには、初めに殿堂入りした6名のうちの一人に選ばれた。LPGA ツアー殿堂と世界ゴルフ殿堂の両方に彼女が入ったのが1960年であるので、LPGA はロールズの女子ゴルフ殿堂入りが1960年であると認識している。1975年にトーナメント競技から引退し、LPGA ツアーのトーナメントディレクターに就任[4]。1987年から2004年にかけてはデュポンカントリークラブで行われるマクドナルドLPGA選手権のトーナメントディレクターを務めた[3]。1996年、全米ゴルフ協会 (USGA) によりゴルフにおけるスポーツマンシップが認められ、その最高の名誉であるボブジョーンズ賞が贈られた[2]

プロでの勝利編集

LPGAツアーでの勝利(55勝)編集

  • 1951 (2) サクラメント女子招待オープン 、 全米女子オープン
  • 1952 (8) ヒューストンウェザーベーン 、 ベーカーズフィールドオープン (マレーネ・ハゲ 、 ベティ・ジェイムソンとベーブ・ザハリアスとタイ )、 シアトルウェザーベーン 、 クロスカントリー144ホールウェザーベーン 、 イースタンオープン 、 女子ウェスタンオープン 、 キャロルトンオープン 、 トーマスビルオープン
  • 1953 (4) バーバラロマックオープン 、 イースタンオープン 、 全米女子オープン 、 フォートワースオープン
  • 1954 (3) タンパ女子オープン 、 セントルイスオープン 、 テキサスオープン
  • 1955 (1) キャロルトンオープン
  • 1956 (3) タンパオープン、サラソタオープン、ピーチ・ブロッサム・オープン
  • 1957 (5) タンパオープン、レイクワースオープン、ピーチ・ブロッサム・オープン全米女子オープン、リノオープン
  • 1958 (2) タンパオープン、セントピーターズバーグ・オープン
  • 1959 (10) レイクワースオープン 、 ロイヤルクラウンオープン 、 ベイブザハリアスオープン 、 ランド オブザスカイオープン 、 トライアングルラウンドロビン 、 LPGA選手権 、 マウントプロスペクトオープン 、 女子ウェスタンオープン 、 ウォータールーオープン 、 オピーターナーオープン
  • 1960 (4) ベイブザハリアスオープン 、 コスモポリタンオープン 、 全米女子オープン 、 アッシュビルオープン
  • 1961 (2) コスモポリタンオープン 、 ビルブラニンズスイングパレード
  • 1962 (1) JEマコーリフメモリアル
  • 1963 (1) サンシャイン女子オープン
  • 1964 (2) ダラスシビタンオープン招待 、 ヴァルハラオープン
  • 1965 (2) ペンサコラ招待 、 ウォータールーオープン
  • 1968 (1) ミッキーライト招待
  • 1969 (1) LPGA選手権
  • 1970 (2) ダラスシビタンオープン 、 シンシナティオープン
  • 1972 (1) GACクラシック

LPGA メジャー大会は太字で表示。

その他の勝利(3勝)編集

  • 1951 ハリウッドフォアボール(ベティ・ドッドと )
  • 1954 インバネス4ボール(ベティ・マッキノンと)
  • 1962 ベイブザハリアスオープン( キャシー・コーネリアスとタイ)

メジャー大会編集

優勝(8勝)編集

大会名 優勝スコア 2位との差 準優勝
1951 全米女子オープン +5(73-71-74-75 = 293) 5ストローク ルイーズ・サグス
1952 女子ウエスタンオープン 1 up ベティ・ジェイムソン
1953 全米女子オープン +6(75-78-74-75 = 302) プレーオフ1 ジャッキー・プン
1957 全米女子オープン +7(74-74-75-76 = 299) 6ストローク パティー・バーグ
1959 LPGA選手権 +8(76-68-69-75 = 288) 1ストローク パティー・バーグ
1959 女子ウエスタンオープン -1(70-76-76-71 = 293) 6ストローク ジョアン・ガンダーソン (a)、パティー・バーグ
1960 全米女子オープン +4(76-73-68-75 = 292) 1ストローク ジョイス・ジスケ
1969 LPGA選手権 +1(71-72-79-71 = 293) 4ストローク スージー・バーニングキャロル・マン

1 18ホール プレーオフで ロールズ 70、プン 77。

関連項目編集

  • LPGAツアー優勝者リスト
  • LPGAメジャー大会優勝者のリスト

脚注編集

  1. ^ University of Texas: Elizabeth Earle "Betsy" Rawls”. UT Physics History Site. 2019年10月8日閲覧。
  2. ^ a b Betsy Rawls – Bio”. LPGA. 2018年5月4日閲覧。
  3. ^ a b Myers (2014年9月4日). “DuPont club to honor Betsy Rawls on Friday”. delawareonline. 2018年2月27日閲覧。
  4. ^ Barkow, Al (1986). Gettin' To The Dance Floor: An Oral History of American Golf. Atheneum. ISBN 978-0-689-11517-2 

外部リンク編集