ベニユタカ紅豊、学名:Cerasus Sato-zakura Group ‘Beni-yutaka’)はバラ科サクラ属サクラ日本原産の栽培品種ヤエザクラで、1961年に浅利政俊がマツマエハヤザキ(松前早咲)にリュウウンインベニヤエ(龍雲院紅八重)を交配し作出した。オオシマザクラ系の栽培品種であるためサトザクラ群に属する[1]

ベニユタカ
Beniyutaka1.jpg
ベニユタカ(日本花の会 結城農場にて)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : サクラ亜科 Amygdaloideae
: サクラ属 Cerasus[注釈 1]
亜属 : サクラ亜属 Cerasus(スモモ属とした場合)
学名
Cerasus Sato-zakura Group ‘Beni-yutaka’[1]
シノニム

Cerasus × sieboldii ‘Beni-yutaka’[2]

和名
ベニユタカ(紅豊)

特徴編集

 
ベニユタカの大輪の花弁(日本花の会 結城農場にて)

樹高は亜高木で樹形は広卵状。八重咲きで大輪の花を咲かせ、花弁の色は濃紅色。東京の花期は4月中旬。両親がマツマエハヤザキとリュウウンインベニヤエのため、遺伝的には野生種のチョウジザクラヤマザクラ、オオシマザクラ、オオヤマザクラの雑種ともいえる[1][2]

ベニユタカと松前系のサクラ編集

 
マツマエハヤザキ(右手前)と浅利政俊が作出したアカツキナデン(左手前)とベニユタカ(中奥)。日本花の会 結城農場にて。

ベニユタカは浅利政俊が作出した栽培品種のサクラのうちの代表的な品種である。浅利は昭和20年代に北海道松前町に教員として赴任してサクラの研究を開始し、江戸時代から松前町にある血脈桜として有名なマツマエハヤザキを交配するなどして、現在までに100以上の栽培品種を作出してきた。松前公園日本さくら名所100選のひとつであり、250種1万本のサクラが植栽されているが、このうち半分近くの品種を浅利が作出してきたことになる。浅利が作出した松前系のサクラ53本は、1980年に日本花の会によりイギリスの王立植物園のキューガーデンに植栽された他、王立ウィンザー大公園にも植栽され56品種の松前系のサクラが活着している。このうちベニユタカとウンリュウインベニヤエなど19品種がガーデン・メリット賞に選出されている[3][4][5][6][7]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ もしくはスモモ属 Prunus

出典編集