ベドリアクムの戦い

ベドリアクムの戦い(ベドリアクムのたたかい)は、ローマ帝国時代の69年に行われた戦闘であり、2度行われた。1度目はウィテリウスオトを破って、ウィテリウスが皇帝についたもの。2度目はマルクス・アントニウス・プリムスがウィテリウスを破って、ウィテリウスが皇帝から失脚した戦いである。

なお、ベドリアクムは現在のカルヴァトーネ近郊であり、現在は小さな村に過ぎない。

関連項目編集