ベティ・ゴー-ベルモンテ駅

マニラ・ライトレール (Manila LRT) MRT-2線 (パープル・ライン) の駅

ベティ・ゴー-ベルモンテ駅(ベティ・ゴー-ベルモンテえき、英語: Betty Go-Belmonte station)は、フィリピンマニラ首都圏ケソン市にあるマニラLRT2号線である。駅名は近くを通るベティ・ゴー-ベルモンテ通り英語版に由来しており、その通り名は元下院議長フェリシアーノ・ベルモンテ・ジュニア英語版の故妻でフィリピン・スター誌英語版の創刊者であるベティ・ゴー=ベルモンテ英語版に由来している。

ベティ・ゴー-ベルモンテ駅
Line 2 Betty Go-Belmonte Station Platform 1.jpg
ベティ・ゴー-ベルモンテ駅のプラットホーム
ベティ・ゴー-ベルモンテ
Betty Go-Belmonte
(1.1 km) ギルモア駅
所在地 フィリピンの旗 フィリピン
Aurora Boulevard cor. Betty Go-Belmonte Street, Mariana and Kaunlaran,
Quezon City, Metro Manila
北緯14度37分6秒 東経121度2分33秒 / 北緯14.61833度 東経121.04250度 / 14.61833; 121.04250
所属事業者 マニラ・ライトレール・トランジット・システム
所属路線 LRT2号線
キロ程 9.6 km(アンティポロ起点)
電報略号 BG
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2004年4月5日 (18年前) (2004-04-05)
備考 * 旧駅名は「ボストン駅(Boston station)」。
テンプレートを表示

歴史編集

  • 2004年4月5日ボストン駅として開業。
  • 日程不明:ベティ・ゴー-ベルモンテ駅に改称。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有するを有する高架駅である。

駅周辺編集

  • Cubao Cathedral
  • Holy Buddhist Temple
  • Religious of the Virgin Mary Motherhouse
  • Kalayaan College.

脚注編集

[脚注の使い方]