ベネデット・ルティ

ベネデット・ルティ(Benedetto Luti、1666年11月17日 [1] - 1724年6月17日)はイタリアの画家である。「古典主義」の画家の一人とされる。

ベネデット・ルティ
Benedetto Luti
Self portrait Benedetto Luti.jpg
自画像
生誕1666年11月17日
イタリア,フィレンツェ
死没1724年6月17日
イタリア,ローマ
運動・動向古典主義

略歴編集

フィレンツェで生まれた。父親に勧められて、フィレンチェでガッビアーニ(Anton Domenico Gabbiani)の工房で学んだ[2]。フィレンツェの修行時代にトスカーナ大公コジモ3世の支援を受けるようになり、1691年にローマに留学することができた。ローマではチロ・フェルリ(Ciro Ferri:1634-1689)のアドバイスを受け[3]、チアリ(Giuseppe Bartolomeo Chiari:1654-1727)とともに、カルロ・マラッタ(Carlo Maratta:1625–1713)やフランチェスコ・トレヴィザーニ(Francesco Trevisani:1656-1746)らが代表するイタリアの「古典主義」の画家の一人となった。また美術収集家、美術品ディーラーにもなった。

大作を描くことは少なかったが、ローマ、パラッツォ・コロンナ(コロンナ宮殿)の王座の間の装飾画などを描いた。

在ローマ・フランス・アカデミーで絵画を教え、ルティが教えた学生にはジョバンニ・パオロ・パンニーニジャン=バティスト・ヴァン・ロー、ジョヴァンニ・アントニオ・グレコリーニ、シャルル=アンドレ・ヴァン・ローらがいる。ローマのアカデミア・ディ・サン・ルカの会員であり、1720年に会長(会長職は1年任期である。)になった。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Lione Pascoli, Vite de' pittori, scultori, ed architetti moderni, Volume 1, Editore Rossi, Roma 1736, p. 228
  2. ^ Pellegrino Antonio Orlandi,[Pietro Guarienti, Abecedario pittorico, Editore Giambatista Pasquali, Venezia 1753, p. 95
  3. ^ Filippo de' Boni, Biografia degli artisti, Emporeo biogr. metodico, ovvero Biogr. universale, cl. 10, Venezia 1840, p. 591

参考文献編集

  • E. Peters Brown, Benedetto Luti in Art in Rome in the Eighteenth century, edited by E. Peters Brown and J. J. Rishel, Philadelphia-London 2000, pp. 392–399 (con bibliografia precedente)