メインメニューを開く

ベニジピン(Benidipine)は高血圧の治療に利用されるジヒドロピリジン系のカルシウムチャネル拮抗薬の一つである。L-型、T-型、N-型カルシウムチャネルを阻害する。腎保護作用、心保護作用がある。商品名コニール

ベニジピン
Skeletal formula of benidipine
Ball-and-stick model of the benidipine molecule
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
投与方法 経口
識別
CAS番号
105979-17-7 チェック
ATCコード C08CA15 (WHO)
PubChem CID: 656668
ChemSpider 571013 ×
UNII 4G9T91JS7E チェック
ChEMBL CHEMBL2218858 ×
化学的データ
化学式 C28H31N3O6
分子量 505.562
テンプレートを表示

禁忌編集

心原性ショックの患者には禁忌である[1]

副作用編集

重大な副作用として、肝機能障害、黄疸が添付文書に記載されている[1]

用法・用量編集

基本的には1日1回2〜4mgであるが[2]、適宜増減(半量〜倍量)できる(最大8mg)[1]。狭心症の治療に用いる際には、1回4mgを1日2回服用する。

入手性編集

ベニジピンは日本と東南アジアの一部の国でのみ用いられている。

作用機序編集

ベニジピンはカルシウム拮抗薬である。

ベニジピンは鉱質コルチコイド受容体英語版に対して拮抗薬として働く抗鉱質コルチコイド薬英語版でもある[3]

出典編集

  1. ^ a b c コニール錠2/コニール錠4/コニール錠8” (2014年10月). 2016年4月24日閲覧。
  2. ^ Hi-Eisai Pharmaceutical, Inc.. “Coniel (benidipine) package insert (Philippines)”. MIMS Philippines. CMPMedica. 2008年3月31日閲覧。
  3. ^ Luther JM (2014). “Is there a new dawn for selective mineralocorticoid receptor antagonism?”. Curr Opin Nephrol Hypertens 23 (5): 456-61. doi:10.1097/MNH.0000000000000051. PMC: PMC4248353. PMID 24992570. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=24992570.