ベネット・サーフ

ベネット・アルフレッド・サーフ(Bennett Alfred Cerf、1898年5月25日 - 1971年8月27日)は、アメリカ合衆国の出版者で、ランダムハウスの共同設立者である。自作のジョーク・駄洒落集や、テレビのゲーム番組『ホワッツ・マイ・ライン英語版』のレギュラー回答者を務めたことでも知られる[1]

ベネット・サーフ
Black and white image of a white male wearing a suit
『ホワッツ・マイ・ライン』に出演中のサーフ(1952年)
現地語名 Bennett Cerf
誕生 Bennett Alfred Cerf
(1898-05-25) 1898年5月25日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク市マンハッタン
死没 1971年8月27日(1971-08-27)(73歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ウェストチェスター郡マウント・キスコ英語版
職業
言語 英語
最終学歴 コロンビア大学
配偶者
シルヴィア・シドニー
(m. 1935; div. 1936)

子供
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

若年期と初期のキャリア編集

 
ベネット・サーフ(カール・ヴァン・ヴェクテン撮影、1932年)

ベネット・サーフは1898年5月25日ニューヨークマンハッタンで、アルザス系・ドイツ系のユダヤ人の家庭に生まれた[1][2][3]。父のギュスターヴ・サーフは石版画家で、母のフレデリカ・ワイズはタバコ販売の財閥の相続人であった。母はベネットが15歳のときに亡くなり、その後すぐに弟のハーバートがサーフ家に引っ越してきて、10代のベネットに文学的、社会的に強い影響を与えた[4]

1916年にタウンゼント・ハリス高校を卒業した。この高校は、出版者のリチャード・L・サイモン英語版や劇作家のハワード・ディーツ英語版の母校である。10代の頃は、マンハッタンのワシントンハイツにあるアパート「リバーサイドドライブ790番地」に住んでいたが、同じアパートには、後に著名になった2人の友人、ハワード・ディーツとハースト新聞の経済編集者、メリール・ルーカイザー英語版も住んでいた。サーフは、1919年にコロンビア大学コロンビア・カレッジ英語版Bachelor of Artsを、1920年に同大学のジャーナリズム・スクールBachelor of Lettersを取得した。卒業後は、『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン英語版』紙の記者や、ウォール街の証券会社に勤務した。その後、出版社ボニ・アンド・リヴライト英語版の副社長に就任した。

ランダムハウス編集

1925年、サーフはボニ・アンド・リヴライト社からモダン・ライブラリー英語版の権利を20万ドルで購入する機会を得た。サーフは友人のドナルド・S・クロッパー英語版と50対50のパートナーシップを組んで買収し、独立して事業を始めた[5]。サーフらはこのシリーズの人気を高め、1927年には自分たちが「ランダムに」選んだ一般書籍の出版を開始した。これがサーフらの出版事業の始まりであり、やがてこの事業は「ランダムハウス」と名づけられた。ランダムハウスのロゴには、サーフの友人でありコロンビア大学の卒業生でもあるロックウェル・ケント英語版が描いた小さな家が使われていた[6]

サーフは、人間関係を構築・維持する才能に恵まれ、ウィリアム・フォークナージョン・オハラ英語版ユージン・オニールジェームズ・ミッチェナートルーマン・カポーティセオドア・スース・ガイゼルなどの作家と契約を結んだ。また、アイン・ランドの著書『肩をすくめるアトラス』を出版したが、この本で表明されているランドの哲学「オブジェクティビズム」にサーフは激しく反対していた。サーフはランドの「誠実さ」と「輝き」を賞賛し、2人は生涯の友となった[7][8]

1933年、サーフは合衆国対ユリシーズ裁判英語版で、政府の検閲に対する画期的な判決により勝訴し、ジェームズ・ジョイスの『ユリシーズ』をアメリカで初めて無修正で出版した。この裁判は、マーガレット・アンダーソンとジェーン・ヒープによるシカゴの文芸誌『ザ・リトル・レビュー』にこの小説の一章が掲載されたことで、「猥褻な作品」と判断されてしまったことを発端とする。1933年、アメリカでの出版権を持っていたランダムハウス社は、訴追を恐れずに作品を出版するために、暗黙の禁止令に挑戦する試訴を手配した。そして、フランス版の本を輸入し、作品を積んだ船が到着したときに、アメリカ税関英語版に押収してもらうように手配した。税関に本が到着するという通知があったにもかかわらず、現地の職員は「誰でも持ち込むものだ」と言って没収を拒否した。サーフらは、最終的に作品を押収するように説得した。その後、連邦検事は、法的手続きを先に進めるかどうかを決めるまでに7か月を要した。この作品の猥褻性を評価するために任命された連邦検事補は、この作品は「文学的な傑作」であるが、法的な意味での猥褻物であると考えた。そこで、地方検事が訴えを起こすことができる1930年関税法に基づいて、この作品を訴えたのである。サーフはその後、このフランス語の本をコロンビア大学に寄贈した[9]

その他の業績編集

1944年、サーフはジョーク集の第1弾"Try and Stop Me"を、カール・ローズの挿絵入りで出版した。1949年には2冊目の"Shake Well before Using"を出版した。1967年からは、新聞の日曜版"This Week"に週刊コラム『サーフ・ボード』(The Cerf Board)を連載した。1959年、マコ・マガジン社から、サーフのジョーク、ギャグなどをまとめた"The Cream of the Master's Crop"が出版された。

1946年から1967年までと1970年から1971年まで、ピーボディ賞の審査委員となり、1954年から1967年までは審査委員長を務めた[10]

サーフはミス・アメリカで審査員を2度務めた[11]

ゲーム番組への出演編集

1951年まで、サーフはNBCゲーム番組フー・セイド・ザット英語版』に回答者として時々出演していた。この番組は、最近のニュース報道から引用された言葉を、誰が言ったものかを当てるというものである[12]。1951年から『ホワッツ・マイ・ライン英語版』に毎週出演し、1967年にCBSでの通常放送が終了するまで、16年間出演し続けた。その後、CBSフィルム(現在のバイアコム)制作の同番組の番組販売版にも亡くなるまで出演していた。『セサミストリート』内での同番組のパロディでは、ベネット・スナーフ(Bennett Snerf)という名前になっている。

この番組に出演していた頃、サーフはピュージェットサウンド大学から名誉学位を、1965年11月にはミズーリ州リバティにあるウィリアム・ジュエル・カレッジから名誉文学博士号を授与された。

晩年編集

サーフは、1967年と1968年にコロンビア大学のオーラル・ヒストリー・リサーチ・オフィスのインタビューを受けている。サーフは、これまでの人生で受けた賞の中で、ユーモア雑誌の『イェール・レコード英語版』と『ハーバード・ランプーン英語版』から受けた賞を「心から誇りに思っている」と語っている[13]

1970年7月の『アトランティック』誌に掲載されたジェシカ・ミットフォードの暴露記事では、サーフが設立したフェイマス・ライターズ・スクール英語版のビジネス慣行が非難されている[14]

サーフは1970年にランダムハウスの会長を引退し、クロッパーが後を継いだ[5]

私生活編集

サーフは1935年10月1日に女優のシルヴィア・シドニーと結婚したが、6か月後の1936年4月9日に離婚した。

1940年9月17日、ジンジャー・ロジャースのいとこであるハリウッド女優のフィリス・フレイザー英語版と結婚した。2人の間には、クリストファー英語版とジョナサンという2人の息子がいた。2人はマンハッタンに住居を構えていたが、1950年代初頭、ニューヨーク州ウェストチェスター郡マウント・キスコ英語版に不動産を購入し、亡くなるまでそこに住んでいた。マウント・キスコには、サーフに因んだサーフ通り(Cerf Lane)という通りがある。

死去編集

サーフは1971年8月27日にマウント・キスコにて死去した。73歳だった[1]

ランダムハウス社は1977年にサーフの自叙伝"At Random: The Reminiscences of Bennett Cerf"(アットランダム:ベネット・サーフの回想、日本語訳『ランダム・ハウス物語―出版人ベネット・サーフ自伝』)を出版した。

メリーランド州ウェストミンスターの郊外にあるキャロル郡のベネット・サーフ・ドライブは、サーフに因んで名付けられた。ここには、アメリカ国内に2つあるランダムハウスの流通施設の1つであるランダムハウス・ウェストミンスター流通センター&オフィスがあり、ベネット・サーフ・パークもある。

大衆文化において編集

S・J・ペレルマン英語版の1945年のフィーユトン英語版"No Dearth of Mirth, Fill Out the Coupon"(歓喜の絶えないクーポンの記入方法)には、バーナビー・チャープ(Barnaby Chirp)というジョーク本の出版者とペレルマンとの架空の出会いが描かれている。ペレルマンが1962年に発表した舞台『ビューティー・パート英語版』では、ランダムハウスのベネット・サーフをモデルとした出版社チャーナルハウス(Charnel House)のエメット・スタッグ(Emmett Stagg)が登場し、ブロードウェイではウィリアム・レマッセナ英語版が演じた。

ABCで放送されたシットコムパティ・デューク・ショー英語版』の1964年のエピソード"Auld Lang Syne"では、サーフをモデルとしたベネット・ブレイク(Bennett Blake)が登場する。

トルーマン・カポーティを題材とした2006年の映画『インファマス英語版』では、ピーター・ボグダノヴィッチがサーフを演じた。

著書編集

  • The Arabian Nights: or the Book of a Thousand and One Nights (anthology; New Illustrations and Decorations by Steele Savage; printed and bound by The Cornwall Press, Inc., for Blue Ribbon Books, Inc., 1932)
  • The Bedside Book of Famous American Stories (選集, 1936)
  • The Bedside Book of Famous British Stories (選集, 1940)
  • Try and Stop Me (1944)
  • Famous Ghost Stories (選集, 1944)
  • Laughing Stock (1945)
  • Anything for a Laugh: a collection of jokes and anecdotes that you, too, can tell and probably have (1946)
  • Shake Well Before Using (1948)
  • The Unexpected (選集, 1948)
  • Laughter Incorporated (1950)
  • Good for a Laugh (1952)
  • An Encyclopedia of Modern American Humor (選集, Doubleday & Co., Inc., 1954) LOC 54-11449
  • The Life of the Party (1956)
  • The Laugh's on Me (1959)
  • Laugh Day (1965)
  • At Random: The Reminiscences of Bennett Cerf (New York: Random House, 1977, 0-375-75976-X).
  • Dear Donald, Dear Bennett: the wartime correspondence of Donald Klopfer and Bennett Cerf (New York: Random House, 2002). 0-375-50768-X.
  • Bennett Cerf's Book of Laughs (New York: Beginner Books, Inc., 1959) LOC 59-13387
  • Bennett Cerf's Book of Riddles
  • Bennett Cerf's Bumper Crop (全2巻)
  • Bennett Cerf's Houseful of Laughter
  • Bennett Cerf's Treasury of Atrocious Puns (1968)

日本語訳

脚注編集

  1. ^ a b c Whitman, Alden (1971年8月29日). “Bennett Cerf Dies; Publisher, Writer; Bennett Cerf, Publisher and Writer, Is Dead at 73”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1971/08/29/archives/bennett-cerf-dies-publisher-writer-bennett-cerf-publisher-and.html 2013年12月12日閲覧. "Bennett Cerf, one of the country's foremost book publishers, died late Friday night at his estate in Mount Kisco, N.Y. He was 73 years old." 
  2. ^ Mitgang, Herbert (1982年1月23日). “Modern Library Giant, 80 Today, Still Active”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1982/01/23/books/modern-library-giant-80-today-still-active.html. "One thing that has changed is personal - there isn't anti-Semitism in the profession, Mr. Klopfer said. In the 20s and 30s, Bennett and I and other Jewish publishers were looked down upon." 
  3. ^ Reimer-Torn, Susan (2012年12月16日). “The Good Old Days Of The Future Of Publishing”. The Jewish Week (New York). http://jewishweek.timesofisrael.com/the-good-old-days-of-the-future-of-publishing/ 
  4. ^ Bennett Cerf Biography”. www.BookRags.com. 2021年4月1日閲覧。
  5. ^ a b McDowell, Edwin (1986年5月31日). “Donald S. Klopfer Dies at 84; Co-Founder of Random House”. New York Times. https://www.nytimes.com/1986/05/31/obituaries/donald-s-klopfer-dies-at-84-co-founder-of-random-house.html 2013年11月4日閲覧。 
  6. ^ Cerf, Bennett (August 12, 1977). At Random. New York: Random House. p. 65. ISBN 978-0394478777. https://books.google.com/books?id=u_YsC0M6dgMC&q=rockwell+kent 
  7. ^ Cerf, Bennett (August 12, 1977). At Random. New York: Random House. pp. 249–253. ISBN 978-0394478777. https://books.google.com/books?id=u_YsC0M6dgMC&q=ayn+rand 
  8. ^ Bennett Cerf Discusses Ayn Rand”. Objectivism Reference Center. 2017年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月1日閲覧。
  9. ^ Cerf, Bennett. At Random. New York: Random House, 1977. p. 93.
  10. ^ George Foster Peabody Awards Board Members”. The Peabody Awards. 2021年4月1日閲覧。
  11. ^ What's My Line? - Peter Lind Hayes & Mary Healy; Tony Randall [panel (Aug 13, 1961)]”. 2021年4月1日閲覧。
  12. ^ Show Overview: Who Said That?”. TV.com. 2011年6月12日閲覧。
  13. ^ Notable New Yorkers”. Columbia University. 2021年4月1日閲覧。
  14. ^ Mitford, Jessica (July 1970). “Let Us Now Appraise Famous Writers”. Atlantic Monthly: 48. https://www.theatlantic.com/magazine/archive/1970/07/let-us-now-appraise-famous-writers/305319/. 

外部リンク編集