ベトナム国旗は、東南アジアにあるベトナム社会主義共和国1976年7月2日から使用している金星紅旗(きんせいこうき:ベトナム語Cờ đỏ sao vàng / 旗𣠶𣋀黃)と呼ばれるである。社会主義国における国家の象徴を模したものとなっており、ベトナム民主共和国北ベトナム)の国旗を引き続き使用している。中華人民共和国の国旗(五星紅旗)との類似が見られる。

ベトナムの国旗
ベトナムの旗
用途及び属性 市民・政府陸上、市民・政府海上?
縦横比 2:3
制定日 1955年11月30日
使用色

本項目では、1948年から1976年にかけて存在したサイゴン首都とするベトナム人国家が使用していた国旗についても、下記の通りに解説する。

金星紅旗編集

概要編集

 
金星紅旗の描き方

現行国旗の金星紅旗は、ベトナム社会主義共和国憲法第1章第13条第1項によって規定されている。

  • 第13条 1. ベトナム社会主義共和国の国旗は、長方形で、その幅は長さの三分の二と同じであり、赤い背景の中心には五つの尖端を持つ金色の星がある[1]

金星紅旗は縦横比が2:3の長方形で、地の中央に金色黄色)の五芒星を配置したデザインとなっている。旗の地に使われる赤色は社会主義国によく見られる色で、独立の為に人民が流した血と社会主義を象徴する。また、旗中央の星は旧ソ連国旗赤い星と同様に共産党共産主義)による国家指導を表し、星の黄(金)色は革命を、星から出る五芒(五本の光)は、『労働者農民兵士商人知識人』を表している。

金星紅旗は、統一ベトナムの原点であるベトミン(ベトナム独立同盟会)の旗が基になっている。ベトミン時代の金星紅旗は現在のものとほぼ同じであるか、五芒星のデザインが若干異なっていた。ベトミンの旗は1945年ベトナム民主共和国(北ベトナム)が成立すると国旗として引き継がれ、1955年に五芒星のデザインが修正され現在の金星紅旗が誕生した。その後、1976年7月2日に北ベトナムが南ベトナム南ベトナム共和国)を吸収統一してベトナム社会主義共和国が成立すると、国章と異なり国旗は北ベトナム時代の金星紅旗がそのまま流用され現在に至る。

なお、ベトナム人民軍軍旗は、金星紅旗に人民軍のスローガンベトナム語Quyết thắng / 決勝、「勝利を決する」という意味で、日本語では「必勝」にニュアンスが近い)を追加したデザインとなっており、組織によっては五芒星の下に更なる単語を追記している。また、かつて南ベトナムに存在した南ベトナム共和国の国旗は、ベトナム労働党の指導下にあったベトナム民族解放戦線の旗を流用したもので、金星紅旗の赤地の下半分を南ベトナムの象徴である水色に置き換えたデザインとなっていた。

歴代の金星紅旗とそれに関連する旗編集

黄底三線旗編集

ベトナムの国旗
 
用途及び属性   ?
縦横比 2:3
制定日 1948年6月2日[2]
使用色

黄底三線旗[3](こうていさんせんき:ベトナム語Cờ vàng ba sọc đỏ / 旗黃𠀧𥉮𣠶[4])または黄旗(こうき:ベトナム語Cờ vàng / 旗黃[5])と称される旗[6]は、1948年から1975年にかけてベトナム臨時中央政府英語版ベトナム国、及びベトナム共和国(南ベトナム)が国旗として使用していた旗である。1975年のベトナム共和国滅亡によって国旗としての役割は終えたが、2002年以降はベトナムの自由文化的遺産伝統)を象徴する自由・遺産旗(じゆう・いさんき:ベトナム語Lá cờ Tự do và Di sản / 蘿旗自由𡝕遺產英語Heritage and Freedom Flag)として、アメリカ合衆国等の一部地域で公的に使用されている(詳細は下記参照)。

概要編集

 
黄色旗の描き方

黄底三線旗は縦横比が2:3の長方形で、黄色地の中央に三本の赤い帯を配置したデザインとなっている。地色の黄は先祖伝来の国土金色の稲穂・貴金属を表す神聖な色と言われ、三本の赤い帯はトンキン(北部)・安南(中部)・コーチシナ(南部)の三地域を示すと同時に成功と幸運を呼び込む色とされている。旗のデザイン1948年に制定されたが、旗の原型は19世紀初頭の阮朝嘉隆帝の時代にまで遡ることができると考えられている[7]

中国文明では、陰陽五行思想に基づいて黄色皇帝権威)を示す高貴な色[8]赤色が成功と幸運を呼び込む色[7]とされている。その為、中国の文化的影響を受容し続けてきたキン族主体の阮朝も黄色と赤色から成る旗を王朝旗として対外的に代々使用しており、その影響はフランス植民地当局(フランス領インドシナ)やベトナム人在野勢力にまで及んでいた。黄色と赤色を使った旗は、1945年日本軍影響下近代的独立国家であるベトナム帝国の樹立が試みられた際にも国旗として用いられ、黄色地にを表す八卦の「」を赤色の線で描いたデザインが採用された。だが、ベトナム八月革命によってベトナムの権力がベトナム帝国(阮朝)からベトナム民主共和国ベトミン)へ移ると、国旗は社会主義を想起するベトミンの旗(金星紅旗)へ変更され、従来の文化的思想に基づいた旗は使用されなくなった。

黄底三線旗は、第一次インドシナ戦争の影響を受けて誕生した。戦争の当事者であるフランスの方針転換によって、阮朝最後の皇帝であるバオ・ダイを首班とする反共主義的なベトナム人傀儡国家が設けられることとなり、1948年5月27日臨時政府としてベトナム臨時中央政府英語版が樹立された。臨時政府はベトナム帝国が使用していた旗を参考として同年6月2日に新国家の国旗として黄底三線旗を発表し[2]1949年6月14日ベトナム国成立と共に黄底三線旗は正式な国旗となった。1954年ジュネーヴ協定によってベトナムが分断国家になると、南ベトナム権力を掌握したゴ・ディン・ジェム1955年に国家体制をベトナム国からベトナム共和国へと刷新し、その際に国旗も黄底三線旗から別の旗へ置き換えようと試みた。だが、妥当な代替案が見つからなかった為に黄底三線旗が引き続き国旗として使用され[9]冷戦という世界情勢の中で黄底三線旗はベトナムにおける文化的遺産伝統)だけでなく自由主義象徴する存在として認知されていった。1975年4月30日サイゴン陥落によってベトナム共和国が消滅すると黄底三線旗は国旗としての役割を終え、ベトナム共和国と敵対していたベトナム共産党の勢力によって掲揚が禁じられた。黄底三線旗は統一ベトナム(ベトナム社会主義共和国)成立後もベトナム国内で掲揚できない状況が引き続き続いており、2012年には黄底三線旗の写った報道写真をベトナムメディアが急遽差し替える出来事が発生している[10]

なお、黄底三線旗はベトナム国軍英語版ベトナム共和国軍の一部軍旗にデザインの一部として使われた他、国章ベトナム共和国空軍国籍標識にも意匠が流用されていた。

黄底三線旗とそれに関連する旗・デザイン編集

サイゴン陥落以降のベトナム国外における公的な扱い編集

1975年サイゴン陥落以降、「ベトナムの共産化」に抵抗する多くのベトナム人が国外へ難民ボートピープル)として脱出し、アメリカ合衆国ベトナム系アメリカ人)やオーストラリアベトナム系オーストラリア人)、カナダベトナム系カナダ人英語版)等の国々で独自のコミュニティーを築いていった。これらの国々では、共産化された統一ベトナム(ベトナム社会主義共和国)政府の正統性を認めない反共主義の一部越僑個人、ないしベトナム革新党臨時ベトナム国家政府英語版等の反共的な思想に基づきベトナム民主化運動英語版を展開する団体により、黄底三線旗が「共産主義に依らない自由なベトナムの象徴」として民間用途で使用され続けた。黄底三線旗を使用する人々はベトナム共産党政府が使用する金星紅旗をベトナム国旗として否定したが、ベトナム難民の最大受け入れ国であるアメリカがサイゴン陥落以降のベトナムと国交を有さなかった為、ベトナム国旗を巡る問題は1995年まで特に問題とならなかった。

ベトナム国外における黄底三線旗の扱いは、1995年7月11日米越関係英語版正常化に伴い、アメリカ国内の公的な場所で金星紅旗が掲揚されるようになってから変化し始めた。アメリカの反共系ベトナム人コミュニティーは国交正常化直後から公的な場所での金星紅旗掲揚に激しい反発を示し、1999年には個人経営のレンタルビデオ店が店頭に金星紅旗とホー・チ・ミン肖像画を掲げたことを機に大規模な抗議行動が発生した(1999年反ホー・チ・ミンデモベトナム語版)。その際、抗議活動の一環として行われた裁判で「共産主義の象徴の公開、及びそれに対する抗議のいずれもが憲法修正第1条で保護される」との判例が出されたため、反共系ベトナム人の間から公的な場で積極的に黄底三線旗を掲揚する黄旗掲揚運動ベトナム語版が展開されるようになった[11]運動では、ベトナム共産党に抗議するデモ活動や日常の場に加え、公共施設でも黄底三線旗を「ベトナムの自由文化的遺産伝統)の象徴」として掲揚することが目標とされ、運動の支持者らが各地の立法行政機関に対しロビー活動を展開した。その結果、2003年リトル・サイゴン英語版を有するカリフォルニア州オレンジ郡内のウェストミンスター英語版で公的な場での掲揚が最初に認められ、黄底三線旗を公的な旗を認めた中央政府は存在しないものの、2009年末までにおよそ100に及ぶアメリカ・オーストラリアの地方自治体が黄底三線旗を公的な旗であると認めている[12]

なお、日本では公的機関が黄底三線旗の掲揚を認めた事例が無いものの、中国に対するデモ活動2008年北京オリンピックの聖火リレー2010年尖閣諸島抗議デモなど)で私人が使用する場合もある。これは、ベトナム共和国が領していた西沙諸島西沙諸島の戦いによって中国に占領された事や南海諸島を巡る領土問題で中国を批判しつつ、現行のベトナムの体制に対する批判から現行のベトナム国旗である金星紅旗を国旗として認めないという意思表示で使用されている。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 2013年ベトナム社会主義共和国憲法”. 法務省. 2020年12月20日閲覧。
  2. ^ a b Hồi ký tướng tá Sài Gòn xuất bản ở hải ngoại (P6)ベトナム語
  3. ^ 美越裔議員擬禁越南國旗:共產旗幟背離移民精神”. 蘋果日報 (台湾) (2017年1月25日). 2020年12月25日閲覧。
  4. ^ Điếu Cày và cờ vàng tại phi trường Los Angeles”. ラジオ・フリー・アジアベトナム語版 (2014年10月29日). 2020年12月25日閲覧。
  5. ^ Quanh tranh cãi mới về cờ đỏ và cờ vàng”. BBCベトナム語版 (2014年11月8日). 2020年12月25日閲覧。
  6. ^ 「黄底三線旗(黃底三線旗)」は中国語で用いられる名称だが、ベトナム語の名称である「カー・ヴァン・バー・ソク・ドー」(ベトナム語Cờ vàng ba sọc đỏ / 旗黃𠀧𥉮𣠶)は日本語に直訳すると「紅い三つの縞模様ベトナム語ba sọc đỏ / 𠀧𥉮𣠶)と黄色の旗(ベトナム語Cờ vàng / 旗黃)」となるため、両者の間で若干ニュアンスが異なっている。旗に対する日本語の名称は特に決まっていない為、本項目では便宜的に「黄底三線旗」を用いている。
  7. ^ a b 辻原康夫『世界の国旗大百科<2003年版>』人文社、2003年。ISBN 4-7959-1281-5P278。
  8. ^ 辻原康夫『図説 国旗の世界史』河出書房新社、2003年。ISBN 4-309-76039-2P32 - P34。
  9. ^ Kỳ 46: Cuộc lấn chiếm và vẽ cờ sau hiệp định Paris(ベトナム語)
  10. ^ Đổi ảnh Phó Thủ tướng Đức bên cờ vàngBBC2012年9月17日)配信記事。
  11. ^ Ngọn nguồn của những Nghị Quyết Cờ Vàng:BBC(2005年6月17日)配信記事。
  12. ^ About 100 US Cities and States Recognize the Yellow Flag with Three Red Stripes as the Vietnamese Americans’ Official Flag